【NFL動画】「歴代スーパースター対決TOP5」~TOP1は納得

タイトルに書きましたように

「歴代スーパースター対決TOP5」

と訳できる動画がありました。

こちらです。

NFL公式YouTubeアカウント「Top 5 Superstar Super Bowl Matchups | NFL 」へのリンク

ランキングは以下の通りでした。

5位 イーライ・マニング 対 トム・ブレイディ(第46回)

4位 ブレット・ファーブ 対 テレル・デービス(第32回)

3位 ドリュー・ブリーズ 対 ペイトン・マニング(第44回)

2位 ダン・マリーノ 対 ジョー・モンタナ(第19回)

1位 ロジャー・ストウバック 対 テリー・ブラッドショウ(第13回)


1位は納得です。

RBテレル・デービスを除いては、全員がQBです。


「スーパースター」と言う定義が難しいですが…

とりあえずランキングされたそれぞれの回が終了した時点での、各選手のスーパーボウル優勝回数を書いておきます。

それを指標としてみてみます。

イーライ・マニング:2回

トム・ブレイディ:3回

ブレット・ファーブ:1回

テレル・デービス:1回

ドリュー・ブリーズ:1回

ペイトン・マニング:1回

ダン・マリーノ:0回

ジョー・モンタナ:2回

ロジャー・ストウバック:2回

テリー・ブラッドショウ:3回

5位と1位の合計数が同じなのがおもしろいですが…

イーライにはムラが多いように感じられ、悪いときは、本当にこれがスーパーを2度勝ったQBか、と思えないのです。

2回出たスーパーでのパフォーマンスは素晴らしいんですが…

ブレイディは安定してチームを勝たせてプレイオフに導いています。

ストウバックとブラッドショウは現役時代を見ていないのですが、そのスーパースターぶりはすごかったみたいですから、ここらへんが1位と5位の差かと思います。

4位の第32回では、なぜQBジョン・エルウェイではなく、デービスでなのか、と言う疑問が残ります。

エルウェイはたしかにこの回までスーパーに3回出て一度も勝ててませんでしたが、この時点では、そして多分今でも、デービスよりは上だと思います。

(デービスがすごいRBだったことには異論はないです。

 シーズン2,000ヤードランも達成しましたし。

 ケガさえなければ、歴史的な記録を残していたと思います。)


違う角度から見てみます。

スーパーボウル時代のQBに限って言えば、トム・ブレイディ、ペイトン・マニング、ジョー・モンタナはこのランクには入っておいてほしい選手です。

ではそれぞれの相手で、誰が一番すごかったか、でどの回のをランクインさせるかが決まるでしょう。

ブレイディの相手の中で、最も格がったのは、第36回のカート・ワーナーだったと思います。

ですから、この回をランクインさせてもいいんじゃないかと思うんですが、当時のブレイディがまだスーパースターとはいいがたかったので、イーライとの対戦で妥当かと思います。

ドノバン・マクナブも素晴らしいQBでしたが、スーパーでは勝ったことがないので・・・


ペイトンの相手では、やっぱりブリーズで妥当だと思います。

ラッセル・ウィルソンでもよかったかもしれませんが…

レックス・グロスマンは役不足。

キャム・ニュートンは、まだスーパースターには早いかな…


モンタナの相手では、エルウェイが一番実績があると思うのですが…

対戦した時はまだスーパーに勝ったことがなく、しかも大敗していますので…

ケン・アンダーソン、ブーマー・アサイアソンと比べると、やはりマリーノのほうがふさわしいかと思います。


ストウバックとブラッドショウは、それぞれが一番のスーパースターだったと思います。

ストウバックにはボブ・グリーシーが、ブラッドショウにはフラン・ターケントンと言う名QBを相手とした回がありますが、いずれも対戦時にはスーパーに勝ったことはありませんので。


スーパーボウルの年表を見て、ほかにランクインしてもおかしくない回はないか、と考えてみました。

バート・スターは入れたいところですが、出場した回の相手はいずれもまだスーパースターとはいいがたいので、入ってなくて仕方ないかと思います。

第3回のジョー・ネイマスの相手がジョニー・ユナイタス(先発ではありませんでした)だったら、入ってもよかったでしょう。

逆に、ユナイタスが先発した第5回の相手の先発が、クレイグ・モートンではなくストウバックだったら、入ってもよかったと思います。

第18回では、レッドスキンズからジョー・サイズマン、レイダースからジム・プランケットといいQBが対戦しています。

でも目立ったのはRBマーカス・アレンでした。

第28回のトロイ・エイクマンジム・ケリーもいいQB同士だと思うんですが…

ケリーが一回でもスーパーに勝っていれば、入れるべきです。

そしてこの回は、RBエミット・スミスの活躍と、RBサーマン・トーマスの失敗の印象が強いです。

第45回のアーロン・ロジャースベン・ロスリスバーガーは、TOP10まであれば入れたいです。

こんなところかな…


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック