【ホークス】代打でも「待機中」するまでになった「俺たちの城所」のこと

5月14日の対オリックス・バファローズ戦、8回に代打で登場した福岡ソフトバンクホークスの城所龍磨選手は二塁打を放ち、最終的に同点に追いつく走者となりました。

動画は下記リンク先の02:25辺りにあります。



(パ・リーグTV「5/14 バファローズ対ホークス ダイジェスト」動画)

この裏の守備では2塁打性の当たりをシングルで止める好守備も見せました。


先日も代打に起用されショートゴロを内野安打にするガッツ。



(パ・リーグTVの動画「【9回表】ホークス・城所 執念のヘッドスライディングで出塁!! 2016/5/4 F-H」)

このあと2つのボークなどもあり、同点のベースを踏むことになりました。


2年前に「キドコロ待機中」と言うタオルがホークス公式グッズが発売されましたが、それは代走、または守備での「待機」でした。

しかしもはや代打として起用されるようにもなりました。

一昨日なんて、実績はある江川選手や、同じ左でも福田選手が残っていたにも関わらず、です。

この時点で今シーズン9打数4安打。

「これはもう代打の切り札「城所」」

と、城所(正式には「kdkr」)ファンたまり場として知られるニコ生は大盛り上がり。

Twitterでも「城所」か「kdkr」がトレンドに上がっていたそうです。

こちらでも大盛り上がりです。

「城所龍磨 代打で渋くチャンスメーク「何とかつなごうと」 - 鷹速@ホークスまとめブログ 」へのリンク

本当に城所選手の人気はすごいです。

おかげでこんな見出しのネットニュースも。

日刊スポーツ「ソフトバンク城所が好走塁 代打“待機”に燃えた」へのリンク

「ソフトバンク城所8回二塁打!今年は代打でも待機中(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース」へのリンク



「秋山監督の時は打撃では期待されていなかったが、工藤監督は代打でも使ってくれる。やってやろうと思っていた」

と言う城所選手の言葉。

秋山選手は城所選手を「抑えのセンター」として成長させてくれました。

これで工藤監督が、城所選手を本当に代打の切り札として成長させたなら…

終盤のチャンスで代打起用からの、代走要らずで、守備固め、と言う楽な起用ができるようになります。

期待してます。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック