【アメフト】時速32kmで動く、タックル練習用ロボット「MVP」が興味深い

米アイビーリーグのダートマス大学は、アメリカンフットボールの練習で、

「MVP」

と言うタックルマシーンを導入しているそうです。

「不気味かわいい? アメフトのタックル練習用ロボット「MVP」が駆ける!|ギズモード・ジャパン」へのリンク

20160922タックルロボットMVPの画像

(Twitterからの拾い物。タックルロボット「MVP」の画像)

このMVPですが、時速32kmで動くそうです

この手のタックルマシーン(タックルダミーのほうが正しい表記かも)は、半年ほど前にも動画を見た覚えがありますが、その時はもう少し遅かったように思います。

動画を見てみたら…



(動画「Tackle This: Football’s Newest MVP is a Robot」)

けっこう素早い。

「遅いな」と思った時の記事でも、相手が動かないのと、動くのでは、練習の成果が大きく違う、と書かれてたと思います。

今回の「MVP」、これだけ速く動けるんであれば、かなりの練習になるんじゃないかと思います。


ところで、これにAIを入れて特定の選手の動きをさせる、タックルを避ける動きを学習させる、とかしたら面白いことになりそうだと思いました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック