【NFL】歴代強力ディフェンスTOP5の顔ぶれと、ちょっと気になること

こんな記事を目にしました。

NFL.com「1985 Bears, 2015 Broncos among five best defenses of all time」へのリンク

文章は読んでいませんが、ランキングは以下の通りです。

(英語が苦手なのでよくわかりませんが、ひょっとしたらランキングではなく、5つ選んだだけかもしれません)

1位 1985年のシカゴ・ベアーズ

2位 2000年のボルチモア・レイブンズ

3位 2015年のデンバー・ブロンコス

4位 2013年のシアトル・シーホークス

5位 1986年のニューヨーク・ジャイアンツ


私がこの中で、リアルタイムで知っているのは、2位から4位までの3チーム。

1位と5位にしても、その強さは、読んだり、動画で見たりしていて、選ばれても不思議はない、と思います。

なおこの著者は、1974年のピッツバーグ・スティーラーズと、2002年のタンパベイ・バッカニアーズも検討したようです。

前者は「歴史」でしか知りませんが、後者のスーパーボウルでのパフォーマンスは素晴らしいものでした。

入っていてもおかしくないと思います。


さてこのランキングを見て思うところがひとつあります。

これら5つのユニットには、ほとんどニックネームがついてないんじゃないかな、と言うことです。

つているのは5位のジャイアンツに「LTアンドカンパニー(LT & Company)」や「ビッグブルー・レッキングクルー(Big Blue Wrecking Crew)」ぐらいじゃないかと思います。

1位のベアーズには「46ディフェンス」と言う言葉がよくつかわれていますが、ニックネームとはちょっと違う気がします。

昔の強いディフェンスには、ニックネームを持つものがいくつもありました。

年号は定かではないですが、以下のものです。

・「ノーネーム・ディフェンス(No-Name Defense)」1972年のマイアミ・ドルフィンズ

・「キラーBディフェンス("Killer B's" defense)」1980年代初頭のマイアミ・ドルフィンズ

・「スティール・カーテン(Steel Curtain)」1970年代のピッツバーグ・スティーラーズ

・「ドーム・パトロール(Dome Patrol)」1990年代初頭のニューオリンズ・セインツ

・「ドゥームスディ・ディフェンス(Doomsday Defense)」1960年代終わりから1970年代のダラス・カウボーイズ

・「フィアサム・フォアサム(Fearsome Foursome)」1960年代と1970年代のロサンジェルス・ラムズ

・「ニューヨーク・サック・エクスチェンジ(New York Sack Exchange)」1980年代初頭のニューヨーク・ジェッツ

・「オレンジ・クラッシュ(Orange Crush)」1970年代終わりから1980年代初頭のデンバー・ブロンコス

・「パープル・ピープル・イーター(Purple People Eaters)」1970年代のミネソタ・バイキングス


などなど

それに比べて、最近は、オフェンスも加えて、ユニットにニックネームがつけられることが少なくなったように感じます。



(「New York Sack Exchange」の動画)


なお、この記事は2月21日ごろに書いたのですが、その後邦訳記事が出ました。




ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック