ホジキンリンパ腫を克服したベリーにNFLのカムバック賞~プレゼンターはリア・スティルちゃんと言うグッジョブ



(エリック・ベリーのカムバック賞受賞の動画)

2015年シーズンのNFLのカムバック賞は、ホジキンリンパ腫(血液のガンである悪性リンパ腫の一種)を克服し、プロボウル(オールスター戦)に出場するまでになった、カンザスシティ・チーフスのSエリック・ベリーに与えられました。

ベリーは2014年11月に胸に違和感を持ち、12月にホジキンリンパ腫と診断され、治療に入りました。

(この経緯は下記リンク先にあります。

アメフトNewsJapan「チーフスSエリック・ベリー、リンパ腫の疑いで治療に専念」へのリンク

アメフトNewsJapan「チーフスSエリック・ベリー、ホジキンリンパ腫と診断」へのリンク



そして今シーズンチームに復帰。

61タックルと2インターセプトをあげました。

この成績が認められ、カムバック賞に選ばれました。

「NFL JAPAN.COM|カムバック賞はがん克服のチーフスSベリーが受賞」へのリンク


それにしても

授賞式でのプレゼンターの人選が最高でした。

普通こう言うのは、OBや現役選手が務めるのですが、今回のプレゼンターは…

ヒューストン・テキサンズのDEデボン・スティルの娘さん、リア・スティルちゃんでした。

以前下記リンク先にリアちゃんのことは書いたのですが、彼女は生存確率50パーセントと医者に宣告された、小児がんの患者でした。

「デボンとリアのスティル親子のサプライズ~シンディ・ローパーとサラ・バレリスの「Truly Brave」」へのリンク

これが一昨年のこと。

そしてリアちゃんは昨年11月、小児がんを克服しました。


いわばリアちゃんは、ベリーの大先輩に当たるわけです。

これ以上の人選があるでしょうか

この授賞式(NFL Honors award show)ではシーズンMVPなどいろいろな賞が受賞されましたが、下記リンク先の記事の見出しのように、リアちゃんは間違いなく、この授賞式でのMVPでした。

「Leah Still was the true MVP of the NFL Honors award show」へのリンク

NFLのこの姿勢は、いろんなスポーツのいろんなリーグでとりいれられるべきだと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック