【朗報】カンニング竹山さんとオードリー春日さんがNFLプレイオフのニュースの見出しに

グリーンベイ・パッカーズとオードリーのファンである私は、下のネットニュースに震撼させられました。



何が驚いたかと言いますと、日本ではマイナーなNFLのことが、こんな形でネットニュースになるとは考えられなかったからです。

アメリカンフットボールを広く知ってもらいたい私としては、有名芸能人の名前がついたこの記事が出たのは、とてもありがたいことなのです。

春日さんに関しては、「オードリーのNFL倶楽部」のMCをやっていますから、アメフトになじみがあるのはまあまあ知られていると思います。

(「まあまあ」なのは、アメフトがマイナーなので)

ですが、竹山さんがアメフトが好きなのは、あまり知られてない、と言いますか、春日さんほどは知られてないと思います。


記事中にありますように、竹山さんは昨シーズンからアメフト、特にNFLのグリーンベイ・パッカーズのファンになりました

この件につきましては、当時このブログに書きましたので、興味があればどうぞ。

「【朗報】カンニング竹山氏、NFLのグリーンベイ・パッカーズのファンになる~「NFL JAPAN」のインタビュー動画」へのリンク

また、報知の記事中にある、パッカーズファン宣言のツイートですが、オリジナルはこちらです



そして、劇的勝利を喜ぶツイートはこちらです



興味深いのは、この2つのツイートへのリアクションです。

最初のには返信が6個、リツイートが11個、いいねが49個つきました。

それから1年3ヶ月ほど経ってツイートされた後のものには、返信が29個、リツイートが367個、いいねに至っては1,221個つきました。

この1年3ヶ月ほどで、カンニング竹山さんがパッカーズ、そしてアメフトファンであることが、かなり認知されたと言えるでしょう。

竹山さんのツイッターアカウントのサイトを見れば、どれだけパッカーズが好きなのかわかります。

アイコンはパッカーズグッズをまとった自分の姿で、壁紙は「PACKERS」のロゴです。

(私もアイコンはパッカーズの「タイトルタオル」ですが、壁紙はオードリーです)


今シーズンの開幕前、竹山さんは朝日新聞のインタビューを受けています。

会員でなければ最後まで読めませんが動画は見れます。



物事を熱く語るには、文章より動画の方が伝わりやすいものです。

芸人さんですから、そういう表現は得意のようです。

同じことが、女優の相武紗季さんにも言えます。

相武さんが語るのを聞いていると、アメフトを見るのは、私が考えているよりはるかにおもしろそうに感じます。


記事中の

「QBロジャースの正確無比なパス」

ですが、私から見てもそう感じます。

こちらの動画を見てから読んでいただけるとわかりやすいと思うのですが…

「Aaron Rodgers Goes for 356 Yards & 2 TDs | Packers vs. Cowboys | NFL Divisional Player Highlights」へのリンク

一時期調子を落としていましたが、今ロジャースは絶好調です。

ロジャースは正確無比なパスを、華麗なステップワークでタックルを避けながら、つまり動きながら、素早いモーションで投げます。

他のQBでは、なかなかこうは行きません。

竹山さんがロジャースのパスにほれる気持ちはよくわかります。

私はロジャースと言うより、パッカーズのファンですが、ロジャースが他のチームの選手でも、そのプレイを好きになっていたでしょう。

ニューイングランド・ペイトリオッツのトム・ブレイディのことを素晴らしいと思うように。


最後になりましたが

「春日が推すチームが敗退するジンクスがあり」

と言うのは、いわゆる

「春日の呪い」

です。

でもNFLは32チームありますから、春日さんが応援していなくてもたいていのチームは敗退します。

でも、春日さんの場合、このチームなら大丈夫、と言うのが敗退するのがすごいです。

記憶に残っているのは、「オードリーのNFL倶楽部」1年目のニューイングランド・ペイトリオッツと昨シーズンのカロライナ・パンサーズ。

負けるとか、手も足も出ないとか、とても思えませんでした。

ただ今回の敗戦は、いくらNFCトップの成績を残しただカウボーイズと言えども、絶好調のパッカーズでは相手が悪かったと言えるでしょう。

「春日の呪い」ではないと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック