【2016年9月18日】「オードリーのオールナイトニッポン」で放送されたこと~話題に上がった日本人の大学アメフト選手とは?

2016年9月18日の「オードリーのオールナイトニッポン」で放送されたことを書きます。

今回はいつもと比べるとアメフトの話しが多くて、アメフトファンの私としてはとてもうれしかったです。

1.春日が拾えなかった「エリア51」

オープニングで、春日が若林のボケをいくつも拾っていってつっこんでいました。

それについて若林は

「拾うねぇ~、鳥谷か」

とか言っていました。

鳥谷とは阪神タイガースの鳥谷敬選手のことで、春日も言っていましたが、守備が優秀な選手に贈られる「ゴールデングラブ賞」も受賞しているほどの選手です。

金本知憲監督の現役時代、晩年は自身のレフトの守備範囲が狭くなっていて、それをショートの鳥谷選手がカバーしていたため

「ショフト」

とよくネットで書かれていました。

しかし春日は

「エリア51」

は拾えませんでした。

多分よく聞き取れなかったのでしょう。

春日が知らないとは思えないです。

「エリア51」とは、MLBのイチロー選手が守る守備範囲のことです。

「51」とは彼の背番号なのでそう呼ばれたのもあるのですが…

もともとは、米軍がUFOなどを隠している施設のことを「エリア51」と言っていたことによります。

米軍は「エリア51」の存在を認めていませんでしたが、最近ようやく認めた、と言うニュースを見た覚えがあります。

ただし、そこのUFOを隠しているとは言っていません。


2.マギーのツイートの時刻について

先週の放送で

「誰が奥さん、または彼女なら嫉妬されるか?」

と言う話題で、春日がマギーだと答えてました。

そこで、マギーより上、下、と言う意味(だったかなぁ…)で

「マギーライン」

と言う言葉ができ、番組が盛り上がっていたのですが、そのことをマギー本人が知って、Twitterに投稿していたそうです。

探してみると、たしかにあります。



おお、バレてる、バレてる

しかもそれに対するリツイートがおもしろい、と言うことで今週の放送が盛り上がったのですが…

ひとつ不思議なことが。

例のマギーの投稿が

「10:00 - 2016年9月10日」

に投稿されていることです。

先週の放送は、9月11日の01:00~03:00です。

これはおかしい、時空を超えている、とまるで超常現象みたいなように盛り上がってました。

これはおかしいことでもなんでもなく、Twitterの公式サイトでは、日本時刻では表示されていないだけの話しです。

(ただし米東部標準時間でもなさそうです)

他のクライアントサイトで見ると、以下のように表示されます。

20160918マギーラインの正しい時刻

ちゃんと、放送終了後の9月11日朝5時にツイートされていることがわかります。

おそらくオードリーの二人、さらにチーム付け焼刃全員がこのことを知らないことはないと思います。

多分「超常現象」にしておけば盛り上がるかな、と思って、そのまま知らないていで行ったんじゃないかと思います。


3.「表デルヤ」

何かの拍子で春日が

「表へ出ろ」

と叫んだことから、若林が春日に

「おまえ、「表デルヤ」に改名しろや。

俺が「裏デナイ」に改名して「表裏」と言うコンビでシュールネタやろうぜ」


と言っていました。

ここから若林が春日のことを「デルヤ」と呼び続けていました。

先週の「ちょきんにくん」みたいに、この番組ではよくあることです。

私としては、シュールネタをやるんなら「裏表」にしたほうが、しっくりくると考えます。


4.ようやく「体育会TV」で若林のアメフトの収録がオンエア

ここ最近、若林は

「いつになったら「体育会TV」は俺のアメフトの収録放送してくれるんだ」

と叫んでいましたが、昨日の放送でようやくオンエアされました。



この放送で、「アメフト関係者から、「良かった」の声もらった」そうです。

不満だったのは、この収録で、春日が全然笑ってなかったことだそうです。

私もこの放送見ましたが、春日は普通にプレゼンを聞いていて、若林が用意した動画を、「へー」とか「すごいねー」とか思ってみていて、若林に

「援護射撃が少ない」

と言われていました。

でも、とにかくゴールデンでアメフトが紹介できたことが、とても幸せだったそうです。

そりゃそうでしょうね。

アメフトファンの方々や関係者もそう思っていると思いますし、私もそうです。

そして

「スタッフはNFLの開幕(先週)に合わせて、放送してくれたのかもしれないね。

収録はスーパーボウル直後(2月)だったけど。

それなのに毎週「どうなってんだ「体育会TV」」って吠えてて…謝罪したい」


と若林は言っていました。

ちょろっとだけ「体育会TV」の感想を書かせてもらいますと…

一番印象に残ったのは、若林はどういう気持ちでトム・ブレイディのことを紹介したんだろう、と言う疑問です。

若林はずっと、

「親父も俺も、ブレイディが嫌い」

と言っていますが、2014年シーズンの終わりごろ、「NFL倶楽部」の番線動画で

「最近ブレイディのことが好きになってきた」

と言っていました。

でも、「NFL倶楽部」を見ていると、今でも、「ブレイディをなんとかしろよ」とディスりに近いことも言っています。

どういう気持ちでブレイディのことを、

「イケメンで、奥さんがスーパーモデルのジゼル・ブンチェンで、大金持ちで…すごいでしょ、この選手」

と紹介したんだろう、と思ってしまいました。

なお、ブレイディが嫌いなファンは結構多く、若林と若林のお父さんが特殊なわけではないです。


5.アメリカにいる日本人大学選手

「アメフト人気が出るには、日本人のNFL選手が出るしかない。

でもそれはとても難しく、とにかくコミュニケーションがアメリカ人と普通にとれないといけない。

だから、大学の時からアメリカに留学して、コミュニケーション力を磨くとかね。」(若林)

「今ひとりいるでしょう。

センターの選手が」(春日)

と言うやりとりがありました。

春日が言った選手は、UCLA(カリフォルニア大学ロサンジェルス校)の、

庄島辰尭 (しょうじまたつあき) 選手

です。

センター(C)とは、攻撃チームの一番前の真ん中のポジションの選手。

この選手がボールをQBにスナップすることで、プレイが始まります。

この庄島選手、最近試合に途中出場して、アメフトファンの間では大きな話題となりました。

「体育会TV」に出演していたラグビーの山田章仁選手もツイートしています。



庄島選手については、この記事が一番いいと思います。

「UCLAアメフトチームで 活躍する日本人庄島辰尭 (しょうじまたつあき) 選手 | US FrontLine」へのリンク

これを書かれた方のツイートは、いつもおもしろく、よくブログネタにさせてもらってます。

(私も庄島選手のことを一昨日書きましたので、読んでもらえると嬉しいです

「【アメフト】庄島“ジオ”辰尭選手が、日本人で初めて米大学アメフト公式試合に出場~About Gyo Shojima of UCLA Bruins」へのリンク

大きな話題となったのは、日本人で初めて、米大学のメジャー校の試合に出場したからです。

つまり、つい最近まで、日本人はNFLの公式戦に出たことがない、どころか、大学の試合にも出たことがなかったのです。

NFLはそこまで遠い存在なのですが、庄島選手にはかなりの可能性を感じます。

なお、下記記事のようにアメリカの大手のサイトでもニュースになったほどです。

「UCLA's Gyo Shojima makes history as first Japanese-born to appear in FBS game」へのリンク

Googleで「shojima」でニュース検索すれば、この手の記事がたくさんあります。

それほどまでの快挙です。


前述のとおり、庄島選手には大きな可能性はあると思いますが、まだ「有名校の控え選手」であり、NFLに入れるかどうかは微妙なところだと思います。

ただ、もし庄島選手がNFLでプレイすることになったら、日本ではほとんど知られていない選手なのに、リトルトゥースはその選手を知っていた、と言うことになるでしょう。

そうなると面白いな、とか考えてしまいます。


6.ドレミファドン

春日のトークは「ドレミファドン」に出た話しでした。

散々な結果に終わったようです。

ところで私、「ドレミファドン」のようなイントロ当てクイズはすごく得意なんですよ。

よく覚えてないんですが、高校の文化祭で、たしかすごくいい成績を出した記憶があり、大学のサークルの大会でも優勝した覚えがあります。

最近の歌はよくしらないので自信はないですが、80年代のものに絞れば、かなり行けると思います。

エンディングで春日が若林に出したもののすぐにわかりました。

いまそう言う大会とかあったら出たいなぁ~


他にも今回書きたい話題(若林が財布を紛失した話しとか)がいくつかあるのですが、他のことをする時間となりましたので、今回はここまでとさせてください。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック