「トランプ自伝」で気になること〜専門用語の翻訳についても

本屋で

「トランプ自伝ー不動産王にビジネスを学ぶ」

なる文庫本が並んでました。

気になることがありましたので、ちょっと立ち読みしてみました。

「気になること」とは、以前も書きましたが、USFLのことです。

「USFL」とは、1980年代半ばにアメリカに存在した、アメリカンフットボールのプロリーグで、NFLに対抗したのですが、結局は解散しました。

「トランプ氏が壊した」

と言うアメフトファンもいます。

その辺のことがトランプ氏側から見てかいてあるかなぁ、と言うのが気になりました。

トランプ氏にとっては都合の悪いことですし、日本向けの訳では、馴染みがないことなのでカットされているかも、と思いました。


本を開いてみると、きちんと、ひとつの章として、数十ページにわたって書いてありました。

潔いな


次に気になったのは、翻訳のレベル。

アメリカンフットボールは、日本人にとっては専門用語が多い分野で、前述の章だけはアメリカンフットボールを知っている人が訳すのが望ましいのですが、タイトルから考えて、そのようなことは望めないだろう、と考えました。

2〜3ページ読みましたが、変な訳はありませんでした。

最近アメフト専門サイトで「我々は「アメリカのチーム」だ」と言う文を見かけました。

それは違います。

我々、と言ったのはダラス・カウボーイズの選手ですが、この場合は、アメリカンフットボール的には

「我々は「アメリカズ チーム」だ」と、「America's Team」を、そのまま「アメリカズ チーム」と訳すべきなのです。

固有名詞なのもありますし、アメリカンフットボールファンには、そちらの方がなじみがあると考えます。


立ち読みはここまで。

幸いこと本は近くの図書館に蔵書があるみたいですので、こんどレビューしてみようと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック