【朗報】斎藤ちはるさん「The Huddle Bowl」を現地で、カンファレンスチャンピオンシップをテレビで観戦

乃木坂46の斎藤ちはるさんが、「The Huddle Bowl」を見に富士通スタジアム川崎に行ったことと、テレビでNFLカンファレンスチャンピオンシップを見たことをブログに投稿していましたので、そのことを書いておきます。

1.「The Huddle Bowl」

ブログ記事はこちら。



「The Huddle Bowl」(ザ・ハドルボウル)はブログにありますように、大学でアメフトをプレイしたOBによる、チャリティーフラッグフットボール大会です。

フラッグフットボールは、各選手が腰につけた布(フラッグ)を奪うことで、タックルが成立し、プレイが終わる、安全なアメリカンフットボールです。

そして、これもブログにありますように、大会出場のための登録費や参加費、さらには物販の売り上げが、チャリティー団体「Make A Wish Japan」(メイク・ア・ウィッシュ・ジャパン)などに寄付されます。

(観客は入場無料です)

「The Huddle Bowl」こついては、こちらのツイートのリンク先の動画で、発起人のホリコ・キャピタルマネジメントの堀古英司さん(甲子園ボウルの最多レシーブ記録保持者)が簡単に触れています。




なぜちはるさんがこの大会に足を運んだかは、ファンの方はご存知かと思いますが、お父さんの斎藤伸明選手が東洋大学OBとして出場するからでしょう。

お父さんが出ることは「The Huddle Bowl」のFacebookサイトにも告知されていました。



お母さんも元マネジャー。

旧交を温められたでしょう。

最近は大学でアメフト経験のない人たちも独自にチームを作って参加されているようです。

開催は今回の「The Huddle Bowl 2017」で5回目となりました。

私は1回目の2013年と2015年のに観戦に行きました。

来年行ったら、ちはるさんに会えるかも…


2.「フリーフリッカー」とは

次に1月23日(月)のブログ「今から楽しみ。」




から。

ブログにある「フリーフリッカー」と言うプレイのことを書いておきます。

「フリーフリッカー」は、アメリカンフットボールのトリックプレイのひとつです。

こちらのリンク先がこの試合での動画になります。

「Tom Brady Hits Hogan for TD on Flea Flicker! | Steelers vs. Patriots | AFC Championship Highlights」へのリンク

まずQB(クォーターバック:お父さんのポジション)がRB(ランニングバック)にボールを手渡します。

次にRBはしばらく走ると、反転してボールをトスしてQBに返します。

ボールをもらったQBは奥にいるWR(ワイドレシーバー)にパスを投げ、それをWRがとって、TD(タッチダウン)となりました。


このプレイは、最初にRBにボールを渡して走らせることで、守備側に

「ランプレイだ」

と思わせ、WRへのマークを甘くするところがポイントです。

そこへ再びボールをもらったQBがパスを投げ込むことで、成功率を高くすることができます。

ただ、この動画を見ますと、守備側の選手は最後までWRへのマークをゆるめていないように見えます。

こう言う抜け目ないところは、さすがNFLの強いチーム同士の対戦だと思わされますし、QBトム・ブレイディもよくそこへパスを通したものだと驚きます。


なお、「フリーフリッカー」の名前は、ボールの持ち主が目まぐるしく変わることが、まるでノミが跳びはねているみたいに見えるところからつけられました。


フリーフリッカーはそうそう見られるプレイではないです。

失敗した時に大きなリスクがあるからです。

例えば、QBにボールが戻った時にタックルされたら、攻撃側は大きくゴールから遠ざかる、などです。

(実際この動画でも、守備側の選手が迫っています)

この他にもトリックプレイは数多くありますが、どれもハイリスク・ハイリターンなので、なかなかお目にかかれません。

ですからちはるさんが「決まった時の映像を見て興奮しました!」と書いた気持ちはよくわかります。


ちなみに、このプレイは、スーパーボウルで対戦する相手に

「ウチはこんなこともできるんだぜ」

と見せつけたプレイではなかったか、と言うツイートがありました。

ひょっとしたらそうかもしれません。

そう思わせることで、相手はこう言うプレイも警戒せねばいけなくなりますから。


3.第51回スーパーボウル

ブログにありますように、第51回スーパーボウルは、日本時間の2月6日(月)朝8時30分キックオフですが、その前に国歌斉唱とか、いろんなセレモニーがあるため、もう少し早くから中継されます。

ニューイングランド・ペイトリオッツとアトランタ・ファルコンズの対戦は初めて。

ちはるさんが応援するトム・ブレイディは、史上最多の7回目の出場ですが、ファルコンズのQBマット・ライアンは9年目にして初出場。

経験でははるかにブレイディが上ですが、ここまでのプレイオフを見ていると、ライアンもかなり落ち着いたプレイをします。

どちらも得点力のあるチームですから、おもしろい試合になると思います。

きっとちはるさんも生ではないかもしれませんが、観戦してブログに感想を書くんじゃないかと思いますので、レディ・ガガのハーフタイムショーも含め、必見です。


なお、「オードリーのNFL倶楽部」では、相武紗季さんが「ブレイディ様」のペイトリオッツを、滝アナがファルコンズを応援しています。

カンファレンスチャンピオンシップで応援するチームが敗退したオードリーの2人は、スーパーボウルで応援するチームを、まだ決めていません。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック