【ホークス】工藤監督の「玄米を食え」、と言う言葉には疑問を持つ

6月7日の対横浜DeNAベイスターズ戦、福岡ソフトバンクホークスの牧原大成選手は、6回に二塁打を放った際に両足をつり、途中交代したそうです。

これに対し、工藤監督は

「体力がない

玄米を食え」

とアドバイスしたそうです。



玄米と言えば、1982年に就任初年度に西武ライオンズを初優勝させた、広岡達朗監督(当時)のことが思い出されます。

広岡氏も就任とともに玄米食をチームに勧めていました。

その時ルーキーだったのが工藤監督。

その影響なのかな、とか思ってしまいました。


それはさておき、実は私、ここ4~5年、家では玄米を食べています。

これが玄米のごはんです。

20160611玄米ご飯

炊き込みご飯から具を抜いて、色を薄くした感じです。

これは女房が健康のことを考えて始めたことです。

最初はちょっと抵抗があった…ような記憶はありません。

私はあまりそういうのは気にならない性格ですので。

ただ習慣とは恐ろしいもので、今、たまに白米を炊いて家で食べるときは、白米を見て、ものすごく違和感を持つようになりました。

なんかまずそうだな、玄米のほうがいいな、と。


そして食べ始めてから2年たったころ、変化が現れました。

それまで毎年健康診断で引っかかっていたある項目が、引っかからなくなったのです。

女房もそれを狙っていたのですが、見事に功を奏しました。


ただし、玄米を食べ始める前から今に至るまで、私の「足のつりやすさ」はあまりかわりません。

夜中に両脚のふくらじはぎが360度つることがあれば、寝てなくてもなんかの拍子で足の指のあたりがつる、なんてこともあります。

ですから、玄米を食べると足がつりにくくなる、とは、私は思っていません。

それに工藤監督も

「明日がつるから玄米を食え」

と言ったわけではなく

「体力がないから玄米を食え」

と言っていますし。


ところで工藤監督は

「もし何ならオレが(玄米を)取り寄せてやろうか」

と言ったそうですが、特殊な銘柄でなければ普通にスーパーマーケットで売ってます


そして、玄米の難点は、炊飯器によっては炊けないものもあること

そして、5時間ぐらいは水につけておかないと炊き始められないことです。

ですから、急にご飯がいるときは、我が家でも白米を炊きます。


まあとりあえず、私は玄米食をお勧めします。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック