人工知能に恋愛指南を受ける日~「教えて!goo」の回答に「ディープラーニング」が支援

Q&Aサービスの『教えて! goo』にて、恋愛の悩みに、人工知能が支援して回答するサービスが始まるようです。

運営元のNTTレゾナントによると、今年8月にもサービスを始めるようです。

ディープラーニング(深層学習)という手法(あるいは「技術」)を駆使するそうです。

ディープラーニングは、先日囲碁の世界で人間をやぶった時に使われたものです。

下記ツイートのリンク先に、関連ニュースがあります。


さて、ここからは、私こと

「人工知能のことがよくわかっていない者の妄想的懸念」

です。

真実味はあまりない、と考えて読んでください。


私のような恒例の年齢層の中には、恋愛について人工知能に学ぶ、と言うことに「なさけねーなー」と言う感情を持つ人も少なくないと考えます。

そういう気持ちは私にはないです。

私が懸念するのは、このサービスが悪用され、暴言を投稿して、事件にならないか、と言うことです。


先日、Microsoft社の人工知能「Tay」が、暴言を繰り返したことがありました。

CNET Japan「マイクロソフトのAI「Tay」が一時復活、また暴言」へのリンク

いくつかのニュースサイトで読んだうえでの私の見解は、「Tay」は悪意のあるツイッターユーザーにより「望ましくない知恵」をつけられて暴言を吐いた、と言うものです。

同じようなことが、『教えて! goo』でも起きないか、と言う懸念があります。

「Tay」はもともと「若者のくだけた会話を模倣するよう作られた」ようです。

そして『教えて! goo』で使われる人工知能『corevo』は、「検索ワードやQ&Aの閲覧履歴などから個々の質問者の関心を読み解」くそうです。

もし質問者が、「特殊な検索ワード」、悪い言い方をすれば「変態的な検索ワード」での検索を繰り返していたりすると、望ましくない回答が出てくる可能性もあるんじゃないかな、と考えるのです。

さらにその回答が衝撃的で、質問者や閲覧者のメンタルに悪影響を与え、

「セクハラを受けた」

と言う騒ぎにならないか、そして最悪訴訟沙汰にもならないかとも考えます。


NTTレゾナントによりますと、

「回答しているのがAIであることを明示するのか、質問者がAIからの回答を望まない場合にAIが回答しないようにするのかどうかなど詳細については調整・検討中です。」

とあります。

それも大事なことだとは思いますが、人工知能が無条件に自動的に回答を行うシステムをとらないことを、検討すべきだと考えます。

「無条件」ではなく、例えば望ましくないワードでフィルタをかけ、どういう内容でもそのワードが入っていれば、人間がチェックするとか。

あるいは、すべての回答に対し人間がチェックをかけるとか、そういう運営が必要だと思います。

ただ、これをやると、24時間365日即座に回答をする、と言うことが実現できないかも、とも思うのですが…


私は、大事なことは、回答がAIのものであるか否かを明示するのがまず一つだと思います。

「コンピュータはミスを犯すものだから、こんなひどい回答が出ても仕方がない」

と割り切れる人もいると思います。

ですが、誰が言おうがひどいことを言われると、落ち込む人のほうが多いんじゃないかな、と思います。


余談ですが、私は人工知能の回答より、人間の回答のほうが、怖いことのほうがあるんじゃないかな、とも思います。


いろいろと妄想を書いてきましたが、どういうことになるか、いい方になるよう、期待しています。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック