【2016年3月13日】「オードリーのオールナイトニッポン」で語られたこと~「雷電」のことを語りだすと人が変わる若林

2016年3月13日の「オードリーオールナイトニッポン」で語られたことを書きます。

今回は書きたいことがかなりある、つまりとてもおもしろい回だったと思います。

全部は書けないと思います。


1.やまざき事件

オードリーがまだ売れなかった頃にあった、「やまざき事件」(正確な表記はわかりません)のことが語られました。

「やまざき事件なんて、誰も知らないだろうな。

リトルトゥースにしても、よほどコアな人しか知らないだろう」(若林)

と言っていましたが、私はリトルトゥースの間では、まあまあ有名な事件だと思ってます。

ただ、「やまざき事件」と言う名前で語られていたかどうかは覚えていませんが。

簡単に言えば、

オードリーが座敷わらしの役の舞台で、三ヶ月間バイトを休んで稽古したものの、主催者が行方不明になり、ギャラが払われなかった事件

となると思います。

でも、役者さんにはギャラが払われていたのは知りませんでした。


2.ネタライブの出演者

来週のネタライブの出演者について、トークの中でポロポロと紹介されました。

・TAIGA

・くじら

・フレンチブル

・ビックスモールン

・マシンガンズ

・なすなかにし

なすなかにしが出ることについてトークが続きました。

昔は「爆笑オンエアバトル」、今は「ZIP!」でちょくちょく見かけます。


3.春日、R-1を見る

春日は「R-1ぐらんぷり」を開催の翌日に録画で、結果を知らずに見たそうです。

いまだにM-1見てないのに、R-1は見たことに若林は驚いてました。

「だってM-1は結果知ってるから見る気しないんだよね。

R-1は奇跡的に結果を知らずにすんだから見た。

スポーツだって結果知ってると見ないでしょ」(春日)

「俺はアメフトとか結果知ってても見るけど。

どういうプレイがどのように攻略されたか、結果知ってても見るの楽しいし。

漫才も同じだよ」(若林)

との会話がありました。

二人の間で「おもしろい」と言われていたのは、まず、ルシファー吉岡でした。

「いいかぁ、こう言うやつがiPhone作るぞ」

の箇所が取り上げられてました。

たしかこの箇所は、私も笑いました。

そして、マツモトクラブもおもしろかったと言っていました。

父との再会を、いろんなシチュエーションで妄想するネタでした。

私も、おもしろかったと思います。

構成がとても良く、何よりも、大声で盛り上げようと言うスタイルではなかったのがとても好感が持てました。

若林は、これまで見たお笑いの大会、M-1、R-1、キングオブコント、THE MANZAIなどの中でも、今回のR-1はベスト3に入る、と言っており、全員おもしろかったとも言ってました。

R-1グランプリについては、このブログにも感想を書きましたので、気が向いたら読んでみてください。

「【ネタバレ&上から失礼】R-1ぐらんぷり2016の感想~視聴者と結果との違いの理由はこれかも」へのリンク


4.ブロック・オズウィラーがテキサンズに

アメフトの話しなので長くなりますがご容赦ください。

ふつおたが読まれました。

その中に

「テキサンズにブロック・オズウィラーが入ったんですけど、来シーズンのテキサンズは期待できますか?」

と言うのがありました。

最終的には若林はこの質問にできるとも、できないとも答えませんでした。

「来シーズンはテキサンズの本拠地でスーパーボウルが行われるので、それが気になって」

(これまで、開催地のチームがスーパーボウルに出たことはなく、このジンクスは、「スーパーボウルの呪い」とも言われています。)

「ヘッドコーチ(監督)の作戦がどうなるかなぁ…」

と言っていました。


また、ブロンコスの心配もしてました。

先発QBのペイトン・マニングは引退、オズウィラーは移籍、3番手のQBは未知数…

これで戦っていけるのか、と言うことでしょう。

「(トレードを希望している)キャパニックがブロンコスに移籍すると言う話しもあるが、そうなるとサンフランシスコ・49ナーズがどうなるかだよね」

と言うことも二人で話していました。

たしかに、キャパニックをとるんじゃないか、と言う話しもありますが、どうも今朝になって、キャパニックはクリーブランド・ブラウンズにトレードされるんじゃないか、と言うニュースも出ました。

ブロンコスについては、昨日か一昨日、フィラデルフィア・イーグルスのマーク・サンチェスを獲得しました。

オードリーのNFL倶楽部」のレポーターで、元ニューヨーク・ジェッツのチアリーダーの小池絵未さんもこのことに触れています。



2011年シーズンと言えば、サンチェス率いるジェッツが、スーパーボウルの一歩手前のカンファレンスチャンピオンシップに出た年だったと思います。

ただ、ブロンコスのフロントのエルウェイは、サンチェスの獲得では補強は終わらないんじゃないか、とも言われてます。


ブロック・オズウィラー(どちらかと言いますと「ブロック・オズワイラー」と言われることが多いと思います)が、スーパーボウルチャンピオンのデンバー・ブロンコスから、若林が応援するヒューストン・テキサンズにFAで、移籍したことは、アメフトファンの間でも話題になっています。

中には、若林はどう思っているんだろう、と言うコメントもあります。

【記事】テキサンズがビッグディール!QBオスウィーラー獲得に成功http://www.nfljapan.com/headlines/74324.html

NFL Japanさんの投稿 2016年3月9日


昨シーズンはペイトン・マニングが出られないときに先発したりして、スーパーボウル制覇に貢献しています。

悪いQBではないと思いますが、スーパーボウルに導けるほどのQBだとは、今は思えません。

しかし、テキサンズのようにディフェンスが強ければ、試合を壊さない程度のQBであれば、スーパーボウルも夢では二と思います。


5.「リトルサイコ」?

若林のトークの中で、「オープントゥース」とか「オープンサイコ」とか言う言葉が出てました。

「黄金伝説」の自販機ロケ話で、9時間自販機の中に春日とこもって、ときどき客に話しかけたりしたそうです。

で、「オープントゥース」は、自販機から春日が出てきて客に「トゥース」をやること。

「オープンサイコ」は若林が話しかけること。

その他、「ウィンドウトゥース」、「ウィンドウサイコ」、「スカイトゥース」、「スカサイコ」などの言葉が出てきました。

ここで私が思ったのは、

「リトルトゥース」と同じ意味で「リトルサイコ」が使えないか

と言うことです。

別に春日が嫌で、若林が好き、と言うわけではないんですよ。

「リトルトゥース」って、私にとっては入力しにくいんですよ。

だから「リトルサイコ」も使えると楽だな、と思った次第です。


6.「雷電」

若林が「雷電」と言うゲームのことを語っていました。

高校時代は「雷電」の名手だったそうです。

「ジャリはアメフトでカットきるのうまいけど、雷電で鍛えてるの?」

とか言われていたそうです。


雷電は私も好きで、よくやっていました。

下の動画のゲームです。



高校時代にゲームセンターで大喧嘩になって、店内が大荒れで誰もいなくなった中、夢中になってゲームをつづけた話しとかも披露されました。


そして、懐かしくなって「雷電」のソフト買いに行ったもののなく、スマホ版のを買った話しになると、ここから語調が変わりました。

入れ込みが強いようで、かなり熱く語っていました。

スマホではとてもやりにくいけど、今はiPhone6に接続できるスティックがあり、また画面をテレビに飛ばせる装置もあって、Amazonでそれを買ったそうです。

「懐かしいんだか、ハイテクだかわかんない」

と言う言葉がおもしろかったです。

「断腸の思いで入れた100円でやってた「雷電」が、家のテレビでコンテ(コンティニューのことだと思います)し放題だぜ」

と嬉しそうに言っていたのも、わかるなぁ、そうだよなぁと思いました。

大人の私でも断腸の思いでお金(50円のところもあったと思います)を入れてたのですから、高校生にとってはなおさらでしょう。


7.春日の写真

春日のフリートークでは、中川パラダイスと一緒に、町田りす園に行ったことが語られました。

中川パラダイスはその時の写真をインスタグラムに挙げていましたが、それが放送中にリトルトゥースによってツイートされていました。

中川パラダイス自身も、それをツイートしています。





8.「男の料理」

・ピーマンの肉詰めでできた、等身大橋爪功像

・西洋の騎士が敵の攻撃をかわすために使っていたナン

・竜巻の中心に棒をつっこんで作った綿あめ

・懐石料理の終盤に出てきたカツカレー

・インパルス堤下がダーツバーで投げていたタラバガニの脚


9.ハガキのコーナー

春日に対して、「オープニングのトークでは若林の話しに相槌をうっているだけ」、と言う内容を含む投稿がありましたが、私はそうは思いませんけどね。

けっこうおもしろいことつっこんでいると思いますよ。


10.エンディング

春日のビートたけしの物まねが似ていないとの話しが出ていました。

私は似ていると思いますけどね。

掛布の物まねは、掛布の物まねをする松村に似ているとおもいましたが。

来週はネタライブです。


11.「世界番付」が放送終了

日本テレビの「なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付」が終わるそうです。

「日本テレビ「世界番付」が放送終了、最終回ではオードリー春日がタイの天空の部族の元へ」へのリンク

春日を「ロケ芸人」として確立させた、大変ありがたい番組だと思いますので、最近は見ていませんが、放送終了はちょっとさびしいです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック