【2016年2月21日】「オードリーのオールナイトニッポン」の感想~チャンドリマシンシツってバカヤローじゃなぁい!

2016年2月21日の「オードリーオールナイトニッポン」の感想を書きます。

今回はIKKOを迎えてのスペシャルウイークでした。

また、ネタライブの発売は本日からだと言うことも告知されました。


1.若林がゲスト出演

若林が、2月20日(土)朝3時からの「「朝井リョウ、加藤千恵のオールナイトニッポン0(ZERO)」」に出演したことを語っていました。

若林自身が番組のゲストに呼ばれることが少ないので、慣れない、と言っていました。

今後は朝や昼の音楽番組を狙って行きたいそうです。

(冗談のようです)


その流れだったかどうか忘れましたが、

「春日は人に関心がないからアドバイスできない。

だから、本来ラジオのパーソナリティに向いていない」(若林)

「そうだね」(春日)

「そもそも俺ら二人とも、人のアドバイス聞かないからできない」(若林)

と言う会話もありました。


2.「ダブルネーム」ジョーに第一子が

最近大きな芸能ニュースが多いのは、国が重要事項から国民の目をそらそうとしているからだ。

と若林が珍しく芸能ネタに踏み込むのか、と思わせることを語りました。

「国の重要事項って、たとえば、築地市場の移転とかね」

と地元のことを。

最近このニュースは下火になったようにおもえますが、移転先の土壌を考えると、かなりシビアな問題だと思います。


そんな中で、大きな芸能ニュースとして、「ダブルネーム」ジョーに、第一子が生まれたことが語られました。

「「ダブルネーム」ジョー第1子女児誕生「産まれた瞬間大号泣」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース」へのリンク

芸人仲間、たとえば流れ星のちゅうえい等から、おめでとうツイートがありました。




おめでとうございます。

ダブルネームは、最近は日本テレビの朝の番組「ZIP!」の「一分動画ショー」でみかけることがあります。


3.ネタライブチケット発売情報

3/20(日)のネタライブの詳細と、チケット発売情報が発表されました。

発売開始は、2/21(日)12:00から、つまりあと数時間後です。

会場 :有楽町朝日ホール

開場 17:00  開演 18:00

出演はオードリー以外は、くじらが決まっているぐらいだそうです。

かんちゃまが出るとかどうとか言っていたような記憶があります。

詳細はこちら。

ローソンチケット「公演名 ネタライブ【出演:オードリー、他】」へのリンク


4.IKKO登場

オープニングが終わって、IKKOがブースに入ってきてスペシャルウイークの企画が始まりました。

1時間強、3人によるトークが展開されました。

印象に残ったことを書いておきます。

1)「バカやローじゃない」は、とんねるずの番組に出たときに、カンペに「バカヤローって言え」と言うのがあって、ストレートには言えないので、「じゃない」をつけたそうです。

すると、とんねるずの二人からの評判が良かったので、定着したそうです。

2)テレビでいじられるのはいやじゃないそうです。

でも、愛情のないいじりは嫌だそうです。

(今回も若林がIKKOに対していろいろといじってましたが、大丈夫だったみたいです)

30代で経営者になって笑えなくなったそうです。

しかしテレビに出るようになって、笑っている自分に気づいて、パニック障害もよくなったので、嫌じゃないそうです。

「パニック障害」を持って生きている人は応援したいので、IKKOのパニック障害について調べてみました。

Wikipediaに以下のように書いてあります。

「2010年5月4日放送『カスペ!』(フジテレビ系列)において、パニック障害であることを告白している。独立をした30代頃にプレッシャーから発症した。一旦は治ったが、再発していると語る。他の疾病と併発していてひどい症状になることもあるが、本人は病気と共生していくしかないと述べた。そのため、「どんだけ?」での人差し指を左右に揺らすのは緊張により手が震えていたためである。また、現在も食レポなどで手が異様に震える事が多い。」

パニック障害については、友人に、家にいてもパニックになっていたのが、通院と努力で劇的に立ち直ったのがいますので、希望をすてずにいてほしいです。

3)若林はIKKOに対して、

「おい、(ジョージ)フォアマン」「おい、こなきじじい」とか呼びかけたり、ジングルが始まったので、

「CMなんでだまってもらっていいですか」

と言っていじっていました。




「愛情のあるいじり」だと思ってもらえればいいなと思います。


4)リスナーからの質問と答えを書いておきます。

まじめなものも読まれましたが、そうじゃないものが多く読まれました、

メール「何フェチですか?」

IKKO「尻フェチです」

メール「大学で3年間専門的なことを勉強をしているけど不安。IKKOさんは仕事をどう考えていますか?」

IKKO「私の仕事で、美容はベースだけど、時代に合わせて変えていく」

(これは回答になったのかなぁ…)

メール「インドカレーで食べるパンみたいなものってなんですか?」

IKKO「ス…言えな~い、そんな変なこと言えな~い」

と何か誤解したようです。

オードリーは「ナン」じゃないかと言っていましたが。

IKKOが何を考えていたか、紙に書かせると、ちょっとひわいなものだったようです。

「ス」で始まる4文字のものかな?

メール「男子にもてないけどどうすればいいですか」

IKKO「露出とかじゃないけど、どんどん行けばいいじゃない」

メール「トルネード山崎に似てますね。自分ではどう思いますか」

IKKO「わかんない」

メール「IKKOさん!!、呼んでみただけです」

IKKO「バカヤローじゃない!」

メール「この前チャンドリマシンシツを披露してましたけど」

IKKO「チャンドリマシンシツってなによ?」

オードリーも「チャンドリマシンシツ」(ひょっとしたら聞き違ってたかもしれません)が何のことかわからないようでした。

私もわかりませんが「チャンドリ」は「オードリーちゃん」を業界用語にしたものかもしれません。

メール「うっちゃんの相方の名前はなんでしたっけ」

IKKO「なんちゃんじゃないの。
   
    何このメール。
    
    大バカヤローじゃない」

メール「今の将来の夢は何ですか?」

オードリーは、「まじめそうで、実は一番ふざけてる」質問じゃないか、と言っていましたが…

IKKO「いい男といっしょになること」だそうです。

メール「タラコスパゲッティーンは好きですか?」

IKKO「ティーンって10代のこと?

    10代は好きじゃない。

    30半ば以降の哀愁がただよった、ちょっと使い古したタラコがいいわ」


IKKOから告知

3/13に第2回一人語りをやるそうです。

トークやシャンソンを披露数するそうです

詳細はこちら。

JZ Brat Sound of Tokyo|ジェイジーブラット サウンドオブトウキョウ「IKKOのひとり語り」へのリンク


そして、最後に一言、と言うことで

「チャンドリマシンシツって、バカヤローじゃない」

とIKKOは叫んでいました。



(IKKOのデビュー曲、「どんだけ~!の法則」。2007/12/5発売のものです)


5.「男の料理」

・石坂浩二が自らカットしたステーキ

・古舘伊知郎が神妙な顔で握ったおにぎり

・豚しか入ってない豚汁

・取調室で出される鯛の活造り

・シュワちゃんのシュワシュワサイダー

・張本の考えより堅いせんべい



6.エンディング

IKKOが「バカヤローじゃない」と言うのが8回あった、ことが語られました。

「え~、なんですかぁ」を引き出されなかったこと、春日の仕掛けが少なかったことを、若林は悔んでいました。

最近他の番組は、仕掛けることを「ブリッツ」と呼んでいます。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック