【2016年WEEK11】「オードリーのNFL倶楽部」で放送されたことにかえて~先週放送されたことの一部

2週連続で申し訳ありませんが…

2016年11月26日に放送される「オードリーのNFL倶楽部」については、当日書くことができないと思いますので、先週放送されたことの一部を書いておきます。


1.「アメリカズチーム」ダラス・カウボーイズ

ダラス・カウボーイズとピッツバーグ・スティーラーズの試合の後

「カウボーイズが勝つと盛り上がりますねぇ、アメリカで一番人気があるチームですからね」

と誰かが言った後

「(カウボーイズは)「アメリカズチーム」ですからね」

と小池さんが言っていました。


ダラス・カウボーイズのことを

「アメリカズチーム(America's Team)」

と表現することがあります。

それだけアメリカで人気があるチームと言うことでしょう。

ニックネームの由来は1978年のチームのハイライトフィルムで

「They appear on television so often that their faces are as familiar to the public as presidents and movie stars. They are the Dallas Cowboys, "America's Team."」

(彼らはテレビに頻繁に現れ、彼らの顔は大統領や映画スターのように一般に知られています。 彼らはダラスカウボーイズ、 "アメリカズチーム"です。)

と語られたからだそうです。

(Wikipedia「America's Team」より)

下のリンク先の動画では、0:14からと0:43あたりから、2回にわたってこのセリフが言われています。

NFL公式動画「How the Dallas Cowboys Became America's Team | 'The Timeline: A Tale of Two Cities' | NFL Network」へのリンク

おもしろいのは1:17あたりの日本人と思われる人へのインタビューです。

「日本ではどんなチームが有名なんですか?」

「ダラス・カウボーイズやピッツバーグ・スティーラーズです」

「「アメリカズ・チーム」ですね」

「そうです」


と言ったやりとりがあります。

私には記憶がないのですが、1970年代中ごろに第一次アメリカンフットボールブームが日本でありました。

当時強かったのはダラス・カウボーイズ、ピッツバーグ・スティーラーズ、マイアミ・ドルフィンズ、オークランド・レイダースで、当時はこのチームが人気があり、今でもその時以来このチームのどれかを応援している人はけっこういます。

なお、カウボーイズに関しては、この夏にこんなニュースがありました。



「レアル」とはサッカーのレアル・マドリードのことです。

最近はスーパーボウルから遠ざかっているので意外に思われるかもしれませんが、ダラス・カウボーイズはそれほどの人気と価値を持ったチームです。


2.トリプレッツ

「春日の2ミニッツウォーニング」では

「トリプレッツ」

と言う言葉が紹介されていました。

QB、RB、WRに優れた選手がそろったとき、そういう表現がされ、その由来は1990年代のダラス・カウボーイズであると紹介されていました。

QBにはスーパーボウルでチームを3回優勝させ、うち1回MVPとなり殿堂入りしたトロイ・エイクマン

RBには歴代通算ラッシング獲得ヤード1位の18,355ヤードを走ったエミット・スミス

WRには輝かしいタイトルはないものの、5度のプロボウル出場を誇り、「1990年代オールスターチーム」にも選ばれたマイケル・アービン

がいました。



(動画「Dallas Cowboys - Tribute to the Triplets (Troy Aikman, Michael Irvin, Emmitt Smith)」)


その後私の記憶で、2000年ごろのインディアナポリス・コルツにQBペイトン・マニング、RBエジャリン・ジェームス、WRマービン・ハリソンがそろったとき

「インディ・トリプレッツ」

と言われていたようです。

現在のカウボーイズもQBダック・プレスコット、RBエゼキエル・エリオット、WRデズ・ブライアントがそろっていて、2~3年後には「トリプレッツ2」と呼ばれてもおかしくない状態にあると言っていいでしょう。


3.もともとカウから入った



(動画「【NFL倶楽部】WEEK10 オフトーク」

去年のもそうですが、小池さんの出演回はとても面白いなと思います)

WEEK10のオフトーク、1:50あたりで、実は春日はオークランド・レイダースだけではなく、ダラス・カウボーイズも意中のチームとして狙っている、という話しになります。

春日は

「もともとカウ(ボーイズ)から入った」

と弁明しています。

いくつかの話しを総合した私の推論ですが、春日は1993年1月に行われた第27回スーパーボウルを見て、高校生になったらアメフトをやりたい、と思ったようです。

この時のカードはダラス・カウボーイズ対バッファロー・ビルズでした。

なので「もともとカウから入った」と言う発言をしたのでしょう。

「オードリーのNFL俱楽部」の最初の年も、春日は最初カウボーイズを応援していたと記憶しますし。


カウボーイズは14年ぶりの出場で、この3年ほど前にはシーズンで1勝しかできなかったぐらい低迷していました。

まだFA制度がなかった時代にも関わらず、トレードで得た豊富なドラフト権でそこから急速に立て直しての出場でした。

結果は52-17でカウボーイズが大勝しました。

MVPは「トリプレッツ」の一人、QBトロイ・エイクマンでした。

なお、この回のハーフタイムショーはマイケル・ジャクソン。

NFLがスーパーボウルのハーフタイムショーのショーアップ化をはかった、最初の大会でした。


4.小池さんはこんな仕事も

レポーターの小池絵未さんは、外務省の仕事もされているようです。

こちらは11月1日のものです。



バックナンバーは下記リンク先にあります。

「外務省国際機関人事センター>Newsletter 小池絵未のNY発国際機関探訪」へのリンク

これまでに3回のニューズレターがあります。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック