【20015年シーズンWEEK12】「オードリーのNFL倶楽部」で放送されたこと~小池絵未さんの一言が印象に残った~

20015年12月5日朝に日本テレビで放送された、「オードリーNFL倶楽部」WEEK12のことを書きます。

今週はアメリカからレポートをしてくれている小池絵未さんが、初めてスタジオで出演。

小池さん本人や、ほかの人はどう受け取ったかわかりませんが、私にとってはとてもありがたいことを言ってくれました。

(この件は、最後の「春日の2ミニッツワーニング」の中で書きます)

小池さんはNFLのほか、NBA、NHLと北米4大メジャースポーツのうち3つのリーグでチアを務めた唯一の日本人チアですが、そのうちの一つ、ニューヨーク・ジェッツの11番のジャージを着ての出演。

現在ジェッツの11番はWRジェレミー・カーリーがつけています。

首元のあたり、Vネックのところが、緑のベースに白い水玉模様(正確には水玉ではないようですが)みたいになっていました。

こういうのが女性用ジャージとして売っているのか、それとも自身で作られたのかはわかりませんが、とてもかわいい仕立てとなっていました。

尾崎アナと若林の間に座って、4人での進行となりました。


1.オープニング

小池さんは、11月29日に行われた、オードリーが出演したネタライブを見に行かれたそうで

「われわれのお笑いライブに来て、一番大きな声で笑っていた」(若林)

そうです。

その時のツイートがこちら




明日、と言うか今夜深夜の「オードリーのオールナイトニッポン」で、そのことが語られるといいな、と期待します。


2.テキサンズ対セインツ

若林が応援するヒューストン・テキサンズとニューオリンズ・セインツとの試合のハイライト動画が流されました。



(「【第12週】セインツ対テキサンズ」の動画)

今やテキサンズファンとして定着した若林ですが、たしか昨シーズンかその前のシーズン、若林はこの両チームのどちらかを応援するかで悩んだ、と言っていた記憶があります。

セインツはオードリーが初めて現地中継のゲストの仕事をしたスーパーボウルに出場したチームですし、QBドリュー・ブリーズはオードリーの2人と同学年ですから、思い入れがあるようです。

試合のほうはテキサンズがセインツを圧倒したようです。

ハイライト後

「テキサンズのスーパーボウルもあるな、これな」(若林)

との発言も出ました。

可能性はそれほど高くないものの、あるとは思います。

この試合でも2サックを含め活躍したJJ・ワットについて、インタビュー経験もある小池さんに、若林が印象を質問。

「人格者ですよね

体も大きいけど、心も大きい、と言う感じです」

そう言えば今週か先週、子供のファンに接している写真をのせた米メディアのツイートを見た覚えがあります。

とにかく、ワットには子供がらみのいいエピソードが多いです。


試合ではワットはマイクをつけてプレイしていたようで

「ワットは、俺はブリーズのことが好きなんだたら、サックさせないでくれよ、と相手のOLの64番の選手に言ってたみたいですよ」

と小池さんが言っていました。


3.「今週のハドル」

今週は、佼成学園中学校LOTUSの紹介でした。

先日、佼成学園高校が放送される前、高校と中学とどちらが先に放送されるかわからないけど、「NFL倶楽部に出る」と言う告知が、OBのSNSアカウントで流されていました。


4.ペイトリオッツ対ブロンコスのハイライト

ニューイングランド・ペイトリオッツがデンバー・ブロンコスの地元で戦った試合のハイライトが流されました。

【第12週】ペイトリオッツ対ブロンコスの動画



試合は4Q初めまで21-7と、全勝のペイトリオッツが圧倒していましたが、その4Q頭にブロンコスが、相手のパントリターナーがファンぶるしたのをリカバーしてから流れが変わり、逆転。

しかしペイトリオッツは試合終了間際にFGで追い付きオーバータイムへ。

最後はC.J.アンダーソンのTDランでブロンコスがペイトリオッツに今季初白星をつけました。


ワイプの空気がおもしろかったです。

残り時間わずかでペイトリオッツが追いついたドライブでは、若林も春日も

「はいはい、ペイトリオッツってこんな感じだよね」

と言う感じで

「あ~」

とか言っていました。


この試合はペイトン・マニングが欠場し、ブロック・オズワイアーが先発したのですが、スタジオでは好評でした。

NFLファンのツイートでも、かなりいい感じです。

トム・ブレイディは、スーパーボウルにも出たことがあるドリュー・ブレッドソーがけがで欠場した間にがっちりと先発の座をつかんで、今に至っています。

同じことがオズワイアーとマニングに起きることも考えられます。


5.「若林の熱視線」

今週は

「クラックバックブロック」

と言うプレイの説明でした。

私はこの言葉は知りませんでした。

「クラックバックブロック」とは何か?

ネットを見てみたら、短時間でちょろっと調べて書けるものではない、と言うことがわかりましたので、今回は説明はパスさせてもらいます。

なお、若林のひとことは

「試合後に「俺はクラックバックブロック、来ると思っていたけどね」と言う選手がいる」

と言う「あるある」ネタでした。


余談ですが、大事なことなので書いておきます。

私は長いことアメリカンフットボールを見ていて、偉そうにみたいなこともいますが、今でもこのように知らない言葉と遭遇します。

アメリカンフットボールとは、その程度の知識で楽しめるスポーツです。

あまり難しく考えなくても楽しめます。


6.その他の動画のハイライトにて

若林が、グリーンベイ・パッカーズのRBエディ・レイシーのファンブルを見て

「日大二高だったら坊主にさせられる」

と言っていました。


春日がサンフランシスコ・49ナーズの敗戦に

「おいおいちょっとまってくれよおい、なにもいえねぇよ」

とこぼしていました。


小池さんがジェッツの勝利に

「いえい」

と小さくガッツポーズをしていました。


尾崎アナが

「ラックの穴を埋めたハセルベックに一言」

と言う山崎アナのリクエストに

「やった」

と言って

「本当に一言だな」

とつっこまれてました。


7.上原浩治投手登場

前々から予告されていましたが、小池さんとボストン・レッドソックスの上原浩治投手が、ニューヨーク・ジャイアンツのクラブハウスを訪問した模様が放送されました。

「トゥース」

で登場した上原投手。

「もともと、アメフトとラグビーが好きなんですよね。

男同士のぶつかり合い

自分ができないスポーツをやっている人たちのプレイを見るのが好きですね」

とのこと。

クラブハウスに入ると、陳列されている4つのビンス・ロンバルディ・トロフィー(スーパーボウル優勝チームに贈られるトロフィー)に見入り、写真を撮っていました。

その後用具係の部屋へ。

そこで、NFLでは、キックの時と通常のプレイの時で使うボールが違う、と言うことを教えられ、驚いていました。

(実は私も知りませんでした)

「K」の文字が書かれた、キックの時のボールは、比較的よく飛ぶようにするためか、表面がなめらか。

そしてその他の時のボールは、QBが指をひっかけやすいように、表面がざらざらしているそうです。

今回はここまで。

次回はプレイに近いことをしたことがレポートされるようです。


上原投手はボルチモア・オリオールズに在籍していたころにアメフトを見始めたそうで、レイブンズの試合を見始めたようです。

当時はレイ・ルイスがいましたから、強烈なチームカラーがあった頃です

ロッカールームでもアメフトの話題が多く、コリン・キャパニックやラッセル・ウィルソンも野球経験があるので、そういうところからも興味を持ったそうです。


なにか上原投手がアメフトのことをツイートしてないか、twitterを検索したら、想像より多くツイートしてました。

野球がオフの在米の人にとっては、普通のことかもしれません。

こんなのがありました。




私がパッカーズ観戦会で見た試合だと思います。

しかし「今日の2試合目」って…

やっぱり好きなんだなぁ…


あと、上原投手が撮った写真、ブログに載っているものだと思われます。

上原浩治オフィシャルブログ「凄い施設でした」へのリンク


8.「春日の2ミニッツワーニング」

小池さんが来ているということで、

「これまでにNFLには、何人の日本人チアが誕生したでしょうか?」

と言う問題が出されました。

正解は30人だそうです。


そして小池さんに、オーディションに受かる秘訣とかあるんですか、という質問が。

「そうですね~、まあ~、笑顔と~、あの~、根性ですかね」

と小池さんが照れながら言い終えたところで、小池さんもスタジオも大爆笑。

「小池さん、根性あるからなぁ~」(若林)

と言う声も。

なお、49ナーズは比較的日本人チアが受かりやすいかもしれない、と言う話しもでました。


それにしても

「笑顔と根性」

という言葉は、強烈に胸に刺さりました。

と言うのは、先日、こんなネット記事を読んでいたからです。

「小池絵未:ウォリアーズの連勝記録に注目 米3大スポーツチアリーダー経験者が語るNBA」へのリンク

と言っても、読んだのは一部なんですが…


この記事と、番組での言葉とで得たものは、

「夢をかなえるためには、努力するための根性を持つのは当たり前。

そして、「自分ではコントロールできないこと」、つまり努力しても克服できない状況に耐える根性が必要」

と言う教えでした。


私はこの言葉を得ただけでも、今回の放送を見た甲斐があったと感じました。

そんなわけで、今朝はいい朝を迎えることができました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック