オードリーが表紙の「アメリカンフットボール・マガジン2016SPRING」を読みながら家に帰ったこと

20160408オードリーが表紙のアメリカンフットボールマガジンの画像

(「アメリカンフットボール・マガジン2016SPRING」号の画像)

4月8日、「アメリカンフットボール・マガジン2016SPRING」を買いました。

発売前から、表紙の写真(上の画像参照)を見て

「お笑いポポロ」みたいだな

と思っていました。

(「お笑いポポロ」とは、アイドル誌ポポロのお笑い版で、芸人をアイドル的な観点から書いた雑誌、という印象があります。

 「プロ野球ai」のお笑い版だと考えてもらえるといいと思います)

前髪前線が後退した中肉中背おおじさんがこれを買うのは…レジの人はびっくりしたかもしれません。

この本を東急東横線の中で立って読みながら帰ったわけですが、前に座っていた若い人が表紙を見てか、驚いた表情をしていました。

いくつか記事を読みましたので、感想を書かせてもらいます。


1.オードリーのLet's Play Football!

「この春、フットボールを始めるキミへメッセージ」

と言うタイトルで、高校でのアメフト部のことを振り返っていました。

オードリーは「オードリーのオールナイトニッポン」や、その他メディアなどでアメフト部時代のことを語ったりしてます。

それらは大体見聞きしていましたが、それでもこれは初めて聞いた、というエピソードがいくつかありました。

なお、オードリーの発言について書かれているのは、このコーナーだけではありませんでした。


表紙の写真ですが、爽やかすぎて、まるで「お笑いポポロみたいだ」と書きましたが…

ラジオを聴いていると、二人とも半分意図的に黒い面をさらしているように感じます。

最近は若林もいろんな番組のMCで、いやらしいツッコミを入れるようになりましたし。

ですから、表紙の写真の爽やかさにはものすごく違和感を感じるんですが、こう言う面もあることを思い出させてくれる、ありがたい写真じゃないかな、とも思いました。

(春日がシャツをズボンに入れて、しっかりとキャラを守っているのは笑いましたが)


2.西村樹里さんのこと

「チアリーダー西村樹里さん特集」を読みました。

西村さんは、とても素敵な方でした。彼女が答えを見つけた「プロのチアリーダー」。それは取材者も、実感しました。「答え」は「アメリカンフットボール・マガジン 2016SPRING」でお読みください。4月8日に全国の書店とオンラインで発売!!http://www.amazon.co.jp/dp/458362428Xhttp://www.sportsclick.jp/a_football/

アメリカンフットボール・マガジンさんの投稿 2016年4月1日


上のFacebookのサイトに「彼女が答えを見つけた「プロのチアリーダー」」とは、というのには、私もうならされました。

西村さんは先日、4年間を過ごしたデンバー・ブロンコスのチアリーダーを引退しました。



日本人チアリーダーとして初めてスーパーボウルリングを獲得しての引退となります。


3.ケビン・コグラン選手へのインタビュー

昨シーズン、早稲田大学ビッグベアーズを甲子園ボウルにまで導いた、強力ディフェンスの要、ケビン・コグラ選手の進路は気になっていましたので

「IBM、LBケビン・コグランインタビュー」

を読みました。

◎ケビン・コグラン選手に聞く 昨シーズン、学生フットボール界で旋風を巻き起こしたLBと言えば早稲田大学のケビン・コグラン選手。今日3月25日が早稲田大学の卒業式です。おめでとうございました。 学生王者・立命館大学をあと一歩まで追い込...

アメリカンフットボール・マガジンさんの投稿 2016年3月24日


いい意味で自信に満ちた選手だな、と感じました。

そして責任感も強いな、と。

ひとつ具体的なネタバレを書きますと…

ケビン・コグラン選手は中学までサッカーをやっていたそうですが「下手で苦手」だったそうです。

それが、高校時代には大注目されるされ、おそらく将来日本アメフト界を代表する選手になるのですから、驚きです。


他にも、「QB道場」道場長の新生剛士さんの紹介で、新庄さんが「高校時代平均点以下の運動音痴だった」のが日本一に3度貢献するほどのQBになったのを知りました。

コグラン選手にしろ、新庄さんにしろ、そうとうな努力をされてそこまでの選手になられたのだとは思いますが、アメフトの持つ可能性に驚かされました。

アメフトは

「誰にでも何かしらのポジションがあるスポーツ」

とはよく言われますが、「それでもほかのスポーツでも一流じゃないと試合には出られないんだろう」、と思っていましたが、本当にどこかで自分が輝ける場所なんだな、と教えられ、うれしくなりました。


4.UCLAで先発の座を狙う、庄島選手のこと

「NFLに最も近い22歳の日本人OL

G庄島 栄光の階段を上れ」


という記事を読みました。

ジオ庄島選手が所属するUCLAは、米カレッジでは、USC(南カリフォルニア大)やオレゴン大、スタンフォード大という強豪校と同じPAC12カンファレンスです。その彼らから見ても、今のUCLAには、とても優秀なタレントが揃っていると言います。今...

アメリカンフットボール・マガジンさんの投稿 2016年4月1日

こちらの記事でも、庄島辰尭(しょうじま・たつあき)選手のことが紹介されています。

Huddle magazine ハドルマガジン「UCLAで先発争いをする OL庄島辰尭 「やるべきことを達成していく」へのリンク

庄島選手は東京生まれ。

米国の高校でプレイ後、都立西高に編入し1シーズンプレイ。

(都立西高は進学校ですから、編入はかなり難しかったろう、と想像します)

ジュニアカレッジのサンタモニカ大で2年間プレイした後にUCLAに編入したそうです。

ジュニアカレッジから4年制大学に編入するのは珍しくないケースです。

それにしても名門UCLAで先発の座を狙えるとは…

さらにポジションがC(センター)、オフェンスラインで、単純に考えますと、日本人にとっては体格的に最も難しいポジションでしょうから、すごい話しだな、と思います。

昔から、もし日本人でNFL選手が誕生するとどのポジションか、ということはよく語られてきました。

キッカーだったり、WRだったり…

いろんなポジションが挙げられてきましたが、オフェンスラインだという意見はほとんど見たことがありません。

もしかしたら、庄島選手が日本人で初めてのNFL選手になるかもしれません。

ハドルマガジンのインタビューを読むと、読みやすいように文章をまとめられた個所もあると思いますが、とてもしっかりした考えの持ち主のようで、オフェンスラインにはそういうことも大事だと思います。
下記リンク先のUCLAの公式サイトに庄島選手のプロフィールが載っています。

「Gyo Shojima Bio」へのリンク

米4月23日のSPRING SHOWCASE(紅白戦のようなものだそうです)には出場が確実視されているようです。


なお、早大学院出身のRB高田ジェームス選手も、ユタ大学のロースターに入っています。

【早大学院出身RB高田がユタ大ロースター入りしました!】 早大学院出身の高田ジェームス(James Gray)が、アメリカ・ユタ大学(NCAA Division I-A)の春のロースター入りしました!アメリカで頑張る彼に負けないよう...

早稲田大学米式蹴球部 ビッグベアーズさんの投稿 2016年4月7日


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック