「オードリーのNFL倶楽部」の第2応援チームドラフトの結果〜もしウェーバーだったら…



(YouTube日テレ公式チャンネル「【NFL倶楽部】WEEK15 オフトーク)


先週放送された「オードリーのNFL倶楽部」WEEK15の収録のあと、今応援しているチームの他、もう1つ応援するチームを決めよう、と言う

「第2応援チームドラフト」

みたいなものが行われ、上のオフトーク動画で公開されました。

動画は15分超の多分これまででいちばん長いものになると思います。

そのことなどを書いておきます。

1.ドラフトの結果

ドラフトは、日本のプロ野球の形式と同じで、NFLのような完全ウェーバー方式ではありませんでした。

それぞれが、いますが誰も応援していないチームから1つ選び、重複すればくじ引き、と言うものです。

まず1回目の指名は以下の通りでした

春日 ダラス・カウボーイズ
若林 ダラス・カウボーイズ
相武 ピッツバーグ・スティーラーズ
滝 ダラス・カウボーイズ

相武紗季さんは単独指名だったのでスティーラーズに決定。

(いいチームを選んだと思います)

残る3人はくじ引きとなったのですが、くじ引きの用具や順番を巡ってひと騒動。

番組のプロデューサー佐野さんを走らせたようですが、その後反省していたようです。

子供みたいだな、と笑いつつも、自分もあの中に入れたらきっと同じことを言うはず、と思いました。

くじ引きのひと騒動の内容は動画を見てもらうとして、結果は…

最後に残った一枚を引くことになった春日が、アタリとなりました。

カウボーイズは春日のものとなりましたが、カウボーイズの試合を見てアメフトを始めようと決めた春日ですから、一番ふさわしいと思います。


第2回の指名は以下の通りでした。

若林 オークランド・レイダース
滝アナ アトランタ・ファルコンズ

番組を見ていれば、若林のレイダース指名は予想通りです。

(それでもシアトル・シーホークスと迷ったそうです)

しかし、滝アナのファルコンズは想像もしませんでした。

なんでも、春日が応援しているバッカニアーズと同地区でトップなので、そのことへのあてつけだそうです。

でも、その後後悔している、とFacebookの「NFL CLUB」のサイトで漏らしていました。


2.もし完全ウェーバー方式だったら

もしこのドラフトが、NFLと同じく完全ウェーバー方式、つまり、成績の悪い順から、重複なしで指名して行く方式だったらどうなっていたか、想像で書いておきます。

まず最初はアリゾナ・カージナルスにプレイオフの可能性が消えていた滝アナから。

滝アナはダラス・カウボーイズを選ぶでしょう。

次はこの時点でプレイオフが最も遠い春日。

春日はオークランド・レイダースに行っていたでしょう。

若林はシアトル・シーホークスでしょう。

そして相武さんは、方式に関係なくスティーラーズに行っていたでしょう。

私としては、今までほとんどのMCが応援してないカンザスシティ・チーフスに誰か言って欲しかったな、そして我がグリーンベイ・パッカーズも誰かに選んで欲しかったと思います。

パッカーズは安村アナが応援しているからいいか。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック