【ホークス】五十嵐の年俸2億円アップのニュースを聞いて〜福岡のファンは、まだあたたかいか?

福岡ソフトバンクホークスの五十嵐投手の年俸が

2億円アップの3億5千万円

になったと言うニュースを見て、大変驚きました。

いくら何でもあげすぎじゃないか、と思ったからです。

アップした結果2億円になった、と言うんなら、そんなに驚くことはなかったと思います。


たしかに、2013年からホークスに来てくれた五十嵐投手の貢献度は高いと思います。

2014年シーズンは、一時はシーズンMVPも獲得するんじゃないか、と言う勢いでしたし。

五十嵐投手がいなかったら、ホークスの2年連続日本一はなかったでしょう。

TwitterやYahooコメント、そしてこちらの2ちゃんまとめサイトにも、これまでの貢献度を考えると、まんざらおかしな額じゃない、と言う声がいくつも読むことができます。




そしてYahooコメントの中には

「ホークスは中継ぎ投手でも、きっちりと評価してくれるから、選手にとっては最高じゃないかな」

と言うのもありました。

私もそう思います。

野球選手の年俸にインフレを起こしている点には不満もありますが、このように、チームに貢献した選手をきっちり評価してくれる点は、ファンとしても嬉しいです。


ところで、五十嵐投手がホークスに入団したとき、私はこんなことを書いていました。

「【ホークス】五十嵐がほれこんだファンになれるように」 へのリンク

「(福岡には)あたたかいファンがいるから」

と言うのがホークス入団を決めたひとつの要因だそうです。


あれからの3シーズン、福岡のファンのあたたかさはどうなったか…

私はテレビでしか福岡の試合を見ていませんが、

あたたかく、力強いものになった

ように感じます。


それは皮肉なことに、その転機は、2014年シーズン最終盤にホークスが優勝を前に大スランプにおちいり、五十嵐投手が1イニングに4つの押し出しを献上したあたりからだった気がします。

Wikipediaにはこの件について

「ファンからは怒号が飛び」

とあります。

しかしその後は、投球の後に、やけに拍手が聞こえるようになった気がします。

「福岡の人間って、こんなにあたたかかったっけ?」

自分が福岡の人間なのも忘れて、そんなことを思いました。


もし福岡の人たちがあたたかくなったのなら、それはこの時点までMVP級の働きをし、最終的にこのシーズンにホールドのタイトルをとった五十嵐投手の活躍も、その一因かもしれません。

そして2015年のチャンステーマに、女性の声が入った様な記憶があります。

「女性の声が入って」、と書くと、なんか変な気がするかもしれませんが、より力強いものになったように感じました。


そして五十嵐投手は、2013年より、2014年。

2014年より2015年と、どんどん防御率を下げて行きました。


五十嵐投手とファンの好循環が続いているように感じます。

そして、自分がこう言うチームを応援していることがうれしいです

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック