エロいだけではすまされない。「きみのエキス飲み干したい」などの予備校の問題集のことから思うこと

駿台予備学校の霜栄著の

『生きるセンター漢字・小説語句』

中に、多数の「えっ?」と思える例文があって、ネット上で騒ぎになっています。

「漢字問題集に「きみのエキス飲み干したい」|日テレNEWS24」へのリンク


「「きみのエキスをチュウシュツして飲み干したい」駿台セクハラ参考書の例文は“生きている言葉”なのか」へのリンク


「駿台文庫のセンター試験用漢字問題集 「胸のデカさに俺はキョソを失った」など例題の文章が下品すぎると話題に - Togetterまとめ」へのリンク

おもに

「きみのエキスをチュウシュツして飲み干したい」

となどのエロい文例が問題となり、「セクハラじゃないか」と非難を浴びているようです。


以前から、国語や英語の教育は、やろうと思えば価値観を押し付けることができる危険なものだと思っていました。

どちらも、危険だからやるな、と言うわけにはいかない教養なので、教えない、学ばないわけにはいかないのですが、慎重さが求められると考えるのです。

「チュウシュツ」=「抽出」なんて

「下水の中から、問題となる成分をチュウシュツした」

でいいじゃん。

と思います。

たしかに「きみのエキスをチュウシュツして飲み干したい」はエロくて印象に残ると思います。

でも、覚えるのにそこまでする必要はないでしょう。


これはもっと発展させると

「市民のりストの中から危険思想の持ち主をチュウシュツした」

みたいに、思想の自由を奪うことを是とする問題にすることができます。

習った生徒は、こういうことは一般的に許されるんだ、と思ってしまうかもしれません。

これは怖いですよ。

教科書で歴史のことが時々問題となりますが、教育にはそういう問題だけではなく、国語や英語にはステマのように、価値観や思想を刷り込む力があることを認識しておいた方がよいと考えます。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック