【2016年5月1日】「オードリーのオールナイトニッポン」で語られたこと~前田健の思い出が語られる

2016年5月1日の「オードリーオールナイトニッポン」で語られたことをいくつか書いておきます。

今回の放送前、4月26日に、ものまねタレントの前田健が死去しました。

オードリーの二人は、仲が良かった、と言いますか、よくお世話になっていたと聞きますし、ラジオでもよくネタにしていましたから、今回の放送はどうなるんだろう、と思ってました…


1.前田健の思い出

最初にこのことを書いておきます。

若林のトークゾーンで、前田健(マエケン)のことが語られました。

思い出の前に、前田健が倒れて、ICUに運び込まれた後、若林はそこに面会に行った話から。

「普通に起きて寝てるだけな気がした。手もあったかかったし、顔色もよかった。

マエケンさんは死の淵からよみがえるイメージがある。絶対戻ると思って確信してICUを出た」

とのことでした。


そのあとは思い出の話。

「俺(若林)が一番叱られているんじゃないかな」

から始まり、若林が21歳で事務所に入ってからすぐ、先輩たちに挨拶に行った思い出を。

たいていの先輩が若林の挨拶に、「おう、よろしくな」と返事したのに対し、前田健だけが

「胸に手をあてて「前田健です」ととてもきれいに挨拶した」

そうで、それを見て、自分も後輩には挨拶だけは敬語でやろう、と思ったそうです。

挨拶の後前田健にじっと顔を覗き込まれ

「みんな死んじゃえ、って顔してるよね」

と言われたそうです。

実際若林は当時そう思ってたそうで、その後も前田健には心眼みたいなものを感じた、と語っていました。

(若林は、舞台に上がる前に「怒」をエネルギーとしていたそうですが、半年前からそれがなくなった、と先週の「ご本、出しときますね?」で語っていました)


テレビに出始めてからも、ネタ褒められたことがほとんどなかったそうで、唯一褒められたのが「これあり(『1億3千万人のエピソードバラエティー コレってアリですか?』」の

モンスター・ヒラタ

だったそうです。

ウィキペディアには

「現代社会が生み出したモンスター・ヒラタの理解不可能な行動を若林主演の再現コントで紹介する人気コーナー」

とありますが、前田健はそれを見て

「あれは、お前(若林自身)だよね」

と言ったそうです。


前田健は絵がうまくて、若林はファミレスで理想のタイプを尋ねられ、それを絵にしてくれたのがドンピシャだったそうです。

若林はそれをずっと財布に入れていたそうです。

これは「絵がうまい」だけではなく、聞き出す能力がないとできないと考えられます。


そのほか、「まず謙虚になれ」「でも、って言うな」と言われたり、原付をもらったり、自分の名前を残したいから芸名にしなかったとか、足の裏を愛おしそうに見るのは自分の体で好きなのはここだけだからとかのエピソードも語られました。


このコーナーの最初のほうは、春日は遠慮があったのか、相槌をうつぐらいでしたが、途中からつっこむようになりました。

それが失礼にならないような、二人のトークだったと思います。


これらを語る前に、

「前田健の話は、しようかどうか迷った」

と言っていましたが、私としては、話してよかったんじゃないかな、と思いました


2.若林のビジネススタイル

オープニングトークで、先週のスペシャルウイークのことが回想されました。

その流れで

「火のないところに煙を立てるのが俺のビジネススタイル」(若林)

と言う発言がありました。

若林の、何でもないことをおもしろおかしく話を広げるトークスタイルは、まさにそうだな、と思います。

なお、選手の模様が、芳樹氏のTwitterアカウントでツイートされていました。





3.MXTVとは

以前春日が菊地亜美のことを話していましたが、その流れで、「「世界番付」が終わったことが痛いので、こうなったら春日が菊地亜美と結婚するしかない」という話しになり、

「結婚式はMXTV(エムエックスティービー)で放送されるだろう」

と言う風に続きました。

MXTVは、正式にはTOKYO MX局で、東京都にあるUHF放送局です。

芸能や時事ネタ、そしてアニメに強いように感じます。

不思議なことに、我が家は神奈川県にあるんですが、神奈川のTVKは映らず、TOKYO MXが映ります。

TOKYO MXはソフトバンク社の提供で、福岡ソフトバンクホークスのホームゲーム(主に福岡で開催)をやってくれるので、ホークスファンの私にはとても助かります。

(放送時間に関しては、地元福岡の地上波のものより長くやってくれているようです)

今日もやってくれます。


なお、菊地亜美については、番組中でなんどか、次のスペシャルウイークのゲストに、と若林は言っていました。


4.ネタライブのメンバー

ネタライブのメンバーが発表されました。

オードリー、 ビックスモールン、 くじら、TAIGA、ラブレターズ、ザ・ギース、ゆったり感、ルシファー吉岡

だそうです。

なお、あと1組と現在交渉中だそうです。


5.春日トークで出てきた2つの言葉

春日のトークゾーンでは、TENGAのことが語られました。

その中で出てきた気になった言葉のことを二つ書いておきます。

1)八丈島のきょん

「八丈島のきょん」は、少年チャンピオンに1975年ごろに連載されていた「がきデカ」に時々出てきた、主人公のこまわりくんが返信するキャラクターです。

20160501八丈島のきょん

オードリーの二人にとっては、生まれる前のものになると思いますが、よく知っているな、と思います。

ただ、「がきデカ」の人気はすさまじいものでしたので、語り継がれていても不思議はないと思います。


2)ディープスロート

「ディープスロート」ってどこかで聞いた言葉だな、と思ったら、

「1972年にアメリカで起こったウォーターゲート事件で、事件を調査報道した『ワシントン・ポスト』の記者に指導する形で情報を示した人物の通称。」(ウィキペディアより)

のことでした。


6.春日ボディビル大会へ

明後日5月3日の第24回 東京オープンボディビル選手権大会に、春日が出ます。

オープニングトークでは、楽しい雰囲気で進んでいたロケで、春日が減量のために麺類を食べなかったところ、スタッフから

「麵全部食べていただけませんか」

と言われ

「それ無理です」

と春日が答え、雰囲気が悪くなったことが語られていました。

春日はそのことを反省していました。

若林も言っていましたし、春日自身も以前語っていましたが、減量は禁煙同様イライラするもののようです。

そう聞くと、春日って大変なことをやっているんだなぁ、と思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

おもしろくなると思います
あみあみさん、こめんとありがとうございます。
菊地亜美さん裏に出たんですか。
でもあんまり関係ないと思います。
出るとおもしろくなると思います。
期待してます。
菊地亜美ちゃんは裏に出たので(しかも木金)三番煎じですし、おぎやはぎより面白くなるかなあ
それはできんでしょう
みやわきさん、コメントありがとうございます。
さすがにそういう話しは、今回の放送では語れないでしょう。
私なんかは、下記リンク先にある
「前田健と青木さやかに、路上で正座しながら説教されたことあって、帰りに…」
と言うエピソードも書けませんでした。
http://blogos.com/article/172316/
No title
マエケン話は半分は既出でしたが、怒りの若林がマエケンのポストにフンを入れた話や、「あいつはオカマに甘えている」というマイノリティ利権論はさすがに今回はなかったですね。

管理者のみに表示

トラックバック