【アプリ】川崎市が「かわさき アプリ」をリリース~「ICTのまち かわさき」を目指そう

私が住んでいて、税金を納めている、神奈川県川崎市が、2016年3月31日に市公式スマホアプリ

「かわさきアプリ」

をリリースしました。

「【タウンニュース多摩区版】かわさきアプリ始動 市の情報入手に一役」のリンク

こちらはややICTの面が強調されているニュース

「川崎市、防災や子育てのオープンデータを利用できる「かわさきアプリ」提供」へのリンク

さっそくインストールしてみました。

iPhoneのApp Storeで、「かわさきアプリ」で検索すると、すぐにみつかりました。

20160403かわさきアプリ

捜査してみると、「かわさきアプリ」をポータルサイト(入口)として、以下の4つのアプリに飛ぶような仕様になっていました。

・「防災アプリ」

・「子育てアプリ」

・「ごみ分別アプリ」

・「Wi-Fi接続アプリ」



これらのアプリをインストールしておくと、自然にメニュー画面から飛ぶようになってます。

(しておかなくても、「インストールしますか」と尋ねられ、App Storeに飛ぶようになっています)

最後のは、川崎市が提供する川崎市内主要駅・公共施設等で利用できるフリーWi-Fi

「かわさき Wi-Fi」(Kawasaki_City_WiFi)

に接続できるようにするためのもののようです。

メニューからこれを選ぶと、「Japan Connected-free Wi-Fi」のアプリに飛びます。

私はこれを以前からを利用しています。


「かわさきのお医者さん」(医療機関検索サービス)のを選ぶと、Safariで「かわさきのお医者さん」が起動されます。

これはありがたいです。

「かわさきのお医者さん」は、今はブラウザ「Safari」のお気に入りに登録していますが、他にも多くのサイトを登録していおり、いちいちそこまでいくのが面倒なので。

メニューには、他にも、「川崎市立図書館」「川崎市営バス」などのサイトに行ければ助かります。

図書館はよく行く図書館を、バスはよく使うバス停の時刻表を登録できるようになっていれば、さらにありがたいです。

税金の払いがいがあります。


わがままを言わせてもらえると、川崎市はアメリカンフットボールを応援していますから、富士通スタジアム川崎(旧川崎球場)での試合やイベントの情報が見られると嬉しいです。


まあこうやって行って

「ICTのまち かわさき」

を目指してもらえると便利だな、と思います。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック