スウェーデンから広島東洋カープを応援する、山本慎治医師のこと

いよいよ2016年のクライマックスシリーズファイナルステージが始まります。

セ・リーグでは広島東洋カープと横浜DeNAベイスターズが対戦することになりました。

私がネットでお付き合いさせていただいている方々の中には両方のチームのファンの方が少なくないです。

その中で、最も遠くからこの対戦に注目しているのは、おそらくスウェーデンで外科医をされている、山本慎治さんと言う外科医の方でしょう。

その方のことを、書きとめておこうと思います。


山本さんは広島東洋カープのファンです。

スウェーデンのウプサラ大学病院移植外科に外科医として勤務されている山本さんは、2014年からスウェーデンのアメリカンフットボールトップリーグ「スーパーシリーズ」の「Uppsala 86ers」のチームドクターをされてます。

地元スウェーデンウプサラ市で行われた、第1回アメリカンフットボール大学世界選手権では、日本代表チームに帯同されました。


話しは少しそれますが…


山本さんはここ2年、日本に向け、スウェーデンのアメリカンフットボールについてコラムを書かれています。

昨年の最初の寄稿はこちら

「山本慎治のスウェーデンのアメリカンフットボール事情① - 週刊TURNOVER - アメリカンフットボール・WEBマガジン - 47NEWS(よんななニュース)」へのリンク


今年の最初のはこちらです

(スマホサイトのへのリンクになりますので、PCでは大きく画面に広がる形になります)


「山本慎治のスウェーデンのアメリカンフットボール事情2016①:週刊TURNOVER - 47スポーツ」へのリンク

「アメリカンフットボール事情」と言っても、そのことだけを書かれているわけではありません。

スウェーデンの文化などにも触れられています。

また「スウェーデン」のことだけを書かれているわけでもないです。

ヨーロッパでは多くの国でアメリカンフットボールのリーグ戦が行われているようで、選手の行き来も盛んなようです。

ヨーロッパ全体の選手権が開かれるほど、国際試合も盛んです。

そういうヨーロッパ全体のことも書かれています。

私は昔からスウェーデンと言う国にはとても興味を持っていますし、また日本や北米大陸以外のアメリカンフットボールがどうなっているのか興味がありますので、とても楽しく読ませてもらっています。


なお、日本とスウェーデンは対戦したことがあり、2007年に川崎市で行われた第3回アメリカンフットボールワールドカップ(現「世界選手権」)でも対戦して日本が勝っています。

この試合は私も観戦に行きました。

これはヨーロッパ、とくに北欧の選手に共通して言えることだと思うのですが、スウェーデンの選手はとても大きかったです。

山本さんはあんな大男たちに囲まれてチームドクターとして働いてるのか、と考えますと、その苦労がしのばれます。


話しがアメリカンフットボールの方にそれまくりまして恐縮ですが…


スウェーデンと日本の時差は7時間で、今夜18時に始まるカープ対ベイスターズの試合は、スウェーデンでは11時からのプレイボールとなります。

外科医の仕事の真っ最中かもしれません。

山本さんがどうやってカープの状況を把握されているのかは尋ね忘れましたが、ICT社会の現代で、リアルタイムで情報を仕入れるのは難しくないでしょう。

問題は、多忙そうな山本さんが、カープの試合の情報を仕入れる時間が限られていそうなこと。

ですから、せめてその「情報」が、「朗報」であればいいなと思います。

山本さんのためにも、カープのためにも


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック