【2016年WEEK2】「オードリーのNFL倶楽部」で放送されたこと~春日と滝アナの「NFL倶楽部ボウル」勝ったのは?

2016年9月24日に放送された「オードリーNFL倶楽部」で放送されたことなどを書きます。

1.GB@MIN

ミネソタ・バイキングスの新本拠地のこけら落としの試合となった、ミネソタ・バイキングス対グリーンベイ・パッカーズの試合は、今週最も注目されたカードだと思いますが、まずその試合のダイジェストが流されました。



(NFL JAPAN「【NFL2016年第2週】QBブラッドフォードが大活躍! バイキングスがパッカーズに勝利」の動画)

この試合バイキングスは2010年ドラフト全体で1位指名を受けたサム・ブラッドフォードが先発。

セントルイス・ラムズに入団、その後フィラデルフィア・イーグルスにトレードで移籍したもののぱっとしませんでした。

今シーズン開幕前に、先発QBティディ・ブリッジウォーターが負傷したため、バイキングスが急きょイーグルスからドラフト1巡と4巡指名権とともに獲得。

WEEK1はまだチームのプレイに慣れていなかったからか、先発はしませんでしたが、この試合では満を持しての出場となりました。

試合は下馬評通りパッカーズが先制し、ディフェンス、特にバイキングスの大エースRBエイドリアン・ピーターソンを止め続ける展開となりました。

しかもブラッドフォードが右手を負傷。

一時ロッカールームに下がるも、そこから奮起。

TDパスとFGに結びつけ、前半10-7とバイキングスリードでで折り返すことになりました。

後半も1TDを追加。

しかしパッカーズも、実は走れるQBアーロン・ロジャースがTDランで3点差に迫りましたが、反撃もここまで。

最後はロジャースのパスを、CBトラエ・ウェインズがインターセプトして試合は決まりました。

勝ったバイキングスでしたが、試合中にRBピーターソンが負傷退場。

どうも重症のようです。

「NFL JAPAN.COM|バイキングスRBピーターソン、半月板を損傷」へのリンク

ただ、ブラッドフォードのパスだけでもかなり進むことを、この試合で証明できました。

一方のパッカーズは、バイキングスのDB陣に苦しめられ、ロジャースのQBレイティングは70点台。

バイキングスDB陣は反則すれすれや、反則も犯しましたが、完璧なパスカバーで、ロジャースはパスを投げられずに5サックを受けました。

昨シーズン後半から、どうもロジャースは不調のようです。


スタジオで滝アナが、ブラッドフォードのレイティングが121.1だと紹介したのに続き

「158.3が満点で、100超えると優秀、120超えるとかなり優秀だと聞きました」(滝菜月アナ)

と言うと

若林は感心し、春日は「へー、そうなんだ」と言う感じのリアクションをしていました。

だいたいそんなもんだと思います。


なおこの試合、私は「パッカーズ観戦オフ会」と言う会で、スポーツバーで、20人のパッカーズファンとともに観戦しました。

また、私のTwitterつながりの人に、この新スタジアムの年間チケットを持っているバイキングスファンの女性がいるんですが、この日は都合がつかず、家での観戦だったそうです。


2.若林の熱視線

今回はプレイアクションパスと言うプチ・トリックプレイ。

まず2Q残り15:00でバイキングスのブラッドフォードがRBにボールをハンドオフ。

これは後退してしまいますが、伏線となりました。

その次に2Q残り2:36で、ブラッドフォードがRBにボールを渡すふりをして、そこからパスを投げます。

上に置いた動画の01:32からのプレイです。

そしてそのロングパスが通りました。

この「ランと見せかけてパスを投げるプレイ」が「プレイアクションパス」です。

このプレイはうまいQBもいれば、そうでもないQBもいます。

うまいQBになると、カメラもつられてボールを持ってないRBを追いかけてしまったりします。

また、あらかじめランプレイを仕込んでいて、これがけっこう成功していると、ディフェンスはランを警戒しますので、いっそうつられてしまいます。


そして今週の若林の一言

高校生フットボーラーあるあるで

「プレイアクションに引っかかってRBにタックルしてきたLBに、RBが小さい声で「ばーか」と言ってしまう。ダメだよ」

と言うものでした。


3.NFL倶楽部ボウル

春日が応援するタンパベイ・バッカニアーズと、滝アナが応援するアリゾナ・カージナルスが対戦しました。

結果はカージナルスが大勝。



(NFL JAPAN「【NFL2016年第2週】カーディナルスがバッカニアーズに快勝」の動画)

春日が一押しのQBウィンストンはインターセプトを多発。

滝アナのWRフィッツジェラルドは活躍していました。

バッカニアーズは先週大勝しましたが、春日が応援すると発表してからの大敗。

Twitterでは「春日の呪い」が言われていましたが、私は単に実力差だと思います。

試合前のオッズでも10ポイントカージナルスがリードしていて、まず間違いなくカージナルスが勝つだろうと言われてましたから。


4.えみつーん

今週はニューイングランド・ペイトリオッツの本拠、ジレットスタジアムにて取材。

このことは小池絵未さんが取材中にツイートしていました。



現在デフレゲートの件で出場停止中のQBトム・ブレイディに代わり先発をつとめるジミー・ガロポロ。

初戦は無難に勝利しましたので、ファンに彼の印象を尋ねてました。

「彼はブレイディの後を立派に継ぐ、「ニュー・ブレイディ」だ」

みたいな称賛の声ばかりでした。

この日の試合は、ペイトリオッツはマイアミ・ドルフィンズに勝利。

試合後、ビル・ベリチックHCは、珍しく感情的になってガロポロを抱きしめていたそうです。

なお、後でダイジェストで出てきましたが、ガロポロはこの試合で負傷退場。

次戦のヒューストン・テキサンズ戦は、ルーキーQBジャコビー・ブリセットが出場するそうです。

(といいますか、この試合は昨日の午前中に行われましたので、結果は出ています)


5.「今週のハドル」

今週は、

学習院大学アメリカンフットボール部GENERALS

が紹介されていました。

公式アカウントも予告していました。



このアイコンのヘルメットのデカール(マーク)を見ると、グリーンベイ・パッカーズのものに似ていますが、こういうチームは米カレッジにもあります。

GENERALSは関東学生2部リーグBブロックに所属しています。

今シーズンの新歓PVがありました。



(動画「学習院大学アメリカンフットボール部 Generals 2016年 PV」)

ホームページはこちら

「学習院大学アメリカンフットボール部 GENERALS 公式サイト」へのリンク


6.「春日の2ミニッツワーニング」

今週春日に与えられた時間は、1:05

その中で、来週相武紗季さんが出演することが明かされ、

「相武君、いや紗季が、今シーズン呪いをかけるのは誰なのか予想したい」

とお題が発表されました。

どうも今年はRBを応援するんじゃないか、ニューヨーク・ジャイアンツが好きとも聞いている、と言ったあたりで時間が無くなりました。

RBか…

そう言えば昨シーズン、実はセントルイス・ラムズも好き、と言っていて、RB#30トッド・ガーリーのプレイを食い入るように見ていたことがありましたので、ひょっとしたらそのガーリーとロサンジェルス・ラムズを応援するのかもしれません。

トッド・ガーリーはルーキーだった昨シーズンは1,106ヤードを走り、一流RBの仲間入りをしましたが、今シーズンはちょっと不調のようです。

2試合を終わって98ヤードと、まだ100ヤード。

1回の平均獲得ヤードが2.7ヤードはちょっと…

一流RBなら4ヤードは欲しいところです。

まあでもシーズンは始まったばかりですから。

昨シーズンの活躍ぶりを見る限り、いいRBだと思います。


7.テキサンズは連勝

その他のダイジェストで、ヒューストン・テキサンズがカンザスシティ・チーフスに勝ちました。

これはどちらかと言うとアップセットだと思います。

「いや2週目にしてスーパーボウルが見えてきましたよ。ブッシュー」(若林)

とのことでした。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック