【ホークス】今宮、ついに「テニス打法」で打撃開眼か?~故郷大分のためにも

このところ、福岡ソフトバンクホークスの今宮健太選手の打撃の調子がいい。

5月26日の対オリックスバファローズ戦では、本塁打を含む猛打賞。



(パ・リーグTVからの動画「【4回裏】インハイ仕留めた!! ホークス・今宮の3号ソロで勝ち越し!! 2016/5/26 H-Bs」)

翌5月27日の対千葉ロッテマリーンズ戦では決勝タイムリー。

両チーム唯一の打点を挙げました。



(パ・リーグTVからの動画「【7回表】ついに均衡破った!! ホークス・今宮が先制タイムリー!! 2016/5/27 M-H」)

このブログ記事を下書きしている最中、5月28日のマリーンズ戦でも、きれいなホームランを放ちました。



(パ・リーグTVからの動画「【6回表】ホークス・今宮 工藤監督もニッコリの4号ソロ!! 2016/5/28 M-H」)


もちろん守備も相変わらず安定した名手ぶりで、特に下の動画、マリーンズの岡田選手をアウトにしたものとかは、捕ってから投げてまでの速さが素晴らしいものでした。

この一連の動きの中から正確な送球ができるのですから、すごいと思います。



((パ・リーグTVからの動画「【7回表】ついに均衡破った!! ホークス・今宮が先制タイムリー!! 2016/5/27 M-H」))

それにしても5月26日の打撃はすごかった。

あと二塁打が出ていればサイクルヒットでした。

最後の打席は、なんと「敬遠」。

バファローズサイドからすると、走者を二塁に置き、もう一点もやれない状況でしたので、仕方がないと思います。

それよりも

「とうとう今宮も敬遠されるまでになったか…」

と感無量でした。


今宮選手の打撃開眼には、こんな背景があったようです。

東スポ「【ソフトB】最低打率男・今宮“テニス打法”で開眼」へのリンク

藤井打撃コーチから「テニスのラケットを振るイメージ」で打てとのアドバイスが効いた、と言うものです。

これまでの今宮選手のホームランは、全身を思いっきり使ってのものに見えました。

しかし5月28日のホームランを見ると、そこまでは力を入れてなかったように感じます。

そこであそこまで飛ばしたのですから、アドバイスは正しかったように思えます。

(でも、全身をひねる今宮選手の打撃フォーム、けっこう好きなんですが…)

「【ソフトバンク】今宮2安打4打点!テニス打法を「しっかり自分のものに」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース」へのリンク

それにしても、「工藤監督が両打ちプランに興味を示すこともある」と言う話しには驚きました。

(ソースが東スポだから、と言う見方もできますが、ホークスに関する記事は東スポまじめな(失礼!)記事が多いように感じます)

5月27日の打撃を見た、相手チームマリーンズOBの有藤通世氏は、今宮選手の打撃を大絶賛。

「【有藤通世の視点】長嶋タイプの今宮 外角球うまく対応 ― スポニチ Sponichi Annex 野球」へのリンク

長嶋茂雄氏の名前を出されるとは、とても恐縮です。

「タイプが似ている」ということで、力まではおよばない、と思いますが…でも嬉しいです。

でも、けっこういいところで打っている印象があり、打点も多いですし、犠飛もリーグトップ(起稿時点)。

長嶋茂雄氏並みになることを期待してはいけないことはないです。


ところでこんな記事もありました。

「打で大暴れも…ソフトB今宮いまだに“半人前”扱いのワケ| #日刊ゲンダイDIGITAL 」へのリンク

5月26日のバファローズ戦のあとのもののようです。

今宮選手を扱った本を出そうとしたら

「まだまだ早い。一人前にもなっていないのに、これで本人が勘違いでもされたら困る」

と球団からOKが出なかったとのことですが…

先発はなかなかないものの、日本代表にも名をs連ねたことがありますから「一人前になっていない」と言うのは厳しい評価だと思います。

たぶん、まだ潜在能力を出し切れていないということでしょう。


ホークスの課題には、一二番が打てない、と言うのがありましたが、今宮選手が打てるようになると、なんでもできる「打てる二番」が誕生します。

ホークスは昨年ほど得点力が高いわけではないので、これは期待大です。

故郷大分には、まだまだ被災に苦しむ人が少なくないと思います。

そういう人たちに喜んでもらえる大選手になってくれるといいな、と思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック