【ホークス】3年連続CS進出決定~優勝できなければ工藤監督が「進退伺」?

福岡ソフトバンクホークスは9月9日の試合に敗れ、北海道日本ハムファイターズに敗れましたが、東北楽天イーグルスの敗戦により、CS(クライマックスシリーズ)進出を決めました、

同日にはファイターズのCS進出も決定。

両チームともCS進出は3年連続8度目の進出。

8度のCS進出はパ・リーグ最多で、2004~06年のプレーオフを含めるとホークスが通算11度目(最多)、ファイターズは通算10度目だそうです。

「日本ハム、ソフトバンクがCS進出決める  :日本経済新聞」へのリンク

こちらはコメントが付いたYahoo!トピックス

「首位陥落ソフトB 2位でも「CS有利情報」頼み(東スポWeb) - Yahoo!ニュース」へのリンク

ホークスに対してかなり手厳しコメントが並びますが、最近の成績ではしょうがないかな、と思います。

それにしても、自分のブログに関しても思うことですが、ネット記事って正確に読まれないことが少なくないな、と感じます。

と言いますのは、

「まさかと思うが記事の通り、現時点で監督や選手が2位で良いとか
思ってるんだったら、ふざけるなと言いたい。」

と言うコメントがあったからです。

「ポジティブな情報に心を救われている。」

「チーム関係者は「今は少しでもいい情報があるのは、ありがたい。気休めだけど…」と、無理やり明るく振る舞った。」

と言うあたりを

「現時点で監督や選手が2位で良いとか思ってる」

と解釈したんでしょうが、そうは明記されてないです。

私としても現時点でそんなことを思っていたんなら頭に来ます。

それだけデリケートな内容なので、もう少しコメントには慎重になってほしいと願います。


ところで、少し前にこんな記事がありました。

「ソフトバンクV逸なら工藤監督「進退伺」|東スポWEB」へのリンク

福岡ソフトバンクホークスが今シーズン優勝できない可能性は十分にあります。

しかしその可能性はいつだってあるわけで、仮にそうなっても相手があることなのでしょうがないでしょう。

ですが、一時期11.5あったゲーム差をひっくり返されたのは、けっこうこたえます。


私が知る限り、ホークスの歴史の中には10ゲーム差以上をひっくり返されて優勝を逃したことが2度あります。

1958年は11ゲーム差を西鉄ライオンズにひっくり返されました。

1963年には、同じくライオンズに14ゲーム差をひっくり返されました。

しかしそれで進退伺を出したとか、聞いたことがありませんし、ましてや監督交代が起きたことはありません。

まあ時の監督が鶴岡監督で、特別な立場にいたとも考えられます。

それに「進退伺を出した」程度のことは歴史として残らないことかもしれません。


私は現時点で6割超の勝率を残している監督が、進退伺を出す必要はない、と考えます。

6割の勝率と言えば通常のシーズンであれば優勝していることの方が多いんじゃないでしょうか。

ただ、今後勝率があがることは考えにくく、5割台におちることは十分にあり得ると思います。

まあそれでも、よくやってくれていると思います。

これはずっと書いてきましたが、はたから見るほど、ホークスの戦力は群を抜いていると思えませんし、タレントに額面通りの活躍をさせるのも、簡単なことではないと思いますので。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック