【2016年4月10日】「オードリーのオールナイトニッポン」で語られたこと~スペシャルウイークのゲスト発表

2016年4月10日の「オードリーオールナイトニッポン」で語られたことをいくつか書いておきます。

1.4月24日はスペシャルウイーク



4月24日の放送は「スペシャルウイーク」ということで、ゲストが発表されました。

・中川パラダイス

・西村瑞樹(バイキング西村)

と、先週春日がフリートークで語った2人だそうです。

オールナイトニッポン」のブースで「ボクらの時代」ならぬ「クソらの時代」を再現するみたいです。

なお、中川パラダイス(3回目の出演になります。しかも半年の間で)は、この前夜沖縄で仕事。

最終の羽田便に乗らないと番組に間に合わないそうです。

そして次の日も沖縄で仕事。

この往復の交通費を、ニッポン放送が負担するのかどうか、が話題に上っていました。

エンディングで、リトルトゥース(先週の放送では「トゥスナー」)に募金を頼もうか、と言っていました。

クラウドファンディングで集めると面白いかな、と思います。


2.若林トーク

実家に10数年ぶりに泊まった、というところからの、お母さんの話でした。

「33歳になっても売れてなかったらやめさせようと思ってた」(お母さん)
という話を聞かされたものの、きっと最近思いついたんだろうなぁ、という話しがあったり。

オードリーがM-1でブレイクしたのは、30歳ごろのことです)

駅のことを尋ねても、お母さんがなかなか質問に素直に答えてくれなかったりとか…

お母さんの天然ぶりが語られていました。

最後は若林が仕事に向かおうとしたところ、犬もついていきそうになったので

「正恭、帰っちゃダメ」

と言われたそうです。


3.春日トーク

昨日行われた「オールスター感謝祭」のことが語られました。

おもしろかったのは、春日が「アームリング」(どれだけ長い間鉄棒にぶら下がっているかを競うもの)に出場したこと。

Dちゃんからは、メールで

「アームレスリング」(腕相撲)に出てください

と問い合わされOKしたものの、説明会場に行ったら「アームリング」になっていたので、珍しくちょっとスタッフに怒ったそうです。

春日はそうそうスタッフに文句は言わないそうですが、「アームリング」は以前「体育会TV」で話しにならなかったそうで、苦手だそうです。

「それはお前の確認ミスだろう。

お金もらって仕事してんだから、きちんと読んでおかないと」

と若林の「正論攻撃」にあったのですが、前述のとおりDちゃんの連絡ミスだということが発覚。

まあそれでも「出る」と言っていたので、参加したところ、なんと優勝したそうです。


4.「男の料理」

・バーで「あちらのお客様からです」と言って出してきた、ワサビずし

・バイキング西村が、燃える中川パラダイスの右腕で焼いた、サーモン

・サウナで食べるチゲ鍋

・他人の金で食うメシ

・大人用ピーマン


5.「ハガキのコーナー」とジョン・タイターのこと
「2083年から来た男から、オードリーへのハガキ」

というのが面白かったです。

お誘いのついでに未来について書かれたのがこんなことです。

2018年 若林「地獄に落ちろ」で、流行語大賞を受賞

2020年 某番組の企画で「ナイスミドル」に改名

2021年 春日、窃盗で現行犯逮捕

2022年 若林、23歳下のグラドルとできちゃった婚

2023年 若林、音楽性の違いで離婚

2026年 春日さん出所。記者会見で号泣

2027年 5年の服役生活をまとめた「俺は服役中」を出版するも売れ行きは伸びず、実家で農業を始める

内容はともかく、こう言う架空のこと読むのは大好きです。

このことで思い出したのが、「ジョン・タイター」の話。

ウィキペディアの「ジョン・タイター」の箇所に詳しく書いてありますが、

「ジョン・タイター(英: John Titor) は、2000年にインターネット上に現れた、2036年からやってきたタイムトラベラーを自称する男性」です。

2000年11月2日、米国の大手ネット掲示板に書き込みをはじめ、2001年3月に「予定の任務を完了した」との言葉を残し書き込みをやめ、現在は消息を絶っている、とのことです。

実在すれば現在18歳です。

上記サイトにはいくつかの未来の記載があり、事実となったこともあれば、まったく外れたものもあります。


6.「ひろし」

先週から始まった、新人作家の「ひろし」が考えてきそうなコーナー案を予想するものです。

先週のを聞いた限りだと、考えてまとめるのがとても難しそうで、長続きするかなぁ、と思ったのですが、今週はかなり面白かったです。

・バイキングみずきの「馬鹿言ってんじゃないよ」

 「加藤沙里ってたしかみずきさんのモトカノですよね」「馬鹿言ってんじゃないよ」

 「みずきさん、今度R-1にフリップ芸で出るんですって」「馬鹿言ってんじゃないよ」

 若林は、「例えが弱いが、企画はおもしろそう」と言っていました。

・TAIGAさんの「てめぇ気ぃ抜いてんじゃねえぞ」

 「春日がピンクベストの代わりにセーターでステージにあがりました」「馬鹿言ってんじゃないよ」

・2メートル10センチのコーナー

自分が2メートル10センチの身長になったとして、やりたいこととか気づいたことを送るものだそうです。

 「大林素子に壁ドンしたい」

春日は「2メートル10センチなんて普通にいるじゃん。

6メートルとかだったらいいかもね」と言っていました。

・ホノルルのコーナー

 もっとホノルルがついた言葉を作ろう、というもの。

「ホノルル任三郎」「出会って3分でホノルる」「あなたとホノルル」「酒と泪と男と女とホノルル」「つのだ・ホノルル・ひろ」など
若林は「大喜利としては面白いが、何か月もやれるものではないんじゃないかな」と言っていました。


7.ラジオで語られたことではないですが…

1)「実録!若林学部」終了

番組の公式サイトの先週のものに

「※『実録!若林学部』のコーナーは終了しました」

という記載がありました。

たしか2013年の若林の「社会人大学…」出版に際して始まったコーナーですが、3年近く続いたことになります。

最初は、一時的なもので長くはないだろうと思ったのですが、「春日学部」にかわったり、ゲストが来た時には、そのゲストについてのことだったりと、かなり面白い展開になっていただけに、終わるのはちょっと寂しいです。

2)「アメリカンフットボールマガジン」発売

オードリーが表紙で、インタビューのコーナーある

「アメリカンフットボールマガジン 2016 シーズン展望号」

が、一昨日発売となりました。



買って読みましたので、来週のどこかで感想を書きたいと考えています。

余談ですが、私の友人のアメフトファンの方は、Amazonで発注したものの、なかなか到着しないので、待ち切れずに本屋に行って直接買ったそうです。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック