【Jリーグ】1996年ごろに手に入れたビニールシートに時代を感じる

こちらは1996年ごろに手に入れた、Jリーグのチームキャラクターが載ったビニールシートです。

20160513Jリーグ黎明期のカーペット2

「JLEAGUE」の文字の下に「LAWSON」の文字があるのでわかるかもしれませんが、これはLAWSONでポイントを貯めて、応募して当選したものです。

当時何人かでポイントを集めて応募して当たったのですが、どういうわけか最終的に私のものになりました。

当時も今も、ほとんどサッカーを見ていないんですが…


最近久々にこれを使う機会があったので、じっくり見てみました。

今はなくなってしまった「横浜フリューゲルス」のキャラクターの画像

20160515フリューゲルス昔の画像

正式には「全日空佐藤工業サッカークラブ」でした。

ウィキペディアによると、1998年10月29日に横浜マリノスと横浜フリューゲルスの合併が発覚

「出資会社の一つであった佐藤工業が本業の経営不振(後に経営破綻)のためクラブ運営からの撤退を表明し、もう一つの出資会社の全日空も赤字に陥っており、単独でクラブを支える余力がなかったことが原因であった。その為、横浜マリノスの親会社日産自動車との協議の結果、両クラブは合併の上、実質的には主導権を持つマリノスにフリューゲルスが吸収合併されることになり、クラブは事実上消滅することになったのである。そして、両クラブの合併はその日のJリーグ理事会で正式に承認された。」

そうです。

だいたい私の記憶と同じです。

そしてその年の冬の最後の天皇杯で優勝しました。

合併後「横浜F・マリノス」が発足。

一方でフリューゲルスのサポーターの支援で「横浜FC」が発足。

2007年にJ1に昇格しましたが、1シーズンで降格し、今のところずっとJ2のままです。

今、横浜FCの由来を意識している人はどれだけいるんだろう…


そしてタレント軍団で、強かった「ヴェルディ川崎」

20160515ヴェルディ昔の画像

正式名称は「読売日本サッカークラブ」でした。

以前住んでいたところ(今と同じく、川崎市中原区ですが、最寄り駅は東急東横線の新丸子でした)では、町内会による招待券の配布などがあって、何度か等々力陸上競技場に足を運びました。

偶然にも移転前の「ヴェルディ川崎」としての最後の試合も現地で見ることができました。

たしか、サンフィレッチェ広島戦だったと思います。

現在は東京都府中市に本拠地を置き、「東京ヴェルディ1969」と名前を変えました。

2009年には讀賣グループが完全に経営から撤退。

それ以来、ずっとJ2にいるようです。

今ではほとんど名前を聴くことがなくなりました。

(私がサッカーを見ないから、聴かないだけです。)


そして拡大写真をとりませんでしたが、サッカーに興味がないものの、強いて「応援しているチーム」としている清水エスパルス

とうとう今シーズンはJ2に落ちました。

私はグリーンベイ・パッカーズのような「市民球団」と言う言葉は好きで、そのスポーツがなかったら、誰も知らないような田舎の町のチームが好きなので応援していました。

(清水市(当時)はエスパルス、またはサッカーがなかったら知らなかったと思います)


手に入れてから20年以上がたったこのビニールシート。

いつまで使うかわかりませんが、歴史の証人として、なるべく長く手元に置いておきたいと考えています。

(そんなことですから、私はいろんなものが捨てられないのです)


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック