【RIZIN】に挑戦する女子アメフト選手、デスティニー・ヤーブロー選手とはどういう選手なのか、鈴木弘子選手に尋ねてみた

9月25日(日)に行われる『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦』に、アメリカから

デスティニー・ヤーブロー選手

(Destanie Yarbrough)

と言う女子アメフト選手が出場することが発表されました。

「【RIZIN】最強女柔術家ギャビ・ガルシアvs現役アメフト選手が決定 - eFight 【イーファイト】 格闘技情報を毎日更新!」へのリンク

「【RIZIN】最強女柔術家に挑む女フットボーラー「世界を震撼させる」 - eFight 【イーファイト】 格闘技情報を毎日更新!」へのリンク

下の動画、前半がアメフト選手としてのヤーブロー選手、後半が格闘家としてのヤーブロー選手のもので、デビュー戦のものがフルで映されています。

フル、と言っても34秒での勝利。

そして最後のテロップは

「この試合のまさに次の日、彼女はアメリカンフットボールの試合に出て、チームは76-0で勝利した」

というものです。



調べてみたところ、このデビュー戦は現地時間で2016年4月1日で、次の日はWFAの開幕戦でした。

この試合でヤーブロー選手がどういう活躍をしたのか、調べてみましたがわかりませんでした。


もうちょっと詳しく調べてみました。

デスティニー・ヤーブロー選手、アメリカの現役女子アメリカンフットボールの選手で、WFAと言うリーグのCENTRAL CAL WAR ANGELSと言うチームに所属。

背番号は26で、ポジションはオフェンスではRB(ランニングバック:ボール持って走るポジション)で、ディフェンスではDE(ディフェンスエンド:守備の最前線の選手)です

(偶然ですがオードリーの若林さんは高校時代RBで、春日さんはDEです)

どちらかと言うとRB主体でプレイしているようで、ラッシングヤードはリーグ4位で、タッチダウン数は5位です。

今年もオールスターチームにも選ばれているすごい選手です。


その選手について、同じWFAでプレイしている鈴木弘子選手がヤーブロー選手と仲良しだと言う話しを聞きました。

20160917鈴木選手とヤーブロー選手の画像

(右側がヤーブロー選手)

こんな感じで、デスティニー・ヤーブロー選手がRIZINに出ることをブログに書かれてます。

「鈴木弘子『アメフト選手からプロ挌闘家へ』」へのリンク

「鈴木弘子『だっ、大丈夫か、ディストニー』」へのリンク


なお、デスティニー・ヤーブロー選手の格闘技デビュー戦については、こんな感想を書かれています。

「鈴木弘子『速報!秒殺!』」へのリンク

なんか最初の方に書いた記事以上にすごそうな選手です。


いったいアメフトではどんな選手なのか?

鈴木弘子選手に尋ねてみました。

「初めて対戦したのは多分6年前、WFAとは違うIWFLと言うリーグでのことだと思います。

その時は私がカリフォルニアクエイクのC(センター)で、彼女はLAアマゾンズ(のNG)ノーズガードでした。」

鈴木選手はオフェンス(攻撃)の選手で、ヤーブロー選手はディフェンス(守備)だったというわけです。

「事前に監督から、

「ヤーブロー選手は高校で男子と一緒にアメフトやってたから、めちゃくちゃ強いから。」と

言われてました。

試合始まったら、ほんとめちゃ強くて、スタートが速くて体重があるし…

また、ボディバランスが良くて、凄く手こずりました。

なんとか彼女がQBをタックルするのを防ぎました。」


この時鈴木選手のチームはQBにパスを投げさせようとしていたようで、そのヤーブロー選手はそのQBをつぶそうとして突進。

鈴木選手はそのヤーブロー選手からQBを守ろうとして、なんとか成功したようです。


「反対に、私が守備でDE(ディフェンスエンド)のポジションに入って、彼女がRBだった時は、彼女の腰回りが太いので、手が回らずタックルできませんでした。

コーチにそのことを言うと、

「とにかくどこでも良いから掴め、後はラインバッカー(LB:DEの後ろにいる守備の選手)が援護する」

と言われましたんで、夢中で彼女にしがみつき、ラインバッカーがタックルに来るのを待ってた思い出があります。」

そういうことですか…


ヤーブロー選手の動画を見ましたが、RBの割にはそんなに脚が速いとは思えないんですが、とにかくタックルされない

なんで?

俊敏でカットがうまい、とも思ったんですが、それ以外に体型がタックルしにくいものだった、と言うことでした。

ですから、今シーズンも含めオールスターの常連で、3年前にはアメリカ代表にも選ばれた鈴木弘子選手の程の選手をもってしても、持て余していた、と言うのがよくわかりました。


また、こんな話も

「ヤーブロー選手は女性用のショルダーパットをしているんで、つかむところがありません。

さっき言ったように、しがみついて味方の援護を待つか、かなり体の下を狙うか。

でも下を狙うと私の上に彼女が倒れて来るので、つらいです。」


ん?

女性用のショルダーパッドって何?

それに女子選手って女性用のものをつけてるんじゃないのかな・・・

実は「女性用のショルダーパッド」には胸を守るパッドが付いていて、それが合う合わないがあるので、男性用のショルダーパッドをしている選手が多いそうです。

それにしても、巨漢の彼女(身長175cm、体重98kg)が上にのっかかると、たしかにつらそうです。


ちなみに鈴木弘子選手のチーム、Pacific Warriorsヤーブロー選手のCentral Cal War Angelsとは同じ地区。

鈴木弘子選手のチーム(鈴木選手はこのチームのオーナーでもあります)は今シーズンのレギュラーシーズンゲームでは2敗しかしていないのですが、その2敗ともヤーブロー選手のチームによるものです。

こちらが2人が対戦した試合の動画。



ヤーブロー選手の活躍ぶりを撮影したものです。

前半25秒まではRBとして。

後半26秒からはディフェンスの選手として映っています。

赤いほうのチームで79番が鈴木弘子選手なのですが、後半にところどころ映っています。

ボールを工法のQBにスナップしている選手が鈴木弘子選手です。


4月9日に対戦した時のことを、鈴木弘子選手はブログに書いています。

「鈴木弘子『回顧録~試合開始』」へのリンク

かなりヤーブロー選手のことが書かれています。

「わかっているのに止まらない。」

そうです。

この試合はブログでは3話にわかれています。

その3つ目にもヤーブロー選手のことが。

「鈴木弘子『回顧録~後半』」へのリンク

「ディストニーは、

依然としてタックラーを引きづり

3ヤードは確実に取っている。」


すごい選手ですわ。


こんな選手が9月25日、今週末の日曜日にRIZINでどんな活躍をしてくれるのか、楽しみです。

「(最後は)自分の階級の選手たちを全員圧倒して最強になりたい」

と言っているヤーブロー選手。

その夢の始まりの試合となるのか?楽しみです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック