【NFL】「ロジャー・ザ・ドジャー」ことロジャー・ストウバックのこと~ロジャースの次のニックネームか?

グリーンベイ・パッカーズのQBアーロン・ロジャースの魅力の一つは、華麗なドッジング(ディフェンスの選手から逃げること)からの正確なパスだと思います。

ディフェンスにつかまりそうになりながらも、逃げ回り、一瞬のスキをついてパスを通すのは、並大抵のことではないでしょう。

だいたい動きながらのパスになるので、なおさらすごいと思います。

下に、その素晴らしさを思い知らされる動画があります。



(NFL JAPAN「【TOP 100 Players of 2016】6位:QBアーロン・ロジャース」)


ロジャースのニックネームのひとつに「Aロッド」と言うのがあります。

これはまだロジャースが控えだったころに、ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲスにかけられてつけられたもので、その当時は

「名前が似ているとは言え、恐れ多いニックネームをもらったものだ」

と思いました。

しかしすでにスーパーボウルにも一度勝ち、シーズンMVPにも2度輝き、リーグを代表するQBの一人となった今では

「Aロッドと言えば、もはやアーロン・ロジャースだな」

と言っても間違いとは言い切れないでしょう。

そして最近ずっと不思議に思っていたのは、なんであんなにドッジングがうまいのに、ロジャー・ストウバックにかけられて

「Roger The Dodger(ロジャー・ザ・ドジャー)」

とは言われないんだろう、と言うことです。

「ロジャース」のスペルが「Rodgers」で、「d」があるのがオリジナルとは違うところなんですが・・・

それでも

「Rodger The Dodger(ロジャー・ザ・ドジャー)」

でいいじゃないか、と思うんですけどね。


なお、「Roger The Dodger(ロジャー・ザ・ドジャー)」とは、私はゴロがいいのでつけられた、ストウバックがオリジナルの名前だと思っていたんですが、どうも

「The Beano(ザ・ビーノ)」

と言うイギリスのコミックの登場人物がオリジナルのようです。


ところで、2か月ほど前NFLから、その

ロジャー・ストウバック

の動画が公開されました。

「The Top 100: NFL's Greatest Players(NFL史上最も偉大な100人)」シリーズの46位、と言う特集でした。

YouTube動画「#46: Roger Staubach | The Top 100: NFL's Greatest Players | #FlashbackFriday 」へのリンク

この中で、「The Hail Mary」と言われる有名なヘイル・メアリーパスのこと、逆転勝利が多く「Captain Comeback(キャプテン・カムバック)」と呼ばれていたこと、そしてスクランブルの激しさが語られていますが、

「Roger The Dodger(ロジャー・ザ・ドジャー)」

と言われたドッジングのうまさは語られてないようです。

私はストウバックの現役時代には、まだNFLを見ていませんでした。

ですから、ストウバックのことはよく知らないのですが、昔見た「「History of Pro Football」と言う動画でのストウバックのドッジングのうまさはすごかったです。


ロジャー・ストウバックは1970年代にダラス・カウボーイズで活躍したQB。

海軍士官学校でハイズマントロフィーを受賞し1964年にカウボーイズにドラフトされましたが、当時は士官学校卒業生は軍務につく義務がありましたので、それを終え、1969年に入団。

スーパーボウルに4度先発し、2度勝っています。

1960年に創設されたカウボーイズを「アメリカズ・チーム」と呼ばれるほどの全国的人気球団にした功労者の一人だと考えています。

NFLが公表した動画では、ある作家が、

「(1990年代に3度スーパーボウルに勝った)トロイ・エイクマンのほうが成功したと言えるかもしれないが、私はストウバックのほうが偉大だと思う」

と言っているようです。

(誤訳だったらごめんなさい)



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック