ドナルド・トランプ氏がかかわっていた「USFL」と言うスポーツリーグ

昨年、2016年のアメリカ合衆国の大統領選に、ドナルド・トランプ氏が出馬すると聞いたとき、

「USFLのニュージャージー・ジェネラルズのオーナーだった実業家だった人だな」

と言うことを思い出しました。

USFLとは「United States Football League」と言う、1982年から1985年まで米国に存在したアメリカンフットボールのプロリーグです。

このリーグには、消滅後にNFLに加入してスターの座にまで上り詰めた多くのタレントがいたのは知っていました。

スティーブ・ヤング、ジム・ケリー、レジー・ホワイト、ハーシェル・ウォーカー、ダグ・ウィリアムス…

この内ウォーカーを除く4人はすべてスーパーボウルに出場し、ヤングとウィリアムスはMVPとなりました。

ホワイトはMVPには選ばれませんでしたが、サックを3回も決め、相手のモチベーションを断ち切る大活躍でした。



(ニュージャージー・ジェネラルズ時代のRBハーシェル・ウォーカーのハイライト動画)


このリーグがどう言う過程で消滅したのか、と言うのはよく知りませんでしたが、最近になって、こんな記事があることを教えてもらいました。

「USFLを憤死させたドナルド・トランプ」へのリンク

そう言えばある人が

「トランプ氏と言えば、USFLをつぶした人」

と言っていましたが、ようやく具体的なそのわけを知ることができました。


もともとUSFLはNFLとの対立をさけ、NFLがオフの間の春から夏にかけてプレイしたそうです。

しかしトランプ氏は他のオーナーを説き伏せて、シーズンをNFLとかぶる時期に移動させ、NFLの「対抗リーグ」としました。

1960年に創設されたAFLのように、最終的にUSFLをNFLと合併させる計画だったそうです。

しかしその計画はとん挫し、トランプ氏はUSFLの経営に興味をうしない、USFLは雲散霧消した、と言うことだそうです。


ジム・ケリーは

「あのまま地道にやっていればUSFLは続いていたのではないか」

と振り返っているそうですが…

私にはXFLと言うリーグについて書かれた言葉がひっかかっています。

XFLは2001年のみ開催されたリーグです。

NFLとプレイ時期がかぶらないようにスケジューリングされたのですが…

結局十分なファンを獲得することができずに解散しました。

その時、たしか「タッチダウンプロ」誌でこう言った内容の一文を読んだ覚えがあります。

「結局XFLが獲得しようとした人たちは、アメリカンフットボールのファンではなく、NFLのファンだったのだ」

ですから、ジム・ケリーが言ったようにUSFLが続いていたかどうかには、ちょっと疑問を持ちます。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック