「最もよく使われる4桁の暗証番号」のこと~あなたは大丈夫ですか?

よく、「最もよく使われるパスワード」と言うニュースは目にしますが、ちょっと前に読んだのは

「最もよく使われる4桁の暗証番号、最も使われない暗証番号」

に関するものでした。

下記ツイートの中のリンク先に記事があります。



この記事では、トップが「1234」で、10.713%が使用されているとあります。

私は数学がとっても苦手なんですが、つまりセキュリティコードだけでロックされていて、何回失敗してもデータが消去されないiPhoneが10台あったら、確率としては1回のトライで1台はロックを破れると言うことになるのでしょうか?

また

「20回ほど試みれば、全体の4分の1の暗証番号が割れてしまうことを意味しています。」

とのことです。

これは怖い。

この記事を信用するならば、少なくとも上位20位に入っている暗証番号を使っているのなら、変えたほうがいいと思いました。


「生まれ年を4桁番号に選ぶ人がまた多く、「19○○」が全体の5分の1に及んでいました。」

とあります。

と言うことは、そろそろ「20○○」をパスワードにする人たちも出現するということになるのでしょう。


なお、決しておすすめはしませんが、ある方から聞いたキャッシュカードのセキュリティ対策のことを書いておきます。

カードに偽の暗証番号を書いておくのです。

そうすると、たまたま拾得した悪意のある人が、その番号を信じてATMでお金をおろそうとするとしましょう。

1回目は当然失敗します。

「あれ、押し間違えたかな」と思って2回目も同じ番号で挑戦しますが、これも失敗します。

3回目に失敗するとカードが無効となりますし、失敗した瞬間に何かあると怖いので、3回目はやらない、と想定しているのだそうです。


このセキュリティは万能ではないですし、マジで人のキャッシュカードの暗証番号をやぶろうとする人は、こんな幼稚な手を使わないものと考えられます。

それに、これを私に教えてくれた人が、本当にそうしているかも疑問です。

決してマネしないでください。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック