【2016シーズンWEEK16】「オードリーのNFL倶楽部」に関すること~有馬隼人さん出演

2016年12月31日早朝に日本テレビで放送された、

「オードリーのNFL俱楽部」

WEEK16に関することを書きます。

今回はナレーションと解説とで、有馬隼人さんが出演しました。

(それにしても、大みそかと言う大事な日に、いつも通り放送されるのはとてもありがたいと思います)


1.ヒューストン・テキサンズ地区優勝


若林が応援するヒューストン・テキサンズが地区優勝を決めました。

ハイライト動画はこちら。



予告通り先発QBは3年目のトム・サベージで、ブロック・オズワイラーはベンチ。

最後は対戦相手のシンシナティ・ベンガルズが、決めれば逆転勝ちとなる43ヤードのFGを外して、テキサンズの勝利が決まりました。

43ヤードのFGは、NFLのキッカーであれば、確実に決めたい距離です。


2.「若林の熱視線」


今週若林が注目したのは、上の動画の04:13からのテキサンズのRBアルフレッド・ブルーのTDラン。

この動画では見にくいですが、ブルーはいったん右(画面上)へ行くそぶりを見せ、そこから左にカットしてディフェンスを振り切ってTDをあげています。

このプレイでは、OLも右側へのランプレイと見せかけるために右側へブロックします。

番組では言ってなかったので自信はないですが、たしかこういうブロックと逆方向へのプレイは

「ミス・ディレクションプレイ」

(逆方向へのプレイ)

と呼ばれるモノだったと思います。

また若林は、ブルーの走路を開けるために、左側でブロックをしていたWRデアンジェロ・ホプキンズのこともほめていました。

(名WRと呼ばれる人は、だいたいブロックもうまいです)


そして若林の今週のひとことは

「プレイとは関係ないですが…」

と断ってからの

「JJワット、ジャンプできるなら試合に出ろ」

と言うものでした。

上の動画でも見ることができますが、この試合負傷欠場中のワットの姿がたびたび映っていて、しかもよく飛び跳ねていました。

それでも試合に出れないんでしょうね…

なお、ワット抜きでも、現在守備の喪失ヤードは、テキサンズが最少で、リーグ№1です。


3.NFC北地区を制するのは…


グリーンベイ・パッカーズ対ミネソタ・バイキングス。

そしてデトロイト・ライオンズ対ダラス・カウボーイズのハイライトがありました。



(2016年シーズン第16週、バイキングス対パッカーズのハイライト)



(2016年シーズン第16週、ライオンズ対カウボーイズのハイライト)

この2試合の結果、バイキングスはプレイオフ進出の可能性がなくなりました。

そして、来週、と言うか日本時間の明後日、ライオンズとパッカーズの直接対決で、NFC北地区の王者が決まることになりりました。

パッカーズは勝つか引き分けで優勝。

ライオンズは勝たないと優勝はありません。

下のツイートにありますように、NFC北地区は今シーズンを含めたここ4シーズンは、WEEK17、つまりレギュラーシーズンの最終週の試合で地区王者が決まっています。

そしてそのすべてに、グリーンベイ・パッカーズが出場しています。




たしか、昨シーズンを除いてパッカーズが勝っていると思います。


有馬隼人さんの予想では、パッカーズ有利とのこと。

「それは有馬さんの好みじゃないですか」(若林)

とつっこまれていたような…

有馬さんは今回アーロン・ロジャースの背番号12のジャージを着ての出演でした。

私はパッカーズのファンですからパッカーズが勝つことを信じていますが、そのひいき目をのぞいても、最近のパッカーズはすごいです。

おそらく、WRジョディ・ネルソンがようやく負傷前のパフォーマンスを見せることができるようにまで戻ったので、それに助けられ、「もう終わったか」と言われたアーロン・ロジャースが復活しました。

そして、あまり言われてないのですが、今シーズンからパッカーズにFAで移籍してきたTEジャレッド・クックが出場するようになって、チームの連勝が始まったようにも感じます。

問題は有馬さんが言っていたように、RBが不在なこと。

現在WRのタイロン・モンゴメリーを代役で使っていますが…

まあそれでも勝てていますし、来週はドーム球場なので、パスだけでもかなり進めると思います。

(ライオンズを応援している方には、パッカーズ目線で書いてしまって申し訳ないです)



4.今最もNFLに近い選手、庄島辰尭選手のこと

名門大学UCLAでC(センター)を務める

庄島 辰尭(しょうじま たつあき)選手

のことが紹介され、インタビューもありました。

この選手のことは、多くの人に知ってほしいので、本当にありがたい企画でした。

今年9月に試合途中ながら出場。

「日本人で初めてメジャーカレッジの試合に出場した選手」

となりました。

このことは以前ブログに書きましたので、興味がある方はどうぞ

「【アメフト】庄島“ジオ”辰尭選手が、日本人で初めて米大学アメフト公式試合に出場~About Gyo Shojima of UCLA Bruins」へのリンク

また、「オードリーのオールナイトニッポン」でも、ちょっとだけ語られたことがあります。

このことも下のブログの「5.アメリカにいる日本人大学選手」の箇所に書きました。

「【2016年9月18日】「オードリーのオールナイトニッポン」で放送されたこと~話題に上がった日本人の大学アメフト選手とは?」へのリンク

メジャーカレッジの選手が、卒業後NFLに入れる保証はなく、その道はとても険しいと思われるのですが、絶対に無理と言うことはありません。

私も注目していて、ときどき

「Shojima」や「Gyo Shojima」

と言うワードでツイッターやGoogleを検索しています。


それにしても、若林と有馬さんが語っていましたが、WRやKなら日本人もNFL選手になれるかもしれない、と思われていたのが、まさかCでその可能性がある選手が出てくるとは思わなかった、と言うのは私も同意です。

Cと言いますか、OLは体格的に難しいと思われていましたので。


ところで、NFLへ挑戦、と言えば…

先日の甲子園ボウルで紹介されていましたが、早稲田大学を昨年卒業し、今シーズンはIBM BIGBLUEでプレイしていた

佐藤敏基選手

が、来年から渡米して、NFLに挑戦します。

詳細はいつか書けたらいいなと思っていますが…

とりあえず関連記事へのリンクを貼っておきます。

かなり読みごたえがあります。



また、佐藤選手の挑戦に協力して頂ける企業も募集中と言うことですので、Facebookから貼っておきます。



考えてみたら…

早稲田を昨年卒業と言うことは、佐藤選手と滝アナと同級生と言うことになりますね。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック