【ホークス】リリーフ陣の整備で底力を見せつけてやれ〜そして攝津が明日復帰

福岡ソフトバンクホークスは、先週末の対北海道日本ハムファイターズ戦を、1勝2敗と負け越しました。

すべて先制した方が負け、と言うのが死闘だったことを表しているように思えます。


この3連戦、ホークスが負け越したのは、リリーフ陣が「らしくなかった」のも一因だと思います。


2戦目は本来ならサファテ投手が9回のマウンドに上がるところでしょうが、前日乱調で、さらに同点の画面で登板して失点するケースが目立ち、

「自分は同点の場面では向いてないのかもしれない」

と自信を失っていたようなので、五十嵐投手をマウンドに送ったのかもしれません。

(抑え投手のリードしていない場面で失点するのは、ある意味仕方がないと考えています)


3戦目は飯田投手が1アウトもとれず、森投手が打たれて3失点。

勝った1戦目も、前述のサファテ投手のほか、スアレス投手も危なっかしいものでした。


とにかく今シーズンのホークスのリリーフ陣は、例年に比べ不調です。

まあ、例年が良すぎたとも考えられますが。

今リリーフで計算できるのは、森福投手とリードしている時のサファテ投手ぐらいだと感じます。

まあこの時期はどのチームの投手にも疲れが出る頃。

今こそホークスの投手陣の層の厚さが活きるときだと思います。

まず岩嵜投手東浜投手をリリーフに回したいです。

岩嵜投手は勝ちパターンのリリーフで計算できると考えます。

東浜投手は未知数ですが、気分転換も兼ねて。

実際先週末はリリーフ待機していたと言う話も読みました。

あと1人、勝ちパターンの投手がほしいです。

今のリリーフ陣は休ませたいです。

寺原投手あたりが復活してくれるとありがたいんですが。

岩嵜投手と東浜投手が抜けた先発陣は、攝津投手、大隣投手、中田投手、バンデンハーク投手でまかなえるでしょう。

実際攝津投手は明日3日の対埼玉西武ライオンズ戦に先発するそうです。


ホークスには絶対的エースと思える投手がいるようには思えませんが、試合を作れる投手は豊富です。

(万が一優勝を逃しても、CSを勝ち抜けるだけの先発陣は揃ってます)

ですから、本来先発できる投手をリリーフにまわせる余力があります。

千賀投手のリリーフとか考えてもいいんじゃないかと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック