【祝!ホークス交流戦勝率1位】「ホークス応援してて面白いのか?」と言う問いかけのこと



(動画「阪神vsソフトバンク 2016/06/19 ダイジェスト」)


昨日福岡ソフトバンクホークスは、2年連続での交流戦最高勝率を決めました。

ホークスファンとしては、本当にありがたいことだと思います。


昨日は途中まで外で家の事をしながら、ニコ生のホークス実況サイトで試合の展開を追っていました。

そして、本腰を入れてテレビで見始めた5回に試合が動きました。

二死満塁で、まず今宮選手が押し出しの四球を選びました。

ホークス先制です。

そして城所選手。

ここでタイムリーが出たら試合展開も楽になるし、首位打者を争っている自身の助けにもなります。

交流戦MVP獲得に向け、印象もよくなります。


カウントが3-1になったとき、テレビで

「ここは一球待ちますかね?」(アナウンサー)

「いや、ストレートと決めていたら振り切っていいと思います」(解説)

と言うようなやり取りがありました。

そやな、ストレート来たら降り切れ、キドコロォ

と思ってみていたら、本当に振り切って、ライトのフェンスをライナーで超えていきました。

まさかの満塁ホームラン \(^o^)/

思わず

「これで交流戦MVP決定や!!」

と、勝率一位と首位打者決定を決めつけてツイートしました。

(城所選手のホームラン動画入りツイート)


ツイッターでは「満塁ホームラン」と「Kdkr」(城所選手のこと)がトレンド入りしてました。

ありがたいことです。

20160619kdkr満塁ホームラントレンド入り



その後試合はホークスリードの5-0で落ち着きましたが、7回裏に2失点し、5-2となりました。

3点差…

「まだまだわからない」と言う展開になりました。

タイガースに流れが行き始めたかもしれないと思えましたが、8回表の二死から内川選手のソロホームランが出て6-2と4点差に突き放しました。

城所選手のグランドスラムはもちろんのこと、武田投手の好投も大きかったですが、この内川選手の一発も大きかったと思います。

この試合の二打席目で併殺打も打ちましたが、この立派な「四番の仕事」ができるのは、さすが内川選手だと思います。

最終回、森投手が2点失いましたが、8-4でホークスが勝ちました。

正確なところはよくわかりませんが、ホークスの勝利が決まる前に、2位の千葉ロッテマリーンズが敗れていたようで、その時点でホークスの交流戦最高勝率が決まっていたようです。


ところでタイトルに入れた

「ホークス応援してて面白いのか?」

と言う言葉は、下記リンク先にありました。

「ソフトB、2年連続の交流戦V 城所が6号満弾、武田はリーグトップ8勝目(ベースボールキング) - Yahoo!ニュース」へのリンク

この中のコメント欄に

「時々「ホークス応援してて面白いのか?」とか言う奴がいるけど
城所の超覚醒とか若手の躍動とか見てて面白くないわけがない。」

と言うのがりました。

なぜ「面白くない」のかと言うと、きっと毎度当たり前のように勝つからでしょう。

私はそういう疑問と言うか嫌味を目にしたことはないですが。

結局、コメントのとおり

「城所の超覚醒とか若手の躍動とか見てて面白くないわけがない。」

のですよ。

今シーズンはここまで、「守備の人」今宮選手の打撃開眼、牧原選手がセカンドに定着しつつあること、東浜投手の安定、そして万年「待機中」の城所選手の超ブレイクなど、開幕前には想像もしなかったことが起きました。

おもしろすぎます

それに、基本的に勝てばおもしろいし、ありがたいですよ。

同じ人しか活躍しなくても。


話しを「城所の超覚醒とか若手の躍動」に戻します。

正確には覚えていませんが、昨日のBS朝日の解説者かアナウンサーが言っていました。

「強いチームと言うのは、主力に当たりが出ない時には、脇役の誰かが当たりを出して勝ってしまう」

とホークスをほめていました。

そういうものか…

そう言えば一昨日の1-0で勝った試合も、今宮選手の見事なスクイズで点をもぎ取りました。

打撃に自信がついたから、ああいうクリエイティブなプレイができたんでしょう。

まさに「脇役の誰かが当てて勝った」試合でした。


福岡ソフトバンクホークスは、本当に応援のし甲斐がある、おもしろいチームだと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック