2016年5月27日の、オバマ米大統領の広島でのスピーチのことは書き留めておくべき~歴史に残る写真とともに

2016年5月27日に、アメリカ合衆国のバラク・オバマ大統領が広島を訪れ、スピーチを行いました。

これは歴史的に見て大変画期的なものだと前から考えていました。

現職の米大統領が、かつての敵国日本を訪れ、残虐な兵器とされる原子爆弾を使用した広島を訪れる…

しかも2期務めた最後の年。

来年はもう大統領ではないので、特に目新しいことをして人気をとる必要もありません。

このことにいろんな背景や意味が見え隠れします。

オバマ大統領にとっては、かなりリスクが高いことのように思えました。


しかし、スピーチの大半をニュースで見て、そんな事情や計算はどうでもいいように感じました。

単純に素晴らしくて、感動的で…

「このスピーチは歴史に残るものになる」

そう思いました。

オバマ大統領がまだ民主党の大統領候補の一人だったころ、演説がうまい、と言うのを聞いていましたが、ここまでうまいとは思いませんでした。

(そのことがわかるまでに8年かかりました)

ですから、ブログに書き留めておくことにしました。

同時代人としてこのスピーチと、被爆者の方との面会を見たことは、素晴らしいことだと思います。


オバマ大統領のスピーチの動画と、全文が記載されているサイトへのリンクを貼っておきます。



(ANN動画「「核なき世界」オバマ大統領 広島声明ノーカット1(16/05/27))



(ANN動画「「核なき世界」オバマ大統領 広島声明ノーカット2(16/05/27)」)

全文については、考え方が正反対のサイト2つへのリンクですので、比較して読んでみると、興味深い差異があるかもしれません。

「【オバマ大統領広島演説(全文)】「71年前、空から死が舞い降り世界は変わった」「あの日の朝の記憶は決して風化させてはならない」 - 産経ニュース」へのリンク

「オバマ大統領の広島スピーチ全文 「核保有国は、恐怖の論理から逃れるべきだ」|HuffPostJapan」へのリンク

どこが印象的だったのか…

正直に言うとよく覚えていません。

強いて言えば、最後の

「未来において広島と長崎は、核戦争の夜明けではなく、私たちの道義的な目覚めの地として知られることでしょう。」

かな、と思います。

本当にこのような未来があるのか…

それは難しいと思いますが、意識しておくことは大事だと思います。


もうひとつ印象的だったのが、二人の被爆者との会見。

こちらが坪井直さん

20160528坪井直さん

こちらが森重昭さん

20160528森重昭さん

特に森さんと抱き合う写真は、歴史に残る写真となると考えます。

ロイター・ジャパンのFacebookサイトは、カバー写真をこれに替えました。

20160528ロイターのカバー写真がオバマ大統領と森重昭さんが抱き合う画像に

それだけ意義がある写真だと、ロイターが認めたのでしょう。

遠くない未来の教科書に、スピーチの中の一文とこの写真が載るんじゃないかなと思います。


ところで、海外のメディアは、オバマ大統領の広島訪問をどう伝えたのでしょう?

とても興味があったので、それが載っているサイトを探しました。

いくつか見つかりましたので、リンクを貼っておきます。

「神戸新聞NEXT|全国海外|国際|オバマ氏広島訪問、未明に速報」へのリンク

「海外メディア、演説内容など速報 記帳内容も伝える  :日本経済新聞」へのリンク

「オバマ大統領が広島訪問へ、海外はどう報じた? 「共和党も訪問批判は困難」|HuffPostJapan」へのリンク

好意的か否かは置いといても、歴史的に意義深いことのように伝えているようです。



(ANN動画「オバマ大統領の広島訪問 米国で好意的な受け止め(16/05/28)」)


ちょっと気になることを。

月曜日に

「核廃絶って言うけど、なぜ核兵器が必要なのか、と言う議論はしされていない」

と言う内容のツイートがありました。

投稿した人がどういう考えでツイートしたかはわかりませんが、これは非常に興味深いツイートに思えました。

「核保有国は、なぜ核兵器を持ち続けるのか?」

と言う根本的な事情をはっきりさせることは、核廃絶につながると考えられる、と考えるからです。

その事情をなくす代替案を模索して提示すればいいのでは、と考えます。

とても難しいことだとは思いますが。


そして驚いたのはアメリカでのこと。

次期大統領の共和党候補が、ドナルド・トランプ氏の発言です。

「<トランプ氏>日本に核容認「言っていない」 軌道修正図る(毎日新聞) - Yahoo!ニュース」へのリンク

「ヒラリー・クリントン氏は、私が日本に核兵器を持ってほしいと言っていると言うが、そんなことは言っていない。」

と言ったそうです。

発言の正確なタイミングはよくわかりませんが、ひょっとしたらオバマ大統領の広島訪問について、国内の空気を読んで「軌道修正」をしたのかもしれない、と考えるのはおかしいでしょうか?

といかく、そう考えてもおかしくないんじゃないか、と思えた、オバマ大統領の広島訪問でした。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック