【野球】「Pitch F/X」がストライク/ボールを判定する日

米独立リーグで、「pitchf/x」と言う装置を導入し、それを投球の判定に使う実験が、アメリカの独立リーグで行われてるそうです。

「将来、球審がロボットに? ストライク機械判定、米独立Lで既に試験導入 ― スポニチ Sponichi Annex 野球」へのリンク


この装置は日本でもクライマックスシリーズの中継で導入されており、その結果を私も見たことがあります。

「メジャーさながら!パ・リーグのクライマックス中継に「pitchf/x」が導入され話題に(ベースボールキング) - Yahoo!ニュース」へのリンク


これを見たとき、

「もう投球の判定はこれに任せればいいやん」

と思いました。

それが現実に試験とは言え導入されているとは知りませんでした。

(実際には、試験導入の記事のように、人間の補助は必要だと思います

 大暴投とかは、判定は無理かと思います。

 また、ハーフスイングはどうするか、と言う問題も残ります)


私はスポーツはルールの中で行われるべきであり、誤審はあってはいけない、と考えます。

それは、誤審は人生を変えることになりかねないからです。

ですが、実際に誤審は発生します。

今のところは、「誤審もスポーツのうち」として、文句は言わないことにしています。

誤審は「負傷」と同じ、と言っていいかもしれません。


先日

「逆球はストライクゾーンを通過しても、ボールと判定される傾向があるが、人間の心理としてそれは仕方のないこと」

と言うある解説者の意見について、それを否定することをこのブログに書きました。

そう言うことが起きるから、人間には任せられないのです。

ですが一方で、判定を機械に任せたり、球審がいないのは味気ない、と言う声も少なくないようです。

私は別に審判が憎いわけではないです。

人であろうと機械であろうと、正しい判定をしてくれる手段がほしいのです。

機械のほうが正しいのであれば、機械に任せるべき打と思います。

「味気」に関しては、選手のプレイにそれを求めるべきです。

それがスポーツの本分だと考えます。


私が社会人になって、いくつかの職種が、機械に置き換えられ、消えて行きました。

「トレース」と言う仕事は全然聞かなくなりました。

必要がないならその職種はなくなる、と言うのが望ましい流れだと思いますし、スポーツの審判も例外ではないと考えます。

(ただし「必要がない」と言い切るのは、多くの面から考えて決めなければいけないと考えます)


私ははやく、「pitchf/x」のような装置で投球が判定されるようになればいいなと思います。

今のところ、人間には任せられないです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

難しい問題ですが、おおむね同じ思いです。テレビで見るテニスのイン/アウトの機械判定なんかはドキドキして「味気」も感じます。

次のようなニュースもありますね。

「日本アメリカンフットボール協会は1月5日、東京ドームで3日に行われた日本選手権「第69回ライスボウル」、パナソニック対立命館大の第4クオーター残り7秒で、立命館大が同点を狙った49ヤードのFGに失敗した場面で、守備側のパナソニックの反則を見落としていたと発表し、謝罪した。」

管理者のみに表示

トラックバック