気になっていた「クレイジー沙耶香」こと村田沙耶香さんが芥川賞を受賞~さっそく予約しました



(第155回芥川賞・直木賞発表 芥川賞の村田 沙耶香さんの会見動画

ちょっと声が聞きとりにくいですが…)


以前こちらに書いた「ご本、出しときますね?」の感想。

この中で、

「村田沙耶香さんが出演した回が、一番おもしろかった回だった」

「また、登場した作家の中で、誰の小説を最初に読みたいかと聞かれると、たぶん村田沙耶香を最初にあげることになるでしょう。」


と書きました。

その村田沙耶香さんが7月19日に発表された第155回芥川賞を受賞しました。

「コンビニ人間」

と言うタイトルの小説です。

「芥川賞の村田沙耶香氏、コンビニバイト週3回 今後は「店長と相談」 | ORICON STYLE」へのリンク

こちらは本人のツイートです。



トップに置いた受賞の動画を見ますと、「どこの深窓の令嬢さんですか?」とか思ってしまうかもしれませんが、「ご本、出しときますね?」で展開されたトーク、と言いますか、オードリー若林さんに引き出されたエピソードを聞きますと、

「クレイジー沙耶香」

と言われるのがよくわかるものでした。

「Book Bang「「よく抱きつかれる作家」村田沙耶香 オードリー若林に迫られ「変態」にまつわる本をオススメ」へのリンク


以前も書きましたが、私は小説を読まないですし、世の中にどんな作家さんがいるかとか全然知りませんが、村田沙耶香さんのは一度読んでみたいと思いました。

思ったものの全然実行に移そうとしませんでしたが、今回の受賞はいい機会なので、さっそく受賞作

「コンビニ人間」

が載っている

「文學界2016年6月号」

のバックナンバーを取り寄せることにしました。

Amazonでは在庫がなく「この本は現在お取り扱いできません。」とのことでしたが、近所の本屋に問い合わせたら「8月の頭ぐらいになりそうですけど、取り寄せることはできます。」とのことでしたので、その本屋で予約しました。

なんでも、ネット書店からの引き合いが強く、重版されるそうです。

とても楽しみです。

「Amazonのサイト」

にあった「カスタマーレビュー」に

「拾いものは村田沙耶香氏の「コンビニ人間」。始めから終わりまで、ぶれることなくコンビニの話。全く期待していなかったが、身近なコンビニでここまでの話ができるのか、という驚き。」

と言うのを見つけたのも、とても興味をそそる要因となりました。


なお、まだ単行本化されていない「コンビニ人間」ですが、7月27日、来週水曜日に発売されるそうです。





ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック