【ホークス】セ・パ交流戦2016MVPは誰だ?~多分あの人で間違いないだろう

「日本生命セ・パ交流戦 2016」のMVPがここ何日か中に発表されるはずですが…

MVPは勝ち越したリーグの最高勝率チーム、つまり福岡ソフトバンクホークスの選手の中から選ばれることが決まっています。

一昨日、こんな記事を目にしました。

「ソフトバンクが2年連続最高勝率! 交流戦MVPは誰の手に? | BASEBALL KING」へのリンク

私は、本命が城所龍磨選手で、対抗に内川聖一選手、サファテ投手と考えていました。

他にも今宮健太選手と千賀滉大投手もあがってますね。

個人的には城所龍磨選手にあげたいです。

交流戦首位打者も獲得しましたし、これまで表彰とは無縁の選手でしたから。


打率.415は、昨年の秋山翔吾選手(埼玉西武ライオンズ)の交流戦記録.432に迫るものです。

と言いますか、最終打席でヒットを放っていれば.434で超えていたそうです。

城所選手が交流戦首位打者と言うだけでも、開幕前には考えられなかったのに、そこまで迫っていたとは…

なお、交流戦の詳細な個人記録は下記サイトにあります。

「2016年度 交流戦 打撃個人成績 トップ」へのリンク


「2016年度 交流戦 投手成績 トップ」へのリンク


ところで交流戦首位打者について、こんな記事がありました。

「交流戦首位打者は「一流打者」への登竜門 今年は誰が獲得する? | Full-count」へのリンク

去年までの5年は、以下の通りだそうです。

2011年:オリックス・坂口智隆選手

2012年:千葉ロッテ・角中勝也選手

2013年:福岡ソフトバンク・長谷川勇也選手

2014年:東京ヤクルト・山田哲人選手

2015年:埼玉西武・秋山翔吾選手

けっこうなメンバーだなぁ、と驚きます。

そう言えば昨年首位打者の秋山選手も、一昨年までは守備は一流だったものの、打撃はそこそこだったのが、突如開眼した、と言うイメージがあります。

城所選手もそうなれるかなぁ…


打率よりもすごいと思うのが、ホームランを5本も打っていることです。

昨シーズンまでの12年間で1本しか打てなかった選手がですよ。

広島東洋カープで活躍した山本浩二氏は、20代よりも30代の方が多くホームランを打っています。

30代になってホームランバッターとして開眼したそうです。

城所選手もそうなってくれるといいな、と思います。


下のツイートの「※城所選手関連動画はこちら→」の次のURL部分を押すと、「城所選手関連動画」一覧のサイトが表示されます。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック