【2016シーズンWEEK14】「オードリーのNFL倶楽部」で語られたこと~小池絵未さん、久々のチアリーディング

2016年12月17日に放送された、2016シーズンのWEEK14の「オードリーのNFL倶楽部」で語られたことを書きます。

今回は簡単に書かせてもらいます。


1.ウォルター・ペイトンのこと

オープニングで「ウォールター・ペイトン賞」の候補が出そろったことが語られていました。

この賞の由来となった、ウォールター・ペイトンと言う選手が、どんな選手だったかを書いておきます。

下の動画の34番の選手で、シカゴ・ベアーズ一筋に活躍したRBです。

たしか、私が本格的にNFLを見始める前年、1988年限りで引退したと思います。

ハイライト動画はこちらです。



(NFL公式YouTubeアカウント「Walter Payton Career Highlight Feature | NFL」)

とにかくボディバランスが素晴らしいです。

そして、この動画以外でも、ペイトンのハイライトでよく見かけるのは、練習風景。

他の選手のハイライト動画ではあまり見かけません。

それほど練習、つまり努力したということでしょう。

エミット・スミス(元ダラス・カウボーイズ)に抜かれるまでは、通算ラッシングヤードでトップでした。

人格も素晴らしかったそうで、そのことから

"Sweetness"

(スウィートネス)

と呼ばれたそうです。

ですので、フィールド外で社会に貢献した選手に贈られる賞に、彼の名前が冠されたのだと考えます。


2.小池絵未さん、踊る

今週の現地レポートは、レポーターの小池絵未さんが、現地11月27日のニューヨーク・ジェッツ対ニューイングランド・ペイトリオッツの試合で、久しぶりにチアリーディングを行ったことでした。

ニューヨーク・ジェッツのチアリーディングチーム(「ジェッツ・フライトクルー」と言う名前があります。ジェッツはジェット機の意味もあるようですので)の結成10周年を記念して、OGとしてハーフタイムで踊ったそうです。

その時の模様が放送されたわけですが、この時のロケのツイートを貼っておきます。



そして一緒に踊った現役チアの伊藤なみさん



パフォーマンスを撮影した小坂ディレクターの感想はこちら。




3.ラマー・ジャクソンが史上最年少のハイズマントロフィー受賞者に

「春日の2ミニッツワーニング」では、ルイビル大学のQBラマー・ジャクソン(Lamar Jackson)が、史上最年少でハイズマントロフィー受賞者に選ばれたことが語られました。

(ルイビル大学からの受賞者は初めてだそうです)

関連記事はこちらのツイートのリンク先にあります。



そして、ジャクソンのハイライト動画はこちら。



(YouTube「Lamar Jackson 2016-17 Heisman Highlights」)

上の動画、ハイズマントロフィーのポーズをしているように見えます。


4.「今週のハドル」

今週のハドルに登場してくれたのは

「一橋大学アメリカンフットボール部CRIMSON」

でした。

以前、高校の同級生が青山学院大学でアメフトをやったことを書きましたが、その同級生から、一橋大学でもアメフトをやっている同級生がいる、と聞いたことがあります。


5.先週の「オフトーク」

WEEK13のオフトーク動画を貼っておきます。



(日テレ公式チャンネル「【NFL倶楽部】WEEK13 オフトーク」)

春日が中学生のころ、くしくもレイダースのキャップをかぶっていたことが明かされました。

1990年代前半のことになると思いますが…

それにしても今回の動画は11分42秒と、おそらく過去最長じゃないかと思います。

いつの間にか番組よりオフトークの方が長くなる…なんてことになったらいいなと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック