【2016年WEEK3】「オードリーのNFL倶楽部」で放送されたこと~相武紗季さんがハイテンションすぎて笑える

2016年10月2日未明に日本テレビで放送された、2016年WEEK3の「オードリーNFL倶楽部」で放送されたことなどを書きます。

今週の放送は土曜ではなく日曜でしたので、今日このブログに書くことにしました。

なお、WEEK4の地上波での放送は、土曜日未明のようです。


1.相武紗季さん、今シーズン初登場

アメフト大好き女優の相武紗季さんが、今シーズン初登場しました。

昨シーズンも回を重ねるにつれ、ハイテンションになって行った感がありますが、今シーズンは初登場のオープニングからハイテンション。

(これが多くのアメフトファンの反応だと思います。

アメフトファンって、だいたい周りにアメフトの話しができる人が少なくて、いろいろと話したいことがたまっているものです。

ですので、遠慮なくアメフトが語れる機会には、思わずハイテンションになってしまうものです)

ところで相武紗季さん、今年はどこを応援するのか

「今シーズン、呪う選手は決まりましたか?」(春日)



「いや、応援する選手だろ」(若林)

とフォローが入ったものの、相武さんは

「呪う選手は…」

と言ってしまったのがおかしかったです。

「ボン・ミラーも考えたけど先週春日さんに言われたし…

イーライ・マニングは…

コリン・キャパニックは試合に出てないし…

アーロン・ロジャースもいいし…」(相武)


と言ったところで若林が

「いいかげん絞れや」

とツッコミ。

昨シーズン番組に初出演したときには、オードリーやスタッフと、相武さんとの距離がちょっとありましたが、今シーズンはもうすっかりお互いなじんでいるようです。

結局、まだどこを呪う応援するか決めてないので、番組の最後までに決めると言うことで番組が始まりました。


2.テキサンズ対ペイトリオッツ

若林が応援するヒューストン・テキサンズは開幕2連勝と絶好調。

このタイミングで、ルーキーで第3QBのジャコビー・ブリセットが率いるニューイングランド・ペイトリオッツと当たりました。



(動画「【2016年第3週】テキサンズ対ペイトリオッツ」)

ナレーションで

「この試合はツイッターでも配信」

とありました通り、Twitterで無料で生中継されました。

とてもきれいな画像でした。

今シーズンはTNF(サースデイ・ナイト・フットボール)のうち、10試合がTwitterで配信されることが決まっています。

どのサイトか、と言うのは明言できませんが、日本時間の金曜の朝9時ごろに、Twitterを

「 #nfljapan ツイッター」

で検索すれば、わかると思います。


さて試合ですが、27-0でペイトリオッツがテキサンズを完封して勝ちました。

これは意外な結果でした。

テキサンズが負けるにしても完封負けとは…

ダイジェストが終了後、若林は目を点にして(そもそもそんな顔ですが)、しばらく無言・・・

その後

「おーい、ボールの空気大丈夫か?

ボールに油とか塗ってないか、ペイトリオッツならそれぐらいやるぞ」

と吠えていました。

なお、放送では語られませんでしたが、収録の日(おそらく先週木曜日)の朝、DEJ.J.ワットの故障者リスト入りが発表されました。

下の記事によると、プレイオフに復帰できるかどうかだそうです。

「NFL JAPAN.COM|テキサンズ、DEワットを故障者リストに登録」へのリンク


3.パンサーズ対バイキングス

開幕前にエースQBテディ・ブリッジウォーターを、WEEK2でエースRBエイドリアン・ピーターソンを欠くことになったものの、意外にもここまで全勝、しかもすべて逆転勝ちのミネソタ・バイキングスが、カロライナ・パンサーズの本拠地に乗り込んで対戦しました。

パンサーズは一昨年終盤からホームでは全勝を続けています。



(動画「【2016年第3週】バイキングス対パンサーズ」)

結果はバイキングスがまたも逆転勝ち。

とにかくバイキングスはディフェンスが素晴らしいです。

QBサム・ブラッドフォードも新天地で大活躍。

(昨シーズンのチップ・ケリーのオフェンスシステムに合わなかったのかもしれません)

なお、パンサーズのQBキャム・ニュートンは、この試合でTDランを挙げ、通算45TDランを記録

伝説の「オートマチック・オットー」ことオットー・グラハム(元クリーブランド・ブラウンズ)を抜いて歴代トップとなりました。

ニュートンと言えば、サックを逃れようとして投げたパスをインターセプトされるシーンがありました。

「ニュートンらしいプレイ」

「若いね」

みたいな声が飛んでいました。

ますます若いころのジョン・エルウェイに似ているな、と思いました。


4.「若林の熱視線」

タイトルコールの後、相武紗季さんが「いよっ、待ってました」と大声で言ってました。

ハイテンションで、いいですねぇ~

今回解説されたのは、

「スクリーンパス」

バイキングスとパンサーズの試合の3Q残り1:00で出たものでした。

そのシーンを映した動画がなかったので、おととしこの番組で解説されたときの動画を貼っておきます。



(YouTube「「オードリーNFL倶楽部」若林の熱視線: スクリーンパス①」動画)

スクリーンパスは、QBが突っ込んでくるディフェンスの頭を、ふわっと投げ、パスが通ったとき、ボールをとった選手の前に、ブロッカーがスクリーン(幕)を形成しているように見えるので、この名前が付けられたと言われています。

なお、ボールを捕るのはRBであることが多いですが、今回のは85番、つまりWRかTEの選手でした。


そして今週の若林のひとことは

「スクリーンのパスを落とすとQBが1週間は口をきいてくれないよ」

と言うものでした。

ふわっとしているので捕りやすく、絶対に落としてはいけないので、そういう事になるそうです。

ただ、捕った後どう走るか、とか考えて落とす選手はたまにいます。

「(QBだけじゃなく)ラインの選手もくちきいてくれないけどね」

と春日がナイスフォローをしていました。


5.相武紗季さんはカットバックが好き

今週のハイライトでは、相武さんのリクエストで、ランのカットバックがクローズアップされました。

カットバックとは、ラグビーのステップと同じで、走路を一瞬でかえること。

相武さんは昨シーズンからランプレイが好きと言っていたように思います。

カットバックを見るなら、往年の名RBバリー・サンダースの動画とかみたら感激されると思います。

この動画とかすごいですけどね。

「Barry Sanders Career Highlights | NFL」へのリンク


6.今週のハドル

今週紹介されたのは

駒澤大学アメリカンフットボール部「BLUE TIDE」

でした。

最後の方に出てきた選手(背番号1番だったかな)が、若林の熱視線のタイトルコールのマネをして

「ぶしゅー」

とやっていて、スタジオを笑わせてました。

公式サイトはこちら。

「駒澤大学アメリカンフットボール部「BLUE TIDE」HP」へのリンク

この中のブログに、ロケの模様が書いてありました。

「/// 『ロケーション撮影がありました』」へのリンク

Facebookでは予告がありました。



また、勧誘のためのPVがありました。



(YouTube「2016 年度駒澤大学アメリカンフットボール部BLUE TIDE新歓PV」動画)


7.「春日の2ミニッツワーニング」

今回は相武紗季さんに質問。

第一問は春日から

「TDはパスレシーブよりランのほうが好き?」

これに相武さんは「○」の札をあげました。

「ランで決まると気持ちいいじゃないですか」(相武)

とのことでした。


第二問は滝アナから

「OL(オフェンスライン)に選手のおなかにぶちあたりたい?」

これにも「ぶちあたりたい」と言って「○」

「×出しなさいよ、女優さんなんだから」

と若林が心配していました。


第三問は再び春日から

「NFLのゲームをやるときはQBを春日に名前を変える?」

これには無表情で「×」の札をあげていました。


結局今週は相武さんは呪うチームを決めきれませんでした。

次回を期待しましょう。

収録後の相武さんのツイートです




ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック