【バファローズ】エリック・コーディエ投手の退団がとても残念な理由〜一緒に盛り上がりたかった

オリックスバファローズは、今シーズン在籍した7人の外国人選手のうち、6人に戦力外通告をする模様です。

その中で、とても残念なのは

エリック・コーディエ投手

です。


正直なところ、私は彼がプレイする姿を見たことがありません。

しかし、彼は特別な選手です

それは、私が米プロアメフトリーグNFLのグリーンベイ・パッカーズの大ファンで、コーディエ投手がそのウィスコンシン州グリーンベイ市の出身だからです。


なんでぇ、たったそんなことか、ではないんですよ。

私がニューヨークやシカゴのような大都市のチームのファンだったら、そこから日本に来る選手がいても、それほど特別な感情を持たなかったと思います。

そんな人はたくさんいるでしょうから。

北米4大メジャープロスポーツのチームを持つ街の中で、一番小さいのがグリーンベイ市。

グリーンベイ市は、アメリカでも「アメフトチームがなかったら誰も知らない街」と言われ、おそらく日本ではアメフトファン以外の人にはほとんど知られていないでしょう。

そんな小さな街から、奇跡的に日本にやってきたのが、コーディエ投手なのです。

グリーンベイ市民にとって、パッカーズは生活そのものだと読むことがよくあります。

日本で言えば、広島市民とカープの関係になるかと思います。

コーディエ投手も例外ではなく、パッカーズを応援するツイートをたまにしています。

例えばこれ。



アンダーアーマからパッカーズを応援する言葉

「 GoPackGo」

の文字入りのグラブを贈られたことを喜ぶツイートのようです。

やはりグリーンベイ市民のコーディエ投手は、パッカーズのファンなのです。


一カ月ほど前にコーディエ投手がグリーンベイ市から来たのを知った時はとても嬉しかったです。

私と同じくパッカーズのファンで、関西に住む人の1人は

「パッカーズのユニフォームを着来てファームの試合に応援に行こうかな」

とも言ってました。


来シーズン以降、日本のどこかの球団が、コーディエ投手と契約してくれることを激しく望みます。

そしてそのあかつきには、われわれ日本のパッカーズファンと一緒に、どこかのスポーツバーでパッカーズの試合を観戦したいです。

Go Pack Go !

と叫びながら




ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック