【ホークス】千賀の「お化けフォーク」は「もろ刃の剣」なのか…

7月23日、福岡ソフトバンクホークスは、先発の千賀投手が降板した後、中継ぎ投手が打たれ逆転負けを喫しました。

ニコ生で実況を聴いていたんですが、降板前の6回、千賀投手はサクサクと三者凡退に抑えたので、なんで降板したんだろうと疑問に思ったんですが…

握力が落ちていたそうです。

「千賀 6回0封も… 握力低下無念降板|西日本新聞」へのリンク

「好投の千賀が握力なくして交代、SB工藤監督「次は修正できるように」 | Full-count」へのリンク


千賀投手はこの日も「お化けフォーク」は絶好調だったようです。



(パ・リーグTVの動画「《THE FEATURE PLAYER》今宵も驚きの落差!! H千賀の『お化けフォーク』」)


しかし、握力を要するフォークは、疲労を加速させる「もろ刃の剣」のようです。

そして千賀投手はローテーションに入ったのは初めてで、一年間それを守り切ることの難しさに直面することでしょう。

同じことは東浜投手にも言えます。


「お化けフォーク」と言うカードをちらつかせながら、それを使わずに長いイニングを投げる。

そう言う駆け引きが必要となってくるでしょう。

以前千賀投手は

「相手が「お化けフォーク」のことを意識しすぎているのに助けられているようにも感じる」

と言っていました。

しかし相手もそういうことは考えてくるでしょう…

難しいところですが、それも野球のおもしろさだと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック