【アメフト2015】甲子園ボウルとJAPAN X BOWLのこと、そして『アメリカンフットボール・マガジン2015-16シーズンクライマックス』号のこと

いよいよ2015年シーズンの日本のアメリカンフットボールも最終盤となり、日本一を決めるまであと3試合を残すところとなりました。

今回は甲子園ボウルとJAPAN X BOWLのこと、そして今週発売された『アメリカンフットボール・マガジン』のことを書かせてもらいます。

1.甲子園ボウル




全日本大学アメリカンフットボール選手権の決勝戦となる

パナソニック杯 第70回毎日甲子園ボウル

は、阪神甲子園球場で12月13日(日)13:05にキックオフとなります。

「パナソニック杯 第70回毎日甲子園ボウル オフィシャルサイト」へのリンク

今回のカードは、立命館大学(関西リーグ)対早稲田大学(関東リーグ)

両校の対戦は5年ぶり3回目ですが、これまでの2回はいずれも立命館大学が勝っています。

ただし、今シーズンの春の定期戦では、24-0で早稲田大学が勝っているそうです。

早稲田大学はこれまで甲子園ボウルに出たことはこの2回がすべてです。

甲子園ボウル初勝利なるか、注目されます。

テレビ中継については後で書きます。


2.JAPAN X BOWL

社会人のチャンピオンを決める

JAPAN X BOWL XXⅨ / ジャパンエックスボウル29

は、東京ドームで12月14日(月) 19:00にキックオフとなります。

「JAPAN X BOWL 特設サイト - Xリーグ」へのリンク

今回のカードは、パナソニックインパルス(ウエスト1位)対富士通フロンティアーズ(イースト1位)

両者の対戦は初めてで、パナソニックは5年ぶり(当時はパナソニック電工)で、富士通は2年連続です。

昨シーズンのJAPAN X BOWLは、外国人QB同士の戦いでした。

富士通は昨年に続きQBコービー・キャメロン選手の先発が予想されます。

パナソニックは今年7月に行われた第5回アメリカンフットボール世界選手権(日本は準優勝)にも出場した、QB高田鉄男選手の先発が予想されます。

どうなるか楽しみです。

なお、ハーフタイムショウはMay J.さん

動画つきインタビューがこちらにあります。

「Xボウル出演のMay J.さん 歌で「思い伝えたい」:朝日新聞デジタル」へのリンク

May J.さんにとって、アメリカンフットボールは身近な存在だったようです。


3.テレビ放送とネット放送について

いずれのゲームも、NHK BS1で生放送されるそうです。

詳細はこちらをどうぞ。

見どころも詳しく書いてあって、おもしろいです。

NHKオンライン「アメフト」へのリンク


甲子園ボウルとJAPAN X BOWLの勝者が、1月3日(日)14時キックオフの

第69回ライスボウル アメリカンフットボール日本選手権

で対戦しますが、この模様もNHK BS1で生放送されるようです。


なお、甲子園ボウルは、スカイ・Aで録画放送もされるそうです。


ネット放送ですが、甲子園ボウルは、試合当日の21時から、rtvで配信されます。

こちらのサイトから、USTREAMにとぶことができます。

「【パナソニック杯 第70回毎日甲子園ボウル】(学生アメフト) | rtvスポーツチャンネル – 一般社団法人リコネクトテレビジョン」へのリンク

JAPAN X BOWLのネット配信があるかどうかはわかりません…


4.『アメリカンフットボール・マガジン2015-16シーズンクライマックス』号のこと

今週12月9日に

『アメリカンフットボール・マガジン2015-16シーズンクライマックス』号

が発売となりました。




今回は2015年シーズンの日本のアメフト界のことが書かれており、甲子園ボウルやJAPAN X BOWLの展望、そして高校日本一を決めるクリスマスボウルやフラッグフットボールのことも書かれてあります。

表紙は甲子園ボウルのカギを握ると思われる、早稲田大学LBケビン・コグラン選手(左)と立命館大学RB西村七斗選手です。

(個人的には早稲田のキッカー兼パンターの佐藤敏基選手がカギを握ると思っています)

お勧めの一冊です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック