「ラグビー観戦に行ったら、全然楽しくなかった」と言うブログを読んで思ったこと~スポーツ観戦好きにもいろいろいるんだな

少し前の話しですが…スポーツ観戦を趣味にしている人でも、いろいろといるんだな、と思った話しを書きます。

こんなブログ記事がFacebookで流れてきました。

「生まれて初めてラグビー観戦に行ったら、全然楽しくなかったのでもう二度と行かないだろうと思った話。 - なおやが稀に書くブログ」へのリンク

私は詳しくはないですが、ラグビーもたまに見ますので、気になって読んでみました。

ちょっとだけ読んでみましたんで感想を書いておきます。

(こういう波紋を呼んだブログについて、きちんと読まずに書く私がどうかしている、と言われてもしょうがないのはわかってます)


最初にこう言う結論がありました。

「結論から言うと、全く楽しくなかったのでもう二度と行かないと思います!(`・ω・´)
正しくは、「また行きたいとは思わないな」「これっきりでいいや」と思いました。 」

なんでそう思ったか、ますます気になりました。長かったので全部は読まなかったのですが、気になったのはこの部分

「がっかりポイントⅠ:『試合』以外の要素が殆どなんにもない(´・ω・`)

僕が定期的に見に行く、野球やサッカー、バスケにフットサル、もっと言うとアイスホッケーですら←、試合をする際は会場でお客さんを楽しませてくれる様々なイベントや飲食、BGMやMCによる演出があります。
でも、その辺りがほぼ全て無し(´・ω・`)
選手入場の際にちょっとしたBGMがちょろっと流れただけじゃないかな?!
ハーフタイムにファンクラブ専用イベントがちょろっとやってた気もするな、そういえば、、、。 」

え~、そんなもんなのか…

私なんか、スポーツの試合に、基本的には試合以外の要素は求めませんし、余計なイベントやショーアップはいいから、早く試合やろうよ、と考えてます。

野球の試合の途中に花火とか、グラウンドキーパーの「YMCA」とか、いらんわぁ~、と思います。

ラグビーとかアメリカンフットボールのハーフタイムは、選手が休む時間であり、作戦を練りなおしたり確認したりする時間帯で、試合の一部だと思いますので、それは必要だと思います。

ですから、その間にハーフタイムショーをやるのはいいかと思います。

でも前述の野球の試合の試合中のイベントって要りますか?と疑問に思うのですが…

昔はそんなのなかったじゃん

(サッカーは見ないのでよくわかりません)


それに…

何年か前に久しぶりに大学ラグビーの試合を見に行った時すでに、

「最近のラグビーってショーアップされすぎてるな」

と違和感を持ったものです。

昔は自然に試合が始まって、たんたんと試合が行われ、終わったものでした。

今はどうかわかりませんが、観客席も当時は組織だった応援もなく、動きがないときは観客は静かで、山場では自然に声が大きくなったものでした。

そういう空気が好きだったんですが…


そして

「がっかりポイントⅡ:試合がしょっぱかった 」

から、そのスポーツは二度と行かない、と言うのは、残念にもほどがあるな、と思います。

そんなん、たまたまやん…

競技自体がしょっぱいのであればしょうがないですが、たまたまその試合が一方的になったからって全否定するのは、そのスポーツに失礼だと思います。

スポーツ観戦者が言うことではないでしょう。





最後に…

私はスポーツや武道について書くとき、緊張して書くことが多いです。

それは、選手の方々やコーチの方々に失礼がないように、明後日の方を向いた筋違いのことを書かないようにしたいからです。

この方は…

そう言うことは気にしないのかな、すごいな…

自分にはとても書けない、と言うかこんなことが書けるようにはなりたくないな、と思えるブログ記事でした。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~


追記


このブログには続編があります。

「ボロカス言われたけど、それでもラグビーに期待したいと改めて思った。 ~『ラグビーつまらないブログ』の続き~ - なおやが稀に書くブログ」へのリンク

これも全部読んでませんが、がっかりしたのはこちら

「こういう『知識のない人』を拾い上げるような事はネットや会場内で何かをしてくれないと......(´・ω・`)
それはアマチュアリズムというより初心者向けの怠慢でしょ......(´・ω・`) 」

この箇所だけではなく、いくつかの箇所で

「○○してほしかった」

とあります。

しかも「怠慢」と言い切るなんて…

私生活や仕事でも、こんなに「人のせい」にする人なのかな…

逆にこの方は、サッカーによく行かれるみたいですが、サッカーが行われている会場で、私のような事情をよく知らない人が右往左往していると、

「下調べしてから来いよ」

とか思うんじゃないの?

なんて意地悪く思いました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

人それぞれの意見があっていいと思うが。
こんな批判ブログ書いてる時点でお前も同類だわ
賛成です
いつも楽しく拝見しています。
温厚なMAJIKさんが珍しくここまで個人を批判されているのがびっくりでした。
でも内容はおおむね共感できるものでした。
これからも読ませてもらいます
No title
どうもこんにちは

該当のブログ記事見てきましたけど、そんなに目くじら立てるような内容ですかね。
興行でのBGMやショーなんかはそれが必要で観客満足度が高いからこそ増えてきたのでしょう。そう考えると管理人さんは必要ないと思うかもしれませんが、必要と思う方が多数派なのではないでしょうか。
そもそも、何かと試合中に中断の多い野球こそ、こういったショーアップを先導して取り入れてきた競技ですよ。
Jリーグが誕生する前から選手の登場曲やスタジアムDJなんかで球場を何とか盛り上げようとしてきたのが野球です。
応援団による応援歌やラッパ、ジェット風船といったものまで含めるとさらに時代を遡ってそれこそ大昔です。
その頃の他競技は文字通り何もしていなかったでしょう。
プロチームとして興行していたのが野球だけなのでそれも当然です。
管理人さんが望むような興行は唯一相撲だけでしょうね。
それと、試合がつまらなければ観客が惹きつけられないのは当然のことではないでしょうか。
TV観戦しているのでなく入場料を払って現地観戦しているなら文句の一つも言う権利は有してると思います。
それは、加藤球で試合がつまらなくなった、そら見ろ観客減ったじゃないかとさんざん言っていた野球ファンならわかることじゃないでしょうか。
最後に、プロの興行で観戦初心者を零れ落とすようなことがあったなら、それは怠慢と言われて致し方ないと思います。
地上派で毎日野球が放送され、誰もが野球のルールを把握してどこでもキャッチボールが出来ていた時代が過去のものとなりました。
そんな野球を見たこともない子供達が生まれてくる昨今、プロ野球各球団が一体どれほどの試行錯誤と努力をしてきたと思いますか?
動画配信、地元高校生の招待、女子高生DAY、ゆうボール、婚活イベント、出張野球教室、各種コンテンツとのタイアップ,etc.
ボール投げ入れもサインもヒロインもファンの為にやっています。
それはアマチュアではなくプロであり興行であり、ファンによって支えられていることを熟知しているからこそです。
どうも、ブログ記事の筆者がサッカーファンだからという悪感情を文の端々に感ぜられるのですが、サッカー憎しのあまり野球すらバカにしてるように見えて残念です。

横合いから長々と乱文乱筆失礼しました。

管理者のみに表示

トラックバック