桐谷美玲のY!mobileのCMと「君の瞳に恋してる」を聴いて、1980年代を思い出す



(桐谷美玲が出演する3本のY!mobileのCMの動画)

最近気になっているのが、桐谷美玲のY!mobile(ワイモバイル)のCM

と言うかそのBGMの「君の瞳に恋してる」が頭の中をぐるぐる回っています。

この歌のことは後で書くとして、下の動画のCMの言うように、

「1980年代。この時代は、訳もなく元気だった。」

と言う言葉にはものすごく説得力を感じます。



(Y!mobile「1980はじまる」 B篇 15秒)

1979年にはエズラ・ヴォーゲルと言う社会学者が

『ジャパン・アズ・ナンバーワン』

(原題:Japan as Number One: Lessons for America)

と言う本を出し、大ヒットしました。

1980年代が始まったとき、私は中学3年生。

すぐに高校に進学し、その後大学へ。

1980年代が終わる1989年には社会人2年生になっていました。


こんな多感な頃に、「日本が一番」みたいなタイトルの本の名前を聞いて。中盤にはかってないほどの円高で不況になったものの、最後にはバブルを迎え

「働けば金は稼げる」

と思うようになっていました。

事実仕事は努力しないでもあり、したらしたなりのお金がもらえました。

経済のことをほとんど知らない私は、こんな状態が終わり、その後20年以上もぱっとした世の中にならないとは、想像もつきませんでした。


私の世代には、日本は世界でも一等国、と言う意識が強いと思います。

もはやそうではないことは、いろんなニュースから感じられるんですが…

私の親の世代は、戦争で何もなくなったころからのスタートでしたから、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われることには感無量だったと思います。

そして子供の世代には、そんな時代があったとは信じられないと言う感じじゃないかと思います。

我々の世代は、「一等国意識」を横に置いて、若者に接する必要があると思います。

「一等国」に返り咲くのが望ましい未来なのかどうかはわかりません。


私にとって80年代は楽しい時代でした。

私が今見ているスポーツや競技は、ほとんどこのころから見始めました。

野球は1975年に見ていましたが、今応援している福岡のホークスを応援するようになったのは1989年です。

1980年に入学した高校が、襟章がラグビーボールの形をしているほどのラグビー熱が高い学校で、さらに1984年に入った大学も強かったので、今でも普通の人よりは見ているほうだと思います。

高校の3年間に部活で、そして大学2年生の時の体育の授業で剣道をしました。

今でも毎年全国選手権は見ています。

そして1989年のライスボウルで初めてアメリカンフットボールを現地観戦し、秋に、グリーンベイ・パッカーズのファンになりました。



「The Instant Replay Game」として知られる、1989年11月5日のシカゴ・ベアーズ対グリーンベイ・パッカーズの試合の動画)


また、芸能面でも洋楽やアイドルの歌が好きで、特にMTVを見るのにははまりました。

今でもYouTubeで当時のものをよく見ています。

今でも一番動画をよく見る谷村有美さんが好きになったのも、1987年のことでした。



(ライブ動画「FEEL ME」1988年9月1日発売の『Face』(フェイス)の収録曲)


そのうちの一曲が、最初に書いた、ボーイズタウンギャングの

「君の瞳に恋してる/can't take my eyes of off you」(1982年)

でした。



(Boys Town Gang - Can't take my eyes off you)

大流行した歌です。

今でも時々テレビ番組の挿入歌としてよく使われているように感じます。


この歌はもともとは1967年5月にフォー・シーズンズのフランキー・ヴァリがソロシングルとして出したものです。

それをボーイズタウンギャングがポップ調にカバーし、大ヒットしたもののようです。



(Can't Take My Eyes off You - Frankie Valli and The 4 Seasons)

いつかまた腰を据えて、1980年代のことを書いてみたいと思います。

それと、今度このシリーズのCMの続編をつくるなら、ディスコっぽい下の

「ザナドゥ」(オリビア・ニュートン・ジョン&エレクトリック・ライト・オーケストラ)

でお願いしたいです。



(Olivia Newton John & ELO - 「Xanadu」の動画)


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

お好きでしたよね
とことこ話さん、コメントありがとうございます。

とことこ話のブログ記事で、デュラン・デュランの話しをした覚えがあります。
とことこ話さんも80'sが好きでしたよね。

しかし「次はザナドゥで」で意見が一致するとは…とても嬉しいです。

これからも時々80'sのことを書いていきます。
私も80年代は印象深いです
MAJIKさん、こんにちは。
Y!mobileのCMには私も見入ってしまいますし、必ず当時を思い返して我ながら何とも言えない表情になっているように思います。(同年代の妻も同じ様子で動きが止まっているような(笑))
80年代は本当に特別な時代でしたね。良くも悪くもそんな時代を学生&社会人の両方で過ごした事は財産、というか貴重な経験んであった事は間違いないなと思っています。

そして。MAJIKさんの「次はザナドゥで」にはまさにドンピシャ!笑ってしまう程に同感です。
久々に倉庫から引っ張り出して聞いてみようかなと思ったのですが、音源がカセットテープ(TDKの)だった事に思い当たり、そこでまた80年代に思いが行ってしまいました。(笑)

管理者のみに表示

トラックバック