【2015年シーズンWEEK22】「オードリーのNFL倶楽部」で放送されたこと~第50回スーパーボウルレポート




(「NFL倶楽部WEB放送 #22」の動画)


2015年シーズンWEEK22の「オードリーNFL倶楽部」で放送されたことを書きます。

今回は第50回スーパーボウル観戦レポートでした。

今週から30分の放送に戻り、久々に尾崎アナとオードリー3人での放送でした。


1.スーパーボウルを振り返る

トップの動画でも言われていますが、今回の実況はいつもの上の方からではなくて、真ん中ぐらいの段の席から。

ガラスがなく、クラウドノイズをもろに浴びたそうです。

この席からだと思います。





ゲーム前に、これまでの49回のスーパーボウルのMVPが一人一人紹介されました。

その動画はこちらのツイートで




その後、レディ・ガガの国歌独唱

YouTubeNFL公式「Lady Gaga Sings the National Anthem at Super Bowl 50 | NFL」へのリンク

そしてキックオフ

前半のダイジェスト動画はこちら

YouTubeNFL公式「Panthers vs. Broncos: Super Bowl 50 | First Half Mic’d Up Highlights | Inside the NFL」へのリンク

いつものようにダイジェストをワイプで見ている3人ですが、今回は結果を知っている体でいられますので、静かに、ときどき思いで話しをしながら見ていました。

FGを決めた、デンバー・ブロンコスのドライブを指揮したQBペイトン・マニングに、若林は

「さすがベテラン、テンポ良く決めていた。もう少し苦戦するかと思った」

と言っていました。

対して調子があがらないQBキャム・ニュートンについて、春日は

「試合前は生き生きしていたんだけどねぇ…始まったら表情が硬かった…」

とのこと。

前半を終わってブロンコスがリード。

前半でパンサーズが2ポゼッション差をつけてるんじゃないか、との予想とは反対のこの展開に、

「ブロンコスのファーストドライブが大きかった」(若林)

と言っていました。

(私としては、パンサーズのセカンドドライブでのパスが、チャレンジの結果失敗とされたのが大きかったと思います。

ファーストドライブではファーストダウンをとれませんでしたが、その最後には、ニュートンはいいパスを投げていましたので、セカンドドライブに望みが持てる、と思いました。

ですが、そのチャレンジの結果で勢いがそがれ、次のプレイでボン・ミラーにサックされ、ファンブルリカバーTDを許してしまいました。

あのパスが成功と判定されていれば、TDされることもなく、勢いに乗っていたかもしれません)


コールドプレイ、そしてビヨンセ、ブルーノ・マーズによる豪華なハーフタイムショウ。

フル動画はこちら

YouTubeNFL公式「Coldplay's Full Super Bowl 50 Halftime Show feat. Beyoncé & Bruno Mars! | NFL」へのリンク

そして後半

後半のダイジェスト動画はこちら

YouTubeNFL公式「Panthers vs. Broncos: Super Bowl 50 | Second Half Mic’d Up Highlights | Inside the NFL」へのリンク

ブロンコスが最後までカロライナを勢いづかせなかった試合運びで、3度目の優勝を飾りました。


2.「若林の熱視線」

今回は「ボンちゃん」ことMVPのボン・ミラーの2つのサックでした。

下記リンク先の動画の、最初のプレイと、0:55からのプレイが語られました。

YouTubeNFL公式「Von Miller Super Bowl 50 MVP Highlights | Panthers vs. Broncos | NFL」へのリンク

最初のプレイはOTの74番マイク・レマーズが、ミラーのスピードについていけていません。

0:55からのプレイは「スピン(またはスピンムーブ)」と言う技術でレマーズをかわしています。

このプレイについては、レマーズは、当たったと思ったら、気が付いたらミラーがいない、と言う気持ちだったんじゃないかな、と言っていました。

この2つを絶賛していました。

そして今週の一言

「ボン・ミラーが素早いのはニワトリをつかまえているから説」

とうことでした。

ミラーは将来は養鶏場を経営するのが夢だそうです。


3.「今週のハドル」

今週も、1/23と1/24に行われた「The Huddle Bowl 2016」で撮影されたもの。

京都大学ギャングスターズOB

の方々によるものでした。

この番組のプロデューサーの佐野徹さんもギャングスターズOBなのですが、ハドルにいたかどうかはわかりませんでした。

京都大学は、私が大学生の頃は「怪物」と言われたQB東海辰弥選手を擁し、社会人をも破って2年連続日本一にかがやいたこともある強豪です。

なお、「The Huddle Bowl 2016」に関しては、アメフト大好き女子のみきぴーさんのブログに詳しく書いてあります。

アメフト観に行こう!「ハドルボウル2016!!!」へのリンク


4.試合後のインタビュー

試合後のオードリーと相武紗季さんによる選手らへのインタビューの模様がながされました。

「相武さん、ブリッツかけてください」

オードリーにはっぱかけられていました。

まずはペイトン・マニング。

しかしメディアの大群に囲まれていて姿も見えず。

最後に立ち去るときに相武さんが声をかけていました。

多分その時の写真がこちらのツイートのなかのリンク先のもの。




次は若林がデマーカス・ウェアに、「きもちはどうですか?」と尋ねると、「ベリー・グッド」の返事が。

そして握手してもらっていました。

「手がめちゃくちゃでかかったびっくりした」(若林)

そうです。

この試合では反則が目立ったタリーブからは、「見ていてくれてありがとう」と。

デマリエス・トーマスにはじっくりとブースでインタビュー

「相手のディフェンスはすごかったよ、でもブロンコスのディフェンスはもっとすごかったね。

僕もやりたいことがあったけどなかなかできなかったよ」(トーマス)

そして相武さんも質問

「あらためてスーパーボウルの勝因を教えてください」(相武さん)

「もちろんディフェンスだよ。いいプレイがたくさんあったからね

NFLで一番のディフェンス陣だよ」

(なおここまでのインタビューの随所に、生馬アイザックさんの姿が見えました。

押しが強い人ですから、通訳だけではなく、セッティングでも活躍されたと思います)


そして3人で、ブロンコスの日本人チア、西村樹里さんにインタビュー

小池絵未さんが試合終了直後にフィールドで写真をとっています。




インタビューはオードリーと相武さんの3人で。

「日本人初のチアリーダーとしてのスーパーボウルでの優勝おめでとうございます

どうですか、お気持ちは?」(3人)

「絶対大丈夫だと信じて、最後まで応援してました。

本当にスーパーボウルに優勝するに値するチームだと思います」(西村さん)

「これからもブロンコスをお願いしますね」(春日)

「もしブロンコスのチアリーダーでなくなっても、私はずっとブロンコスが一番のチームなので、なにがあってもブロンコスをを応援していきます。」(西村さん)

西村さんはスーパーボウルリングをもらうことになりますが、多分4月から7月になると思います。

写真をとってツイートして見せてもらいたいものです。


5.「春日の2ミニッツワーニング」

今回は第50回スーパーボウルで生まれた記録について。

ペイトン・マニングは、スーパーボウルに勝った最年長QB(39歳)となりました。

そして視聴者数は歴代最高で、全米で1億6,700万人。

単独番組では最大だそうで、ネットで見た人がいたことも考えると、とんでもない数字になると思います。

なお、こんなツイートもありました。





来週はオードリーと相武紗季さんによる、サンフランシスコロケの模様だそうです。


ところで、トップに置いた動画で

「ティーボウ、来てたんかい?」

と言うセリフがありますが、来てたようです。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック