【MLB】敬遠が申告するだけでもオーケーに?~私が猛反対するわけ

米通信社ESPNによりますと、メジャーリーグでは早ければ来週にも、守備側が申告するだけでボールを4球投げることなく敬遠とみなす、と言うルールが成立するそうです。

おそらく、試合時間短縮のための措置だと思われます。

このニュースが流れた後、ネットでは「猛反対」の声が多く見られました。

私も反対です。

「コリジョンルール」にも反対の声が多いようですが、私は賛成です。

というのは、このルールが、人生を左右しかねない怪我を防ぐために重要な役割を果たすと思えるからです。

野球がつまらなくなった、という声を聞きますが、私は野球を格闘技だと思っていません。

このようにコリジョンルールには賛成の私ですが、敬遠に関しては怪我のリスクを避けると言う理由が考えられません。


それに敬遠には様々なドラマが起こりえます。

守備側はリスク回避のために敬遠を行いますが、そのために無条件に走者をを出したり、ゆるい球を投げる間に盗塁されたり、大きく
外してしまって暴投にになったり、敵地であれば猛烈なブーイングを浴びたり、さらにはゆるい球を投げることでリズムを崩したり、などのリスクを負うことになります。


スポーツ、主に球技はリスクとの兼ね合いを見ることに楽しみがあると考えます。

あるリスクを避けると、他のリスクを負うことになる、そういうところが見ていて楽しいと感じます。

くだんの「申告敬遠」は、その楽しみを奪うことになりますので、私は反対です。


イチロー選手も反対のようです。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

同意ありがとうございます
トンたんさん、コメントありがとうございます。

敬遠はゲーム展開以外のリスクは少なく、ゲーム展開にはリスクがあるので、なくしてしまうのはもったいないと思います。
リスク回避がどう出るかがスポーツのおもしろさの一つだと思います。

コリジョンルールはやはり存在すべきだと思います。
昨日、もういちどコリジョンルールのことを考えてみよう、みたいなタイトルの記事を読みました。
「故障を防ぐのが目的」で導入されたんなら、廃止すべきではないと考えます。
本当は「故障」ではなく「人生を変えるかもしれない負傷」を防ぐのが目的だと考えます。
自分も反対!!
Twitterでお世話になってるトンたんです。
確かに敬遠って奥が深いですよね!
新庄が阪神時代に巨人槙原から敬遠のくそボール打ってサヨナラ勝ちしたときもありましたし。
敬遠で暴投もあります。

投手交代も、敬遠で四球してから、投手交代とか、投手交代してから敬遠かとか。

色々投手によってあるらしいです。

それだけ何らかの守備側のリスクがあります。
そのリスクを申告で終わらせるなんてのは、ちとアメリカの野球のレベルの低さが疑われます。


ちなみにMLBはレベル高いです。だって外国人枠もなく魅力的な選手を確保し、年俸払えるんだから、MLBはレベル高いです。

ところが、アメリカという国の野球に対する見方がやはり、おかしくなってる感じがします。
野球という一風変わったスポーツの魅力を時短なんぞで潰してほしくないです。

衝突防止は実は自分も賛成!
しかし適用出来る審判のレベルではないし、その審判の判定を監視するシステムも曖昧なので。
今までのルールしか無理かな~?と感じてます。

まあ、ルールとしては賛成!
敬遠の申告制は大反対!!です

管理者のみに表示

トラックバック