【2016年7月17日】「オードリーのオールナイトニッポン」で放送されたこと~若林キューバ行くってよ

2016年7月17日の「オードリーのオールナイトニッポン」で放送されたことをいくつか書きます。

1.オープニングトーク

・前回のネタライブ後の飲み会で、くじらの一言が場を冷めさせたものの、そんなに深い意味ではなかったということ、

・オードリーがブレイクしなかったパラレルワールドで、若林がしていそうなツイートのこと、

・ツイッターと違ってインタスグラムは写真だけだからいいということ、

・「オードリーの二人で飲みに行くんですか?」と尋ねる奴が本当にいるんだぞということ、

・若林は「俺のほうが漫才うまいのに、なんで俺のほうから「稽古やろう」と言わなきゃいけないんだよ」と思っているということ

などが語られました。


その中で考えさせられたのは、「オードリーがブレイクしなかったパラレルワールドで、若林がしていそうなツイートのこと」でした。

「売れるだけがすべてじゃない、とツイートしてそう」

「会社がもっとライブに力入れてくれたらな、とツイートして会社に怒られてそう」

とかが語られました。


ところで…

オードリーがM-1で敗者復活から本戦準優勝まで行かなかったらどうなっているだろう…

と言うのは、たまに私も思います。

と言いますか、あそこまでいったのは本当に奇跡だよな、と思うと言ったほうが良いでしょう。

そして思うのは…

私はそれより前からオードリーのことが好きで、このブログでちょくちょくオードリーのことを書いていました。

ですから、オードリーがブレイクしなかったら、自分のブログの中でオードリーはどう書いてきただろう、と考えます。

ブレイクしていなかったら、「オールナイトニッポン」のパーソナリティや「NFL倶楽部」のMCをやることもなかったかもしれません。

今はこの二つの番組について毎週書いていますが、もしこれらがなかったら、オードリーのことを書く回数は、かなり少なかったと思います。

私がブログを続けられているのは、私にとっては少なくない数の方々が読んでくれているからです。

そう言う方々の中には、この2つの番組がきっかけだった人が多いと考えています。

そして、ブログからSNSでつながってもらった人も多いです。

意外とアメフト方面の人も多いです。

オードリーがブレイクしていなかった、このブログの運命もかなり変わっていたと思います。


2.若林の夏休みはキューバ一人旅

若林はこの夏、5日間の夏休みをもらえるそうです。

それを利用して、キューバへの一人旅に行くべく、準備を進めているそうです。

「キューバ?キューバなんていけるの?」

と春日が大いに驚いていましたが、私もそんな感じです。

「キューバなんて」

と言ったのは、閉鎖された社会主義独裁国家、と言うイメージが強いからだと思います。

(キューバに限らず、ロシアを含む東欧の旧社会主義国に関しては、ずいぶんと自由に行き来できるようになったものだと思います。

春日がフィンスイミングのマスターズワールドカップに行った、チェコについてもそう思います)

しかし最近は、かなりそういうイメージの国ではなくなったようです。

5年ほど前に一部市場経済が導入され、昨年はアメリカと国交を正常化させました。

そして調べてみると、日本とキューバは、フィデル・カストロによるキューバ革命、そして核戦争の一歩手前まで行ったキューバ危機の最中でも、国交を断絶したことはなかったようです。

私はてっきりアメリカに追随して断絶していたものだと思っていました。


話題を若林のことに戻します。

まず若林は旅行代理店に行ったそうですが、ツアーはめんどくさいし、一人旅コースは高いので、自分で手配することに決めたそうです。

で、これが結構大変だったそうです。

まず飛行機のチケットやホテルの確保。

日本からの直行便はなく、アメリカからの便もないため、いったんカナダかメキシコに飛んで、そこからキューバ行きのに乗り換えねばならないそうです。

「一人で航空券とるんだけど、ネットでやるから手ごたえがないんだよね。

プリントアウトした紙に「MASATYASU WAKABAYASHI」と書かれているけど、本当にこれで乗れるのか?

ホテルも予約したけど、同じ不安を感じるよ」(若林)

とのことです。

そして入国に必要なツーリスト・カードを買うため、キューバ大使館に行ったそうです。

(キューバ大使館の場所について、最初「赤羽」と言った後「赤羽橋」と訂正しました。

この二つはいずれも東京都にありますがかなりイメージが違います。)

大使館と言っても「調剤薬局みたい」なところだそうです。

この時に何人かのリトルトゥースの方が写真をツイッターにあげていましたが、こんな感じです。

20160717キューバ大使館

(キューバ大使館の外観)

まさに「調剤薬局」みたいです。

その後は、ネットがほぼ使えないとか、タクシーはあらかじめ交渉して値段を決めておかないとやばい、と言う不安を語っていました。

一人では不安になった若林は、最後に

「日本人の方、もし俺を見かけたら話しかけてください」

と言っていました。


3.春日、DVD発売記念イベントが明日開催

春日は明日しながわ水族館で行われる、ボディビルのDVD第3弾発売記念のイベント

『オードリー春日ボディビルダーへの道3DVD それでも俺はボディビルダー!』発売記念イルカショー&ボディタッチ会

の練習のことを語っていました。

DVDはこんな感じ



イベントについては今週の「ヒルナンデス」でも紹介されたそうですが、詳細については下記リンクサイトに。

「ケイダッシュ・ステージ公式>【7/18(月・祝) オードリー 春日俊彰イルカショー&ボディビルDVD発売記念ボディタッチ会】」へのリンク


DVDの予約サイトはこちらになります。

「オードリー 【Loppi HMV MMJ 限定発売】オードリー春日 ボディビルダーへの道3 それでも俺はボディビルダー!|ローチケHMV」へのリンク

練習2日目、本番と同じくパンツいっちょうでやったら、イルカに違う人だと思われ、指示を聞いてくれなかったそうです。

なお、このイベントのMCは、事務所の後輩の女性二人のコンビのハルカラ。

なんでも、若林が、俺がやろうか、と言ったらDちゃんに断られたそうです。

「若林さんがやると予定調和になるので斬新さがない。

ハルカラにやってもらうことで、新しい絡み、化学反応を見たい。」

と言うのが理由だそうです。

そしてトークの最後、春日はイベントについて俳句風に五七五で意気込みを語ってくれ、と若林に振られ

「あさっては、イルカのショーを やりますよ」

とひねり出していました。


イルカについては、以前、イルカは賢い生物で、昔、猿ではなくイルカが人類に代わって地球を支配する書き物を読んだけど、その時の挿絵、イルカが光線銃を人間にはなっている絵が忘れられない、と書いたことがあります。

ちょっとイメージは違いますが、似たような画像があったので載せておきます。

20160717イルカの惑星の画像

明後日かその翌日は芸能ニュースで春日のこのイベントのことが、テレビやネットで流れるかもしれません。


4.「男の料理」にて

「何のために厨房に来たのか?料理を作るためです、と言った男が作ったお吸い物」

と言うのがありました。

そう言えば昔読んだ漫画「包丁人味平」で、水(お湯)と塩だけで、どちらがおいしいお吸い物をつくれるか、と言う対決を読んだことを思い出しました。

「あれは男の料理だったな」

と思いました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック