日本は12月8日を忘れつつあるんじゃないか?

今日は12月8日です。

1941年のこの日、太平洋戦争がはじまりました。


今年の8月15日に、私はこのブログに

「最近、「広島に原爆が落とされた年月日は?」とか、「8月9日は何があった日?」と言う問いに答えられない日本人が増え、こんなことでいいんんだろうか、と言う懸念の声が広がっているようです。」

と書きました。

「「8月15日」が終戦の日であることは、月日がたっても変わってはいけないと思う」へのリンク

これは私の感覚でありますが、「12月8日は太平洋戦争が始まった日」と言うのは、もっと知られてないんじゃないかなぁ、と思います。


一方でアメリカでは、本来先に行われる宣戦布告が、日本側の事情で遅れ、結果的に宣戦布告より前に真珠湾攻撃が行われたこともあり、「真珠湾攻撃(Pearl Harbor attackまたはAttack on Pearl Harbor)」の記憶は強烈なようです。

これを書いているのは一昨日12月6日の夕方ですが、この時点で

「真珠湾攻撃」

「Attack Pearl Harbor」

でGoogleニュースとtwitterを検索してみました。

やはり圧倒的に「Attack Pearl Harbor」の文字列の検索結果が多かったですし、ツイートも頻繁に投稿されてました。

アメリカに住む人が太平洋戦争が起きた日(米時間では12月7日)を忘れることはしばらくないように思われる一方、日本はこれでいいんだろうか、とも思います。

8月15日も大事な日ですが、12月8日のことがなければ、8月15日がこのような形で記憶されることはなかったでしょう。

もう少し12月8日を大事にしてもらえれば、と思います。


私は戦争を「望ましくないこと」と考えていますが、何が何でも避けるべきだとは思いませんし、それは現実的に無理だと思います。

平和憲法を掲げていれば、他国が日本を攻撃することを避けるわけではないですし、日本が中立かどうかを決めるのは、日本だけでは決められませんし。

(ですから、平和を希求する一方で、戦争に負けない準備はするべきだと考えます)

でも、減らすことはできるんじゃないかと考えます。

でも、9月に起きたこのようなニュースを見ると、結局最後は武力でケリをつけなければ気が済まないんだな、と思います。

「時事ドットコム:公妨容疑で男女13人逮捕=国会周辺、機動隊員に暴行-警視庁」へのリンク

「胸を両手で押す」なんてことは可愛いことのように思えるかもしれませんが、武力行使に反対する人々の行為としては、看過出来ることではないと考えます。

まずその意識を改め、戦争に変わる国際紛争を解決する手段を考えないと、人間はいつまでたっても、最後は武力でケリをつけなければ気が済まない、と言うことから逃れられないと考えます。


人ごとみたいに書いてしまいましたが、自戒の意味も込めて書いています。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title
警察については余談ですが、帰る道を立って封鎖したりする低劣度な嫌がらせを平気ですることがある組織です。タックル公妨なんて日常茶飯事でしょう。
何せあの土人機動隊ですから。
動画などで調べてみる事をお勧めします、

管理者のみに表示

トラックバック