(その2)【2015年シーズンWEEK24】「オードリーのNFL倶楽部」で放送されたこと~レッドカーペットで笑ったのは?

先週土曜日に放送された「オードリーのNFL倶楽部」の最終回。

最後のNFLオナーズ(表彰式)へのレッドカーペットでオードリーと小池絵未さんが行ったインタビューのことを書きます。

このインタビュー、いつからやってたか正確には覚えていませんが、4年は連続しているようです。

多分このブログを読み返せばわかると思います。

このインタビューで、来シーズン春日が応援するチームを決めていますので、注目のコーナーです。


1.ジョー・ネイマス

今年もインタビューに答えてくれました、元ニューヨーク・ジェッツQBで第3回スーパーボウルMVPのジョー・ネイマス。

NFLのレジェンド中のレジェンドです。


(「Super Bowl III: Jets vs. Colts highlights」白いジャージのQBがネイマスです)

3年前に春日が、手渡された第3回スーパーボウルのスーパーボウルリングをファンブルしてしまって、すっかり覚えられてました。

今回は

「指輪は取れなくなっちゃったんだ。指がふとくなっちゃってね」

これは石鹸が必要だな」ないと外せないな」

とやんわり渡すのを断られていました。


2.レイ・ルイス

元ボルチモア・レイブンズの名LBレイ・ルイスが答えてくれました。

NFLYouTube公式「Top 50 Sound FX | #50: The Best of Ray Lewis | NFL」へのリンク)

「春日の呪い」を知っているようで、

「君らのジョークはもうやらないでくれよ」

とのこと。

春日の「Devil Face」(英語版「鬼瓦」)で笑うと翌シーズンろくなことが起きない、と言うジンクスが、キコ・アロンソ(翌シーズン全休)、コリン・キャパニック(先発降格)、ジョン・ハーボウHC(プレイオフ出場ならず)の例がナレーションであげられました。

(あまり言われてませんが、グリーンベイ・パッカーズRBエディ・レイシーも昨年の「Devil Face」で笑ってしまったからか、今シーズンはイマイチの成績でした。

ちょっと太ったからかもしれませんが)

そこで今回は新バージョン

「Devil Face、オウ、オウ、オウ」

とアシカの鳴き声を後に入れました。

しばらくキョトン顔だったルイスも

「アシカちゃんか、すごくいいよ」

とほめてくれ、笑顔になりました。

「みんなを笑顔にし、芸人としてNFLへの恩返し」との尾崎アナのナレーションがありました。


3.ダグ・マーチン

タンパベイ・バッカニアーズのRBで、今シーズンNFL2位のラッシングヤード(1,402ヤード)を記録したダグ・マーチンに

「Devil Face、オウ、オウ、オウ」

を披露し始めると、即笑ってました。

これは危ない…


4.ジェイミス・ウィンストン

同じくバッカニアーズのルーキーQBジェイミス・ウィンストンは、最後の最後に失笑

「あんまりうけなかったので、来年大丈夫だ」

とオードリーの二人は言っていました。


5.ジェリーライス

2010年ごろに行われたNFLの企画で、「NFL史上もっとも素晴らしい選手」で、並いる名選手をおさえてトップに選ばれ、パス・レシーブのほとんどの記録を持つ名WR

ジェリー・ライス

も寄ってくれました。



(「Jerry Rice career highlight」)

披露する前から

「私はあなたみたいになりたいですよ。とてもおもしろい人ですね」

との、ありがたすぎるお言葉を春日にいただきました。

「Devil Face、オウ、オウ、オウ」

を披露すると、声を出して笑った後

「これ、これ。このギャグ大好きだよ」

と好評

「来年のプロボウルのコントでも使えますよ」

と伝えてました。

通訳もやっていた小池さんが、

「サンフランシスコだからアシカの声を入れてみました」

みたいなことを言っているのが見えました。


ここで

「とおちゃらけは十分にとれたので、今度は取材の方をお願いします」

と、さりげなく尾崎アナがナレーション。


6.ロバート・マクネア

若林が何年にもわたって応援してきたヒューストン・テキサンズのオーナーが来てくれました。

4人先発QBを使ったものの、とうとう最後まで定着しなかったことから

「QBはどうなりますか?」(若林)

これに

「なんとかしないといけないね。でも来シーズンは期待してくれよ。君もヒューストンに来て応援よろしくな!」(マクネア)

と答えてくれました。

オーナーの、QBよりもディフェンス重視、と言うチーム作りに不安を抱えていた若林も、これには大喜び。

「これはヒューストンに行かないといけない」

と言っていました。

ぜひともお願いしたいです。


7.ディアンドレ・ホプキンス

今シーズンテキサンズに加入し、リーグ全体で3位のレシービングヤードを記録した、ルーキーWRです。

「まじかよ、ホプキンスか、緊張するな」

小池さんが誘っている段階で緊張状態の若林でした。

「(オーナーが)来年のQBが変わるかもって言ってましたけど」(若林)

すると「君にか?」と言う感じで若林を指さし、

「そうあってほしいね(I hope so.)」

と言っていました。

(けっこう本音を言ってくれるんだな、と驚きました)

「解決しましたね、QB問題が」(若林)

とご満悦でした。

なお、前述のキャパニックですが、チームにトレード先をさがす許可を求めており、テキサンズも興味を示している、と言うツイートもありました。




テキサンズは、ワシントン・レッドスキンズからリリースすることが確実だと言われているRG3の移籍先にもあがっているそうですが、レッドスキンズ上層部の声では、可能性は低いようです。





8.JJ.ワット

若林待望のテキサンズDEで、2年連続守備のMVP、JJ.ワットが、ついに若林と会話しました。

ワットが通り過ぎようとしたところ、NFL関係者みたいな女性に促され若林を見つけると、ワットはびっくりした顔をしていました。

「元気かい?毎年きてくれているね」(ワット)

「脚の調子は大丈夫?」(若林)

「大丈夫だよ、調子いいよ。

心配してくれてありがとう。今度日本に行かなくちゃね」

「来年は(おととしのように)オフェンスもディフェンスも出てくださいよ」(若林)

「OK!やってみたいね」(ワット)

最後に二人でサルート(敬礼)のポーズをして記念撮影。

嬉しかっただろうなぁ、若林。

それにしても、ワットには本当に、観光でいいから日本に来てほしいです。

NFLYouTube公式アカウント「Top 10 J.J. Watt Highlights of 2015 | NFL」へのリンク)


9.結局春日が応援しそうなチームは…

画面がスタジオに切り替わり、結局どこが反応がよかったか、と言う話しに。

現地での会話とは逆に

「タンパベイ・バッカニアーズとかウケがよかったね」

と言っていました。

「NFL倶楽部」のこ小坂ディレクターも、そんな感じのことをツイートしていました。



タンパベイ・バッカニアーズはこれからのチームですが、来シーズン大化けする可能性もあると思いますし、あまり知られてないチームなので、それもいいかと思います。


そして、下記リンク先の「NFL倶楽部ブログ」の「前代未聞のドッキリに相武さんと若林さんの反応は!?」の中で

「来シーズンはバッカニアーズを応援していきますよ。」

と明言していました。




ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック